カレンダー
2012年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
那須伊王野の道の駅での私のお気に入り
2012年12月28日 08:44
 
塩原温泉、今朝はくもり。
昨夜はとても美しい月が見られました。
すぐそばには木星。
今朝は晴れるかと思ったのに、雲が。
現在雪はありませんが、今日の夕方から雪マーク。
連日寒いので、どうぞ風邪などひきませんように。

さて、昨日のブログとのからみで、
もう一箇所、おすすめスポット紹介。
昨日の芦野からほど近く。
伊王野という地域にある、道の駅です。

伊王野という地区に初めて足を運んだのは今年の4月。
それまで、那須地域に住んでいても、全く知らない場所でした。
でも、先ごろ紹介した彼岸花の群生地も、この道の駅のそば。
昔ながらの農村風景が残っている貴重な地区だと思います。

この道の駅は、この地域のランドマーク的な役割も。
どこに行くにしても、私はまずここに立ち寄ります。

道の駅ですから、農産物直売所が当然あります。
が、ここの直売所では特筆すべきことが

福島第一原発事故で、
この地域は少なからずの影響を受けました。
土壌、そして、農産物。
一体、この農産物は大丈夫なのだろうか・・・・
そういう思いで毎日を過ごしている方、沢山いらっしゃるでしょう。

那須地域で、市民自らが放射能問題を勉強し対策する、
「那須希望の砦」という市民プロジェクトがあります。
私自身、このプロジェクトに参加しており、
農産物などを直接測定していますが、
そのプロジェクトのリーダー、藤村靖之先生の指導のもと、
日本の基準100ベクレルではなく、
ベラルーシと同じ、37ベクレルという基準を独自に取り入れています

直売所にも数値表を大きく掲げています。
こういった取組は、近在の直売所でもやるべきだと
私は以前より、あっちこっちで主張しているのですが、
なかなか、後に続く直売所がないのが現状です。

ちなみに、当館でも私の独自判断で、
やはり37ベクレルを明らかに超えている、
もしくは可能性のある食材を使うことは控えています。

そして、この道の駅には、私のお気に入りがあるのです。
それはたい焼き
しかも、たい焼き本体ではなく、はみ出した部分

前は試食のようにカウンターに出ていてたのですが、
今回見当たらず、おそるおそる聞いてみたところ、
沢山分けてくださいました。

このはみ出した部分、「バリ」と言うのだそうです。
バリっというか、パリっというか、カリっというか、
たい焼きはあんこが入っている部分より、しっぽが好きな私には、
とってもうれしいサービス。
絶対にこの部分好きな人、いますよね。
量り売りをしてもいいのでは?
また行きま〜す!と思ってしまいます。

いつも時間がない中での立ち寄りになってしまいますが、
日がな一日、のんびり、ゆっくり、訪れてみたい・・・・
そんな魅力たっぷりなのが、伊王野、そして芦野地区です


東山道伊王野道の駅訪れたのは秋。
東山道伊王野道の駅には
こんな風景も。

 

 

 

 

 

安心安全な野菜を

世界で一番厳しい基準値で。

 

 

 

 


 


放射性物質のデータを

放射性物質の数値が
書き込まれています。

 

 

 

 


 

おすすめたい焼

おすすめのたい焼き。
皮が薄くて、中身がたっぷり。
あんことクリームの二種類。

 

 

 

 



バリ

ちゃっかり頂いてきた
「バリ」部分。
これがおいしいのです。
あとを引きます。