カレンダー
2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
過去の記事
生き物たちのこと色々
2022年9月22日 08:45
塩原温泉、今朝はくもり。
時折薄日が差していますが、
予報では日中ずっとくもりで夜から雨。
明日はほとんど雨予報になってしまいました。

土曜日曜はくもりで晴れる時間もありそうです。
台風が去ってから気温がぐっと低くなっています。
一枚多めか少し厚手の服装が良いかもしれません

さて、こちらは初秋の大沼です。
やはり晴れた日に急ぎ行って撮影してきました。

すでに秋色
草紅葉のようになっているのはミズオトギリです。

アケボノソウ星のようなかわいい花が咲いています。
それほど数は多くありませんが、
木道周辺をよく見ると、あちこちで見つかるでしょう。

同じような場所にミゾソバのピンクの花もいっぱい。
こちらも金平糖のようにかわいいです。

真っ白な毛のようなものに覆われた茸が。
チシオタケなどにつくタケハリカビです。
タケハリカビに出会うと、
その不思議な風景にワクワクしてしまいます。

カンボクの実が赤く色づき始め、
真っ青なサワフタギの実も見られました。

トンボたちも子孫を残すために活発に活動しています。
オニヤンマとルリボシヤンマ、もしくはオオルリボシヤンマ
シオヤトンボ、ミヤマカワトンボなど。
木道の隅っこにはカナヘビがかくれんぼしてますよ。
木道はゆっくりと歩いて、カナヘビを探してみて下さい。



DSCN1341













DSCN1343













DSCN1347













DSCN1349













DSCN1350













DSCN1356













DSCN1371













DSCN2184













DSCN2185













DSCN1319













DSCN2181













DSCN2183













DSCN2186













DSCN1323













DSCN1326













DSCN1334













DSCN1336













DSCN1338













DSCN1318













DSCN2170













DSCN2171













DSCN1314













DSCN1367













DSCN1370
2022年8月15日 09:00
塩原温泉、今朝はくもり。
台風は去りましたが、それほどすっきりしません。
今日はくもり時々雨の予報。
明日は朝から午後まで晴れマークで、
かなり暑くなりそうです。

さて、夏休みだから?昆虫の話を続けます。

少し前になりますが、スタッフが、
「アジサイの葉の所に雀が入り込んで
ガサガサやっているんですけれど、
そうすると、何だか白い虫みたいなのが落ちてくるんですよね」
と気になることを言ってました。

もしかして雀はその白い虫を食べるためにやっているのかな?
その白い虫みたいなのって何だろ?
俄然気になって、アジサイの葉をよく見てみました。

すると・・・います、います。
沢山の白い虫みたいなのが


スタッフが白い虫「みたいなの」と形容したのは
結構観察眼鋭いかも。
これ、普通の虫とはかなり違います。

ベッコウハゴロモの幼虫でした。
ベッコウハゴロモはセミの仲間で、
成虫も変わった形と顔をしていますが、
幼虫の時がさらに個性的。

顔はつぶれた金魚のような蛙のような
お尻の所に宝塚のフィナーレ衣装にも似た派手なろう物質の飾りが。

そして飛び跳ねるんです。
だから「落ちてくる」ように見えるのです。

私はこのベッコウハゴロモがけっこう好きで、
出会うと嬉しいのですが、
こんなに沢山いるとは思いませんでした。
あっちにもこっちにもうじゃうじゃ。

これは雀に目を付けられるのも仕方ありません。
さて、何匹生き延びて成虫になるのでしょうか。

と思っていたら、
一昨夜、いきなりPCに成虫発見
少し前に見ていた幼虫が無事に成虫になったのでしょう。
うれしい訪問でした。

PCのモニターの上の写真を見ると、
羽が透けているのがよくわかります。
同じ仲間で、ほとんどの羽が透けている
「スケバハゴロモ」というのもいます。

まだまだ会えるかな。
それにしても、雀も賢いものですね。



IMG_4286













IMG_4284













IMG_4287













IMG_4288













IMG_4292













IMG_4293













IMG_5334













IMG_5336













IMG_5335













FullSizeRender













FullSizeRender













14114797_1091987940891521_4159757310099742458_o








2022年8月14日 08:37
塩原温泉、今朝はくもり。
昨日は結局大した雨にはならず、助かりました。
今日はこれから日中晴れるようですが、
明日また雨予報になっています。
台風が去ってもすっきりしないようです。

夏休みもそろそろラストスパートでしょうか
夏休みと言えばまず思うのが宿題やったか〜?です。

子供の頃、夏休みの宿題、大嫌いでした
勉強自体は嫌いではなかったのですが、
型にはまったような、一律な宿題は大嫌い。
読書感想文にしても作品作りにしても、
好きなようにやりたかったなあ。

自由研究も、「自由」とは名ばかり。
色々なことに興味を持っていても、
テーマは一つだし、
きちんとした「作品」に仕上げなくてはならないし。

今も、そんなお子さん沢山いるでしょうね・・・

さて、「自由」研究のお手伝いになるでしょうか
那須野が原博物館では「トンボ」展を開催中です。

からだの仕組み、
季節や、フィールドの違い、化石などなど、
色々なテーマでトンボを掘り下げています

特に興味深かったのが、
文学や美術作品の中で取り上げられているトンボ
こういう角度から見るのも楽しいです。

塩原の木の葉化石のトンボや、
ヨシ沼にもいる日本一小さなハッチョウトンボも展示されてますよ。

立体作品も面白いし、
「自由」に感じて、「自由」に表現できるといいですね。



IMG_4535












IMG_4550












IMG_4556












IMG_4552












IMG_4555












FullSizeRender












IMG_4566












IMG_4565












IMG_4559












FullSizeRender












IMG_4560












IMG_4561












IMG_4564












IMG_4545












IMG_4548












IMG_4546












IMG_4541










2022年7月10日 08:45
塩原温泉、今朝もよく晴れていますが、
涼しくてとても気持ちのいい朝です。
今日はこの後くもり、お昼前後は雨マークも出ています。
折りたたみ傘が必要かもしれません。

さて今日は、アナグマ以外の最近見かけた獣たちを
サルにシカに、何とクマにも

クマは先日足尾に行った時。
山道を車で走っていたら、
目の前10〜15mほど前の道路に、
いきなり飛び出してきた
ので、
すぐに車を停めました。

左前方の斜面から転がるように降りてきて、
その時は犬かと思いました
体勢を立て直した時点で、あっ、クマだ!と気づき、
急いでフロントガラス越しに、写真を一枚。
そのすぐ後には右側の茂みに入っていきましたので、
追うことはせずに、通り過ぎました。

車越しだったので恐怖感などはありませんでしたけど、
久しぶりに見たリアル熊。
驚きました。

実は人生3度目
その内1度目は20メートルほどの距離で、
私に気づいて逃げて行きましたが、
その時は歩いていたので、
逃げて行ってくれてホッとしました。

次回、人生4度目があるのかどうか・・・。

シカやサルは、見るだけなら可愛いのですが、
食害など色々な被害があり、困った存在です。
他にもイノシシやイタチ、
テン、リス、ムササビなども見たことがあります。
あと見たことないのは、ハクビシンくらいかな。。。



DSCN7989













DSCN8225













DSCN7645













DSCN7648













DSCN7647













DSCN7655
2022年7月 9日 09:04
塩原温泉、今朝もよく晴れています。
ただ、この青空は午前中だけかも。
午後は雨予報も。
暑くなり夕立ちが来るパターンかな。
毎日そんな予報になっています。


さて、最近、塩原でアナグマに会うことが多くなっています

一番最初にアナグマを見かけたのは
数年前の奥日光でした。

昨年、八方ヶ原で見かけ、
今年になってから、
八方ヶ原に行く道の塩原側の場所で。
そして
塩の湯から小太郎が淵へ行く道の途中
先日は
大沼へ行く道の途中でも。

すでに3回。
どんどん近くなって、回数が増えています。

数が増えているのでしょうか。
アナグマが普通に見られるようになってきたようです

写真は小太郎が渕へ行く道。
道路ぎわの落ち葉をしきりに鼻で掘り起こすのに夢中で、
私がかなり近くにいても気が付かず、
写真や動画を沢山撮影できました。
タヌキに似ているかな?



DSCN8196












DSCN8200












DSCN8186












DSCN8190












DSCN8191












DSCN8193












DSCN8180








2022年7月 7日 08:47
塩原温泉、今朝は晴れ。
久しぶり?に朝から快晴。
今日明日と晴れ予報です。

晴れればかなり暑く、
雨が降れば気温は少し下がるものの、
ムシムシとした日が続いています

そんな季節ですので、
実はホタルが飛んでいます

車で行く場所では多い時には2〜30匹くらい、
歩いていける場所では7〜8匹くらいでしょうか。
お客様から玄関先で見かけたという報告も

私も2度ほど、敷地内でホタルが光っているのを見かけました。
ホタルの撮影は難しくて、
今年は全然良い写真が撮れていません。

昼間に見かけたホタルの写真を。
夜光っているのはゲンジボタルですが、
これは
オバボタルだと思います。
ほとんど光ることがないホタル。
ただ発光器は持っています。


また会えるといいなあ。


FullSizeRender












FullSizeRender












FullSizeRender



2022年6月16日 09:16
塩原温泉、今朝はくもり。
今日は首都圏など晴れて気温が上がるようですが、
塩原の予報はくもり時々雨。
肌寒い朝になっています。

昨日、モリアオガエルの卵塊を載せましたが、
今日は少し前に見つけたクロサンショウウオの卵塊を。

これもいつも出会えるとは限らないもの。
今年はちょうどいいタイミングで出会えたようです。
半月形をしたぶよぶよの白い塊が、
葉っぱのようにつながっています


中にはこういうのを山などで採取して、
ネットで販売するという不届きな輩がいるようですので、
場所については書きません。

もっとも、もう孵化しているだろうから、
今は跡形もないかもしれませんが。
自然の中で見かける貴重な動植物などは、
ネットに載せる場合、神経を使わなくてはなりません

とても悲しいことなのですが。


DSCN4366












DSCN4367












DSCN4378












DSCN4381












DSCN4384












DSCN4386












DSCN4387

2022年6月15日 09:14
塩原温泉、今朝は小雨。
お昼ごろに止んでくもりになる予報です。
しばらく、曇ったり雨が降ったり晴れたり、
そんな天気が続きます。

さて、毎年楽しみにしている
塩原大沼のモリアオガエルの産卵が始まったようです

先日見に行ったら2つないし3つの卵塊が。
大きなソフトボールのような
メレンゲ状でふわふわな卵塊
です。

今年も無事に産卵したんだなあと思うと感慨深いです。
ちょうどエゾハルゼミの大合唱が聞こえてました。
一体どこにいるのかなあと
鳴き声を頼りに探してみたら、
いました、いました。

見事に木の幹と同化していて、
これではなかなか見つからないのも当然ですね。
鳴き声はヒグラシにそっくりです。

他にもミヤマカワトンボシオヤトンボなど。
大沼の初夏はとても賑やかです。



DSCN7533













DSCN7535













DSCN7576













DSCN7580













DSCN7564













DSCN7570

2022年5月 8日 08:39
塩原温泉、今朝は晴れ。
風が強いので、寒く感じる朝です。
今日は一日晴れ予報で風があり、
明日は日中くもりで夕方から晴れの予報です。

さて、今日も忘備録です。
春になると花だけでなく、
生き物達とも再会できます


春一番で楽しみにしているのが、
アズマヒキガエルの蛙合戦

大体4月末からGWにかけての時期。
いつもは静かな沼に、
沢山のアズマヒキガエルが集まってきて、
子孫を残す相手を見つけ、産卵していきます


いつも沼にいるわけではなく、
この時だけ、全員集合!となるんだそうです。

大沼、ヨシ沼、ともにアズマヒキガエルが集まりますが、
特にヨシ沼の方に沢山。
今年は下見のつもりで出かけてみたら、
ちょうどタイミングよく、
すでに蛙合戦が始まっていて、
一体、どこからこんなに?と思うほど、
沢山のアズマヒキガエル達


ざっくり、数百から、もしかしら千匹くらい
いるんじゃないかと思えるほどでした。
メスをめぐるオスたちの争奪戦は、
鳥獣戯画の相撲の場面を思い出したり

すでに産卵している個体もあり、
卵塊もいくつか確認できました。
今年も見られて良かった。

撮影は4/24です。
昨日同じ場所に行ったら、
小さなオタマジャクシがいっぱいでした。

余談ですが、この風景の動画を、
東京オリンピックの女子ボクシング金メダリストの
入江聖奈さんにSNS経由で送ってみたら、
とても喜んでくださいました。

入江さんは無類のカエル好きとして知られていて、
ご自分でも色々研究なさっています。
SNSの投稿を拝見すると、勉強熱心で敬服しています。
いつか入江さんにこの場所を
ご案内できればなあと密かに思っています。




DSCN3130













DSCN3195













DSCN3160













DSCN3168













DSCN3171













DSCN3173













DSCN3176













DSCN3179













DSCN3193













DSCN3192













DSCN3194













DSCN3195













DSCN3197













DSCN3202
2022年4月26日 08:48
塩原温泉、今朝はくもり。
今日はお天気下り坂で、
午後と夜半に雨予報になっています。
明日からはまたしばらく晴れるようです。

さて、塩那スカイラインの山桜のおまけ
遠くから見ても、色の濃い山桜が目につき、
写真撮影しようとカメラを構えたら、何か違和感

花の中に、いくつかの茶色い塊が見えています。
もしかして・・・とズームしてみたら、やはり。
サルでした。

少し視野を広げてみると、
周辺にもサルがいっぱい。
群れで桜の木に集まってくるところでした

木に登り、むしゃむしゃと、
桜の花をむしっては食べています。

桜の花は塩漬けにして、人間も食べるんですから、
サル達にとっても美味しいでしょうか。

満開の山桜と豊かな表情のサル達の写真が撮れたので、
ブログにまとめてみました。

塩那スカイラインでは、よくサルの群れに遭遇します
人間の姿を見ると逃げて行きますが、
決してエサなどを与えないでくださいね


DSCN1369













DSCN1380













DSCN1386













DSCN1396













DSCN1410













DSCN1412













DSCN1413













DSCN1414













DSCN1416













DSCN1419













DSCN1421













DSCN1424













DSCN1425













DSCN1423

2022年1月24日 08:59
塩原温泉、今朝はくもり。
予報では日中晴れてくるようです。
明日も晴れ予報。
少し暖かくなってくるといいですね。

さて、スノーシューで散歩した塩原大沼
獣たちの足跡を探すのも楽しみの一つです。

新雪につけられた色々な形の足跡
ノウサギやシカはわかりやすいのですが、
他のはちょっと自信がありません。

でも、想像するのもまた楽しく。
大沼に行く日塩もみじラインでも
よく見ると見つけることができますよ。
こんな寒い冬でも生き物達は元気です

DSCN17222つそろってるのはテン?












DSCN1723













DSCN1725













DSCN1726これはノウサギ。












DSCN1728













DSCN1740













DSCN1732ノウサギと別の生き物が
クロスしています。











DSCN1736ちょっと深め。
少し大きな生き物。
キツネ?










DSCN1743













DSCN1744














DSCN1757













DSCN1758人のスノーシューと
テンのような足跡がクロス。











DSCN1759













DSCN1761肉球の跡がくっきり。












DSCN1763













DSCN1765線がついてる足跡。
何だろ?











DSCN1772













DSCN1773












DSCN1774













DSCN1834これは深いからシカかな?





2022年1月19日 09:02
塩原温泉、今朝は晴れ。
昨日までくもり予報だったのに、
午前中晴れに変わってました。
午後はくもり、明日は晴れるようです。

昨日一日降り続き、
10センチくらいの積雪になった雪は夜に止んだものの、
道路にはかなり雪が残っていて、凍結しています
運転や歩行には充分注意してください。

さて、一昨日紹介した
塩谷町の鬼怒川の白鳥飛来地の続きです。
沢山の白鳥に混じって、
2羽のサギがいたのに気が付きました


まるで侵入者のように、
端っこでひっそりとしてはいたのですが、
ダイサギ(シロサギ)とアオサギがそれぞれ1羽ずつ

見つめあったり(けん制してた?)、
追いかけたり、追い払ったり。
仲がいいのか悪いのか。
2羽の関係が今一つわからないものの、
この2羽のやり取りがとても面白くて、
白鳥よりも興味深く見ていました


そういえば秋の終わりごろ、
塩原温泉の箒川でも

ダイサギとアオサギが1羽ずついるのを見かけ、
ブログに書いたのが記憶に新しいです。

再び見ることができるとは。
サギ類は大きくて動きも面白いので、
ずっと見ていても見飽きません。
また出会えるといいな。


DSCN1974













DSCN1946













DSCN1948












DSCN1950













DSCN1971













DSCN1939













DSCN1964













DSCN1967

2022年1月17日 08:59
塩原温泉、今朝は晴れ。
今日はくもり時々晴れで、まずまずの天気ですが、
明日雪予報になっています。
やっと庭の地面が少し出てきたような状態のところに、また雪。
積雪、どのくらいになるかな。

さて、近在の白鳥飛来地を5か所、紹介してきました。
全て那須塩原市もしくは隣接している大田原市になります。
大体車で20〜50分くらいの距離です。

ちょっと離れてはいるのですが、
やっぱり、ここは外せないなあと、
塩谷町の飛来地まで
行ってみました。

塩谷町は那須塩原市とは隣接していなくて、矢板市の先
日光市との市境の鬼怒川に沢山の白鳥が飛来します。
大田原市の羽田沼よりも数は多いようです。

この日、ざっと数えただけで100羽ほど
150羽以上見られる日もあるそうです。

他にマガモ、オナガガモ、キンクロハジロも。
なかなか賑やかでした。
日光市と塩谷町の市境、大渡橋のたもとになります。



DSCN1920













DSCN1921













DSCN1935













DSCN1922













DSCN1929













DSCN1934













DSCN1954













DSCN1958













DSCN1980













DSCN1924













DSCN1957
2022年1月16日 09:38
塩原温泉、今朝は晴れ。
今日も一日晴れ予報で雪の心配はなさそう。
次の雪予報は18日から出ています。
しばしの休息といったところです。

昨日の日中の
トンガでの大規模な火山噴火に続いて、
夜中から朝にかけての津波警報に驚いています

国内の海沿いにお住まいの方も、
現地のこともとても気にかかります。
また、今後に様々な影響がないとよいのですが・・・。


さて、近在の白鳥飛来地
那須野が原公園の赤田調整池で、
白鳥が見られたならば、
塩原から最も近い飛来地ということになるのですが、
今回、確認ができませんでした。

塩原から最も近い飛来地は、
西那須野の冬水たんぼ
ということになります。

かなり早い時期に行ったきりだったので、
また冬水田んぼを訪れてみました。
仕入れの途中で立ち寄れる気軽に行ける場所です。

すると・・・
前回より数が増えてます。
ざっと35羽ほど。
昨冬に続き、今冬も数が多いようです
私が行った翌日に友人が訪れたら、
50羽くらいいたという報告でした。
近くにこれだけ白鳥が見られる場所があるのは嬉しいですね。


去年の今ごろは70羽くらいいたようです。
もっと増えてるかも。
また行ってみようかな。


DSCN1657












DSCN1651












DSCN1653












DSCN1656












DSCN1658












DSCN1660













DSCN1663
2022年1月15日 09:01
塩原温泉、今朝は晴れ。
一昨日、昨日とまた雪が。
ただ、風が強かったこともあって、
積雪は5センチちょっとで終わりました
駐車場の除雪も先手必勝でばっちり

今日明日と晴れ予報なので、
うっすら状態の所は融けてしまうと思いますが、
昨日から吹き荒れた風のために、
凍結箇所、あちこちにありそう
運転や歩行にはくれぐれも注意です。

雪がひとまずおさまりましたので、
また白鳥飛来地の話題に戻ります
あと2か所、ご紹介したい所が残っています。

那須疎水が引き込まれているこの地域には、
前回紹介した戸田調整池の他に、

赤田調整池という広い調整池があり、そちらにも水鳥が沢山来ます。

那須野が原公園に隣接していて、
那須野が原公園のサンサンタワーの展望台から一望できます。
こちらにいれば、塩原から最も近い白鳥飛来地ということに。
毎年足を運んでいますが、
今回、私が行った時には確認できませんでした

スタッフの方に伺ったところ、
少し前までは来ていて、
一番多い時には14羽だったそうです

こちらは四季を通じて色々な野鳥が観察されます。
そういった野鳥がパネルなどで展示されていますし、
何より眺めが抜群です。

白鳥を見ることはできませんでしたが、
雪をかぶった那須連山から高原山までの山並み
調整池の向こうには、筑波山まで、
ぐるりとすばらしい景色が楽しめます。
ここから見る夕景がまた絶景
晴れた日にぜひお出かけください。


DSCN1665












DSCN1666












DSCN1679












DSCN1680












DSCN1681












DSCN1686












DSCN1693












DSCN1676












DSCN1669












DSCN1699












DSCN1700












DSCN1701






















DSCN1702






















DSCN1703






















DSCN1704

2022年1月11日 08:46
塩原温泉、今朝は雨。
なんと雪ではなく、雨なのです。
少し前からみぞれ混じりになってきたかなという感じ。
今日はこのまま雨でいくか、雪になるか、気になるところ。
予報では今日は雨、明日は雪になっています。

さて、那須地域の白鳥飛来地の紹介をしています。
12月に入ってから近くを通った時など、
各地の飛来地に立ち寄り、
今年の状況を確認しています。

今日は塩原から那須に行く途中にある戸田調整池
今年も来ています。
2羽だった時と、7羽の時と
全然いない時もありました。

広々とした貯水池は、晴れるとキラキラして綺麗。
ただ景色を見るだけでも楽しく、
いつ行っても誰かしらが訪れています。
他にカワウ、アオサギ、カモ達が沢山来ています。
近くに寄ることはできませんので、
双眼鏡を持っていかれることをお勧めします。



DSCN0258












DSCN0260












DSCN0262












DSCN0263












DSCN0271












DSCN0283












DSCN0289












DSCN0301












DSCN0305












DSCN0307










2022年1月10日 09:19
塩原温泉、今朝も晴れています。
今日は日中晴れ予報で、その後夜からくもり。
明日の明け方から雪マークになっています。

雪は何日か続くようです
次の雪までに何とか駐車場の端の雪を
どかしてしまいたいところですが、厳しいかなあ。
少しでも今回の雪が少ないことを願っています。

さて、近在の白鳥飛来地
羽田沼と同じ大田原市内には、
もう一か所、琵琶池があります

こちらにも白鳥が毎年飛来していますが、
今までは大体数羽といったところでした。

ところが、今回、羽田沼に行った後に回ってみたところ、
20羽ほどの白鳥が
これまでで、最も多い遭遇です。

写真でおわかりのように、
こちらでもエサやりをしている方が。
白鳥もオナガガモも夢中になって
エサをもらっていました。

羽田沼に続いて、少々複雑・・・。



DSCN0507














DSCN0502













DSCN0512













DSCN0513














DSCN0514














DSCN0515













DSCN0511













101

2022年1月 9日 09:07
塩原温泉、今朝は晴れ。
少々雲はありますが、青空が広がっています。
今日から明日の午前中にかけて晴れ予報ですが、
その後、週明けからまた雪マークが続いています。
この冬は雪が多そうですね。。。

さて、寒くなると気になるのが白鳥の飛来
生き物は何でも好きな中、やはり白鳥は別格
毎年、近在の飛来地に見に行っています
今日から数日間、各地の飛来地の様子をアップしていきます。

この地域で最も知られているのが、
那須塩原市と大田原市の市境に位置する羽田沼
この地域でも最大の飛来地と言われています。

ところが、ここ数年来、行く時間が悪かったのか、
こちらで沢山の白鳥を見たことがなかったのですが、

年末に行ってみたら40〜50羽ほどの白鳥がいました。
今まで見た中では一番多かったかも

いくつかのグループがあるらしく、
グループごとに、次から次へと飛来して、
徐々に数が増えていきました


ちょうど着水の場面も見られてラッキー。
他にオナガガモ、アイガモ、オオバン、
キンクロハジロ、ホシハジロなど
がいました。

こちらにこれだけの水鳥がいる理由の一つがエサやりです。
周辺の水を汚すのと、生態系に影響するので、
エサやりは禁止されていて、それで飛来数が減ってきたとも。
それがまたエサやりする人が増えてきたのでしょうか。

この時も30分ほどの間に3人ほどの方がエサやりしていました。
野鳥を間近で見られるのはいいけれど、喜んでばかりいられません。
複雑な気持ちでその様子を眺めていました。

DSCN0365













DSCN0362













DSCN0376













DSCN0377













DSCN0379














DSCN0381













DSCN0387













DSCN0388













DSCN0389













DSCN0389













DSCN0392













DSCN0406













DSCN0424













DSCN0428













DSCN0429













DSCN0434













DSCN0439













DSCN0440













DSCN0452













DSCN0458













DSCN0478













DSCN0486

2021年12月14日 09:02



塩原温泉、今朝は晴れ。
雲一つない青空が広がっています。
昨日の雪予報、確かに降りましたが、
吹きかける程度で、積もらずにすみ、ほっとしています。
今日はふたご座流星群ピーク日
明日も晴れなので、夜の星空が期待できそうです。

さて、昨日の続いて、
もう一つ鳥、やはり大型の鳥の話を
先日、塩原もの語り館の近くで、
アオサギとシロサギ(ダイサギ)が一緒にいたのを見かけました。

塩原ではあまり見かけない大型のサギが
二種類も一度に見られたので、
思わず、カメラでパシャリと。

種類は違うけど、同じサギ。
お互いに意識しているんでしょうか。
微妙な距離感でした。

時々彩つむぎの前に飛んでくることもあるようです。
白鳥にしてもサギにしても、
大型の鳥を見かけると「おっ!」と思いますよね。



DSCN0138













DSCN0139













DSCN0140













DSCN0142













DSCN0146
2021年12月13日 08:49



塩原温泉、今朝は雪。
きょうは一日雪で明日は晴れ予報。
どのくらいの雪になるのか気になりますが、

現在は少し吹きかけている程度です。
とりあえずは、
塩原にお越しの場合は
冬用タイヤの方がよさそうです。

さて、12月も中旬になり、寒い日が続いています。
冬になると気になるのが、白鳥の飛来
那須塩原市や大田原市には、
何箇所か、白鳥が飛来する場所があります。

そのうちの一つ、
市内西那須野地区の冬水田んぼです。
この界隈では、毎年まとまった数が飛来しています。
去年は確か20羽以上はいたと記憶していますが、
今年は、先日行ってみたら7羽確認できました。

今年生まれたまだ若い個体も。
これから数が増えてくるかな。
楽しみです。


DSCN0183












DSCN0177












DSCN0179












DSCN0181












DSCN0184












DSCN0186












DSCN0187












DSCN0149












DSCN0150












DSCN0152












DSCN0151






2021年11月29日 08:49



塩原温泉、今朝は晴れ。
きれいな青空が広がっています。
今日明日と晴れ予報。
その後はちょっと不安定ながらも晴れマーク。
季節は秋から冬へ。

さて、今回、那須どうぶつ王国で、
もう一種、会ってきたい動物がいました。
ホッキョクオオカミです。

コロナの影響で来る予定が延び延びになり、
やっとヨーロッパから今年来たばかりです。

おそらく皆さんが持っている
オオカミのイメージとはちょっと違うかなあ。
真っ白で美しい毛並みとスリムなボディ
目がとっても優しいんです。

3頭いるのですが、
この日見られたのは2頭。
寄り添ったり、いつもお互いを意識しているような雰囲気。
エリア内をぐるぐる回っているのは、
いわゆる縄張り行動のようです。
ガラス越しにすぐそばまで来るので、
皆さん、大喜びです。

夕方に行くと、オオカミならではの
遠吠えを聞ける確率が高いそうですよ。



DSCN9363













DSCN9364













DSCN9367













DSCN9368













DSCN9370













DSCN9372













DSCN9373













DSCN9375













DSCN9378
2021年11月26日 09:03



塩原温泉、今朝は晴れ。
なのですが・・・
今日の夜から明日日中にかけて雪マークが出ました。
昨日の時点では出てなかったので、びっくりです。
少々慌てております。
今週末に塩原にお越しの方は、
念のため、タイヤを履き替えたほうが良さそうです


さて、先日、駆け足で那須どうぶつ王国へ
昨年、那須どうぶつ王国で生まれた
大人気のスナネコ4姉妹、
アミーラ、サディーカ、マシュリク、ハディーヤ
が、
この程それぞれ、他の動物園に移ることになり、
4姉妹揃って見られるのは今月いっぱいと聞いて、
急ぎ会いに行ってきました。

アフリカなどの岩砂漠に生息する貴重な野生ネコ
両手の手のひらに乗ってしまうほど小さくて愛らしいのです。
ただ性格は結構獰猛らしいです。

昨年最初のアミーラが生まれた時に、
一度見に行っていましたが、
4姉妹揃って見たことがなく、
バラバラになる前に絶対に行かなくては後悔するぞと。

念願かなって、満足です。
アミーラだけは、まだお嫁入り先が決まっていないので、
しばらくは残ることになるとか。
また父親母親はそのまま、那須どうぶつ王国に残り、
次の繁殖を目指す
ようです。

また朗報が聞けるといいですね。



DSCN9382













DSCN9384













DSCN9385













DSCN9386
2021年10月20日 09:11



塩原温泉、今朝は時折日ざしがありますが、
くもりで風が強くなっています。
秋を通り越して、
一気に初冬のような寒さが続いています。
いつまで続くやら。
週間予報だと、まだしばらく続きそうな気配です。

さて、クサボタンの白いろう物質を
塩那スカイラインに取りに行った時に、
久しぶりにアサギマダラに出会いました。

アサギマダラは、
ヒヨドリバナやヨツバヒヨドリが好き
で、
よくハンターマウンテンゆり園に
毎年沢山来るのを見るのが楽しみでしたが、
今年はゆり園の営業がなく、残念に思っていました。

塩那スカイラインにも、
ヨツバヒヨドリがあるので、
時々アサギマダラに出会えます。

今回出会ったのは2頭で、
PCで写真データを見てみたら、
羽に識別のマーキングが書かれていました。

アサギマダラは2000キロ以上移動する「旅する蝶」
どこからどこへ、どのくらいの距離を移動するのか、
調査のために、マーキングすると聞いてはいましたが、
実際に見たのは初めてです


調べてみたのですが、
多分おとなり福島県の裏磐梯にあるホテルでの観察会で
マーキングされたものではないかと思われます。


また、クサボタンやヨメナでも吸蜜していた写真と、
別の日に同じ場所で見た
マーキングがない綺麗なアサギマダラも、
一緒に載せておきますね。
また来年も会えますように・・・


DSCN2267













DSCN2272













DSCN2273













DSCN2278












DSCN2279













DSCN2269













P9222437











P9222436












P9222434
2021年10月19日 09:01



塩原温泉、今朝はくもり。
今日も寒いです
明日まで少々ぐずついた天気予報。
明後日からは晴れマークが付いています。
少し気温が上がってくるといいですね。
今日は初めてフリースを着ていますが、
それでもまだ寒く感じます。

さて、昨日の続き、後半です。

今回、この生き物、
クサボタンにつく白いろう物質の主を調べていくと、

どんどん深みにはまっていきました。

大概のもの、植物にしても生き物にしても、
昨今はネットで調べれば、
ある程度の答えが出てきます。
ところが、この生き物については、
本当に情報が少ないのです。

おそらく、その名もクサボタンワタムシが、
最も答えに近いと思われますが、
クサボタンワタムシの画像検索をかけても、
出てくる画像は10枚程度。

なら、実際に自分で調べてみようと、
再び塩那スカイラインに行って、
白いろう物質がついたクサボタンを採取してきました。

そして・・・
白いろう物質を落としてみたところ
まあ、すごいこと、すごいこと。
うじゃうじゃ
白い綿のようなもこもこ一つ一つが、
クサボタンワタムシと思われる、その生き物
なのでした。
こんなに沢山中にいるとは!
想像をはるかに越えていました。


一つ一つは、せいぜい、1ミリから3〜4ミリ。
無数のクサボタンワタムシ
(と思われる生き物・以下同じ扱いとします)が、
ふわふわの綿に包まれて、
大きなコロニーを作っている
ことがわかります。

アブラムシと、カゲロウの幼虫を
足して二で割ったような形。
ふわふわの物質はおそらく、
主にお尻から出ているようです。

私がわかったのは、そこまで。
3〜4ミリと、比較的大きな個体が
すでに成虫なのか、
さらに、何かに変化していくのか、
何を栄養としているのか、
そういうことは一切わかりません。

ただ、昨日の写真に写っていた、
オオヒメテントウは、
クサボタンワタムシを補食してるはず
です。
ネット検索で見かけた
オオヒメテントウの幼虫は見つけられませんでした。

資料がとても少ないので、
研究したら論文が書けるかもしれません
(笑)。

何か新しい発見があればまた。
詳しい方に色々教えてもらえれば嬉しいです。
採取した茎と生き物達は、元の場所に戻してきました。



P9212383











P9212402











P9212393











P9212406











P9212399











P9212414











P9212418











P9212422











P9212433
2021年10月18日 08:51



塩原温泉、今朝は晴れ。
とてもいい天気なのですが、かなり寒いです。
秋を通り越して初冬になったような朝です。
今週は全国的に寒い日が続くようなので、
暖かい服装でお越し下さい。

さて、色々な割引や無料バスについて書いてきましたが、
少々季節を戻して、
秋の初めの昆虫のことについて2つほど

なかなかアップする機会がなく、ようやく。

先月、クサボタンのことを書きました。
今年のクサボタンは、白いろう物質がついていない株が多いと

今までクサボタンに付いている、
白いろう物質は、アブラムシの仲間だと思っていたのですが、
一体何なんだろう?
と気になって、
再び写真を撮りに行き、
色々検索して調べてみました。

すると・・・。
どんどん謎の深みにはまってしまいました。

クサボタンワタムシという虫がいるそうで、
おそらくは、その可能性が高いと思います。

が、コナカイガラムシという虫もいるそうで、
その可能性もないことはなさそう。

そして、さらに、
1枚目の写真の所に、黒い小さな虫が写っています。
おそらく、オオヒメテントウというテントウムシの一種。
このテントウムシの幼虫は、
コナカイガラムシに似せて(擬態していて)、
コナカイガラムシを補食
するらしいんですよね。

ということは、これはコナカイガラムシ?

う〜ん、謎。
昆虫の世界は奥が深くて
だからこそ、面白いのですが。

今度は実際にこの白いところを
はがして、中からどんなのが出てくるのか、
見てみれば良かったと後悔しています。

後半に続きます・・・


P9192365











P9192368











P9192367











P9192363











DSCN2236












DSCN2243
2021年10月 7日 08:48



塩原温泉、今朝はくもり。
今日は一日くもり予報。
そして明日は少し晴れる時間がありそうです。
それほど寒さは感じません。

さて、大沼やヨシ沼などの周辺で、

秋に目につく赤い実の一つ、ガマズミ
この辺りでは「ヨツドメ」とか「ヨットメ」とも呼ばれ、
薬用酒の材料としても珍重されています。
彩つむぎでも果実酒に仕込んだりします。

もう何年も、このガマズミの赤い実を見てきましたが、
今年は、ちょっと異変が!

何箇所かで、色と形が変化した実を見かけました
ちょっと大きくなり、表面がワサワサと毛羽立ってます。
明らかに虫こぶに変異しているなと思い、
調べてみたところ、
ガマズミミケフシタマバエという
ハエの幼虫が中にいるようで、
こういうガマズミの実を
ガマズミミケフシと言うのだそうです。

ネット検索しても、
ガマズミミケフシタマバエの画像はあまりなく、
採取して、観察してみれば良かったかなと思ったり。

マタタビの実もそうですが、
虫こぶの実は、普通の実よりも薬効があると言います。
そういう意味でも採取してくれば良かったですね。

それにしても、今まで一度も見たことがなかったのに、
何故か今年はあちこちで見かけるというのも不思議

生き物の世界は、これだから面白いです。


DSCN2772












DSCN2777












DSCN2664












DSCN2668












DSCN2666
2021年9月30日 08:49



塩原温泉、今朝は晴れ。
今日は一日晴れ予報。
そして、台風16号が最接近する明日は、日中一日雨。
その後は晴れの日が続きます。


さて、今日は野鳥の話。
少し前になりますが、
彩つむぎの対岸に、
見慣れぬ鳥、
それも比較的大きな猛禽類の鳥が現れました


トビはよく見かけますけれど、
トビよりも少し大きく、胸の毛が真っ白
眼光も爪も鋭くて、
凛としたたたずまいの美しい鳥
でした。

調べたところ、ミサゴという猛禽類でした。
魚が好きな鳥ということで、
水がある所、川や池、海などに、いる鳥なのだそうです。

さらに調べていくと、
英語の名前はオスプレイ
あの、オスプレイ機の名前の由来となった鳥でした。

毎日来るかなあと期待していましたが、
結局、彩つむぎの前に姿を現したのは2日だけでした。
でも、存在感がすばらしく、印象に残りました。
また来てほしいなあ

DSCN1675












DSCN1676












DSCN1678












DSCN1677



2021年9月11日 09:38



塩原温泉、今朝はくもり。
この後、日中は雨が降ってくる予報です。
そして、明日明後日に晴れマークがつきました。
昨日も久々の青空でしたが、
明日明後日も気持ち良い青空が見られるかな。

さて、先日、見かけた山野草たちの中で、
大きさで断然目立っていたのが、シシウド

大きなものでは1メートルをゆうに超えています
線香花火のように、ぱっと開いた花に、
色々な昆虫たちが集まってきます。

そんなシシウドと昆虫の写真を少々
スズメバチも巣の近くは危険ですが、
こうして花の所に来ているものは、
いじめない限り刺すことはありません。
よく見ると、かわいい顔をしています。

ザトウムシは、8本脚ですが、
クモとはちょっと違う属になります。
長い脚でいざるように、
障害物などをさぐる様子から、
ザトウ(座頭)ムシと呼ばれます。

ジブリ映画に出てきそうなユニークな形と動き
私はけっこう好き。
よく見ると、体の所の色や、形も色々。
実はかなり沢山の種類がいるそうです

以前に同じ場所のシシウドを見に来た時にも
ザトウムシがいましたので、
補食のために、好きな花なのかもしれません。

今回は見つけられませんでしたが、
キアゲハが大好きな花でもあります。
去年はキアゲハの幼虫を育てるために、
山からシシウドの花を取ってきて
成虫になるまで、お世話になりました。
今年もキアゲハの幼虫に出会えるといいなあ。



DSCN1446キイロスズメバチ。













DSCN1461ザトウムシ。













DSCN1466
2021年9月 8日 08:49



塩原温泉、今朝はくもり。
肌寒い朝です。
今日明日と雨予報。
気温は上がらないだろうなあ。

昨日は久しぶりに日中晴れて、
セミの声も聞こえてきました
が、
今日は当然、どこからも聞こえてきません。
昨日のセミ達、どうしているのかなあ。
他人(セミ)事ながら、心配になってしまいます。

さて、昆虫の話題を一つ
少し前に、小躍りしたくなるような場面に遭遇しました。

自他共に認める昆虫好き。
蝶の中で一番好きな、
カラスアゲハもしくはミヤマカラスアゲハが、
集団で吸水している場面
です。

姉妹館明賀屋本館の玄関前です。
斜面からしみ出している水が
雨上がりでちょろちょろと流れていましたが、
そこに集まっていました。

全部で6〜7羽。
カラスアゲハとミヤマカラスアゲハは、
見分けるのがなかなか難しいのです。
夢中で写真を撮っている時には、よくわからず、
後から見たら、
何と、両方の種類が混ざっていました


1頭(蝶は1頭、2頭と数えます)だけ、
最初の4枚の写真では羽を広げていて、
5枚目の写真、一番手前の個体が、
ミヤマカラスアゲハで、あとはカラスアゲハ


ミヤマカラスアゲハは、
広げた時の後翅の模様が強く、
後翅の裏側に白い筋が入っています。

そして、これも撮影している時には、
全然わからなかったのですが、
1頭だけ、クロアゲハも混ざってました

6枚目の写真の右下の個体がクロアゲハでした。
気が付いていなかったので、
写真も見切れてしまっていて残念。

この写真を撮っている最中は、
他の蝶たちに目が釘付けでした。
というのも、この時、
他の蝶たちは、吸水しながら、
オシッコのようなものをピュッピュッと
出していたのです。

そんなシーンを見たのも初めてでした。
オマケに、カラスアゲハ達と同じような色の
尻尾を持つ、ニホントカゲもいたりして。
初めてづくしで、大興奮。
いつまでも見ていたかったです。
また、こんな場面に遭遇したいものです。



DSCN0617













DSCN0618













DSCN0620













DSCN0610













DSCN0614













DSCN0603













DSCN0630













DSCN0623
2021年7月28日 08:45



塩原温泉、今朝は晴れ。
台風8号はかなり北に進路が変わり、
先程石巻に上陸だそうです。
関東地方はそれてよかったものの、
進路にあたる東北で、被害がないと良いのですが。

連日暑い日が続いています。
暑さにはまいりますが、
暑くなってくると、こんな楽しみも。

セミの羽化です。
先日露天風呂の入口で撮影
ちょうど3匹の幼虫が羽化を始めていました。

若干2ヶ所ほど蚊に刺されながら、
3匹それぞれの羽化シーンを撮りました。

何度見ても、神秘的で美しい羽化シーンには感動します
夕食が終わる頃から22時頃にかけて、
露天風呂の周りでよく見られます。

今回の3匹のセミは全てアブラゼミです。
羽が透明なのはミンミンゼミ、
ちょっと小さ目のはヒグラシのことが多いです。


P72517661匹目。
柱のところで。









P7251780











P7251816











P7251817











P7251819











P7251825












P7251828











P7251843











P7251841












P72517742匹目。
入口のベンチで。









P7251794











P7251801











P7251811











P7251820











P7251839












P72517783匹目。
ディスプレイに置いてある木で。









P7251781











P7251831











P7251836
2021年7月24日 08:53



塩原温泉、今朝はくもり。
予報ではこの後晴れなのですが、
けっこう、しっかりとくもり空。
今日はどんな天気になるのでしょうか。

昨夜は東京オリンピックの開会式が。
お天気で良かったですね。
台風も接近しているようなので、
週末明けの天気は下り坂です。

さて、塩原から車で15〜20分の上三依水生植物園
もちろん植物園なのですが、
植物園なだけに、
そして特に水生植物園なだけに、
昆虫、特にトンボなどが
色々集まってきます


今回、沢山いたのが真っ青なイトトンボ。
エゾイトトンボかオゼイトトンボのどちらかだと思います。
この2種類のトンボは、
背中の模様で見分けます。
鮮明な写真が撮れませんでしたが、
オゼイトトンボの可能性が高そうです。

どちらにしても、
青い色がとても美しいトンボです。
交尾中や産卵中のペアもいて、
見て飽きることがありませんでした。

体が白くて目が真っ黒なトンボはニホンカワトンボ
塩原箒川でも時々見かけるトンボです。

蝶はイチモンジチョウ
表の模様も裏の模様も美しい蝶です。

最後はモリアオガエル
メレンゲボールのような卵塊。

本当に多様な生き物がいるなあと感心しました。


DSCN8790












DSCN8793












DSCN8803












DSCN8650












DSCN8810













DSCN8612












DSCN8602













DSCN8621












DSCN8625












DSCN8631









2021年7月12日 08:44



塩原温泉、今朝は晴れ。
ただ、予報では晴れなのは朝だけ。
この後崩れて午後は雨予報になっています。
また土砂降りになるかな。


6月24日のブログで書きました
キセキレイの雛が孵りました!

スタッフが気にしていてくれて、
教えてくれました(感謝)。

巣が作られた部屋のお客様は、
今のところ、最初に教えてくれたお客様以外は、
気が付いていらっしゃらないようです。

完全な屋外で、よほど身を乗り出さないと、
見えない場所だから、それも仕方ないでしょう。

ふわふわの羽毛の大きな黄色い口
ツバメの雛にちょっと似ているような。
4羽いるようです
次は巣立ち。
安全に巣立ちができますように!

一緒に載せた写真は、
おそらく近所で巣を作っていただろうツバメの子供たち
巣立ちしてからは、彩つむぎの上を飛び回っています。
巣立ちしてもしばらくは、親鳥から餌をもらってました
親鳥が餌を運んでくるのを待っていた時の様子です。

早くこんなキセキレイの雛たちの姿が見たいですね。


DSCN8513













DSCN9907












DSCN9916
2021年7月 8日 08:59



塩原温泉、今朝はくもり。
この後は雨になるようです。
不安定な天気が続きます。

さて、駒止湿原の続きになります。
大谷地から白樺谷地の途中まで行き、
駐車場へと引き返す途中
(行きに通った道は通れず別の道になります)

以前来た時になかった(と思う)
ブナ林を歩く回り道の遊歩道ができていました。

ブナ林。
華やかさはありませんが、
美しい幹と葉がどこまでも続く、
独特の魅力
があります。

一周15分ほどとありましたので、
もちろん、こちらの回り道へ。

花もあるかなあと思ったのですが、
ブナ林の落ち葉の中に、
ギンリョウソウがいっぱい

葉緑素を持たない、独特の真っ白な植物。
銀竜草と書きますが、
またの名をユウレイソウ
言い得て妙ですね。

もう、数え切れないほど、あちこちに。
テンション上がりました(笑)。

ギンリョウソウ以外の花は、
駒止湿原へとアクセスする道路際で。

ヤグルマソウの見事な群落が目につきました。
矢車のような形の大きな葉で迫力があります。
花は小さな白い花が集まってふわふわと。
最近、花が咲いたヤグルマソウを見てなかったので、
こちらもテンション上がります。

よく見ると、ヤグルマソウの中に、
ひっそりとモミジカラマツの花も。
道路に沿った沢の反対側には、
今年、注意して見て来たツルアジサイが。

最後の2枚の写真はヒメシジミ
シジミチョウの中でも、
青味がかった羽がとても美しい希少種です。

以前に一度しか見たことがないのですが、
ここには沢山いて、乱舞していました。
他にギンイチモンジセセリもいたことを、
記録として書いておきます。
いずれも希少種です。


DSCN0181













DSCN0198













DSCN0209













DSCN0207













DSCN0192













DSCN0194













DSCN0205













DSCN0229












DSCN9964












DSCN9965













DSCN0218












DSCN0219












DSCN0216












DSCN0227












DSCN0224













DSCN0162












DSCN0169
2021年7月 2日 08:41



塩原温泉、今朝は小雨。
雨が降ったり止んだりの一日になりそうです。
肌寒い朝になっています。

早くも一年の折り返し。
7月に入りました。

6月から7月にかけて、
以前よりは数が減ってしまったように思いますが、
塩原でもホタルを見ることができます

大体夕食が終わる頃の時間
2度ほど見に行ってみましたが、
多少気温が低くても、
多少雨が降っていても、飛んでいるようです


車で行く場所がほとんどなので、
お酒を飲んでしまうと見に行くことはできません

見に行かれる場合は、お酒を控えて下さい。
場所をお教えしますね。
※写真は過去に撮った写真より。


9f642c47












0bc88ad0
2021年6月30日 08:50



塩原温泉、今朝は雨。
予報では一日くもりなのですが、小雨になっています。
この後、雨は上がるかな。

今日は塩原の温泉むすめ、
塩原八弥ちゃんが、観光大使に就任
するということで、
関係者、盛り上がってます。
姉妹館明賀屋本館の山ガール八弥ちゃん
よろしくお願いします。

さて、沼原湿原には湿地帯特有の生き物がいっぱいいます。
毎回、花だけでなく、
色々な生き物に出会うのも楽しみに行きます。

今回、とても嬉しかったのは、
初めて、カッコウの姿を見ることができ、
しかも、写真に撮れた
ことです。
鳴きながら飛んできて、
木のてっぺんに留まってくれました。

カッコウは、春から初夏にかけて、
山に行けば、必ずと言っていいほど、
よく鳴いているのが聞こえてきます。
でも、今まで姿を見たことがありませんでした。

初めて見るカッコウは、
思っていた以上に大きい鳥
で、
羽の位置など、イラストなどで見る姿そのもの。
嬉しかったです。

DSCN9443初めて姿を見ることができ、
写真も撮れたカッコウ











DSCN9357沼原と言えば
アカハライモリ
沢山います。










DSCN9372うまく撮れず、
種類まではわからない
イトトンボ










DSCN9459こちらは
シオヤトンボのカップル。
この後、
産卵シーンも。









DSCN9465黒いかたまり、
ぶつぶつの一つ一つが
全てオタマジャクシ。
アズマヒキガエルかな









DSCN9423コバイケイソウと
モンシロチョウ











DSCN9428コバイケイソウと
チャバネセセリ?
チャバネセセリも
色々種類が。









DSCN9548シロシタホタルガの幼虫
サワフタギに
よくいます。
ボケボケ写真で
すみませn・・・。







2021年6月24日 08:45



塩原温泉、今朝はくもり。
日中はこの後雨になる予報。
梅雨らしい天気が続きます。

今日は
鳥のことを二つほど書きたいと思います。

まず一つ目は
夜に鳴いている鳥について。
夜、夕食が終わるくらいの時間から、
山の方から、
ピーっというか、ヒーっというか、
単調な鳴き声が聞こえてきます。
それも
音程が違う二つの声が、呼び合うように

よく聞こえるので、皆様気になるようで、
あの鳴き声は何ですか?と聞かれることが多くなりました。
鹿ですか?と聞かれたり。

あの声は
トラツグミという鳥の鳴き声です。
ヒヨドリを少し大きくしたくらいの大きさで、
姿を見ることは稀ですが、
以前、一度彩つむぎのガラス窓にぶつかって
即死状態になっていたトラツグミを見たことがあります。

あまりにきれいな状態で死んでいたので、
栃木県立博物館に寄付しました。
標本として保管されていると思います。

闇の中から聞こえる声が不気味だと、
「鵺(ぬえ)」という妖怪に思われていたという話も。
妖怪とは似ても似つかぬかわいい鳥です。

そしてもう一つは鳥の巣と卵。
305号室の室外機の所に、
おそらく
キセキレイが巣を作り、卵が
お客様が露天風呂に入っていて気が付いたそうです。

以前も、毎年ではないと思われるのですが、
キセキレイが室外機に巣を作っていたことが。
彩つむぎの周囲には、
キセキレイとセグロセキレイと2種類のセキレイがいます


キセキレイは黄色、
セグロセキレイは白黒の美しい鳥。
箒川の石の上で、尾羽を上下に動かしている姿をよく見かけます

うまく雛が孵ってくれるといいのですが。
そっと見守ってあげて下さいね。


DSCN9114












DSCN5676












DSCN3052












DSCN3059












DSCN3073












DSCN3074













DSCN5678
2021年6月19日 08:47



塩原温泉、今朝は雨。
残念ながら今日は一日雨予報。
明日も雨がちの天気ですが、
晴れマークが付いている時間もあります。

この雨を喜んでいる生き物がいます。
モリアオガエル。


奥日光と日光白根山のことを
書いている内に、
塩原の大沼のモリアオガエルの
産卵が始まりました


これも毎年楽しみにして、
いつかな、いつかなと、
週一くらいのペースで、見に行くようになります。
車で15分くらいですから、
毎日通ってもいいくらいの大沼です。

国の天然記念物にもなっているモリアオガエル
塩原に来るまで見たこともありませんでした。
このメレンゲボールのような卵塊
初めて見た時には本当に驚きました。

産卵真っ最中を見たこともありますが、
産卵したては白っぽく、
段々ベージュ色になってきます。
そして卵塊の中で孵化すると、
オタマジャクシは落下

水の中へと落ちていきます。

渇水で水不足になると大変。
今年は何とか大丈夫でしょうか。
次の世代へと命をつないでほしいと思います。

こういう貴重な生き物が
生きていける場所がある塩原。
私達人間は。この自然環境を守って行かなくてはなりませんね。

DSCN9174













DSCN9171













DSCN9175













DSCN9168













DSCN6260













DSCN6262













DSCN8522













DSCN8549
2021年1月26日 08:54



塩原温泉、今朝は晴れ。
昨日に続いて良く晴れています。
今日はお昼過ぎまで晴れマーク。
その後はくもりで、明日は雨マークがついています。
少し寒さが緩んでいるようです

さて、白鳥は他の飛来地でも、
今年は数が多いようですが、
この時期、問合せの電話もくる
箒川のオシドリはさっぱり姿が見えません

今年は来ないのでしょうか。
昨日も確認に行ってきたものの、
確認できたのは、
キンクロハジロ、
オナガガモ、
コガモ、
セグロセキレイ、
カワガラス

ちょっと寂しいなあ。

カワガラスは、繁殖の準備を始めているのか、
せわしなく行ったり来たり。
時々、苔のようなものを口にくわえて飛んでいました。

箒川のオシドリ情報、
何かあったら、教えていただけると嬉しいです。


DSCN3679












DSCN3708












DSCN3714












DSCN3717












DSCN3706
2021年1月25日 08:54



塩原温泉、今朝は晴れ。
今日は一日晴れ予報です。

昨日も雪が降ったものの、
気温はそれほど低くなく、
昨日の時点で道路や駐車場の雪はなくなりました。
今日のこの天気で、さらに雪は融けていきそうです

さて、すでに2回紹介していますが、
この冬、市内西那須野地区の冬水たんぼの白鳥
先日通りかかったら、遠目に見ても白い姿がうじゃうじゃ

近くまで行ってみましたら、
数が前回より倍増していました。

思わず一羽一羽数えてしまいました。
全部で76羽
前回の31羽ですら、
近所の方の話では過去最高とのことでしたのに。
一体全体、何故にこんなに一気に増えたのでしょう?

今年はこちらで満足してしまって
羽田沼や鬼怒川まで見に行っていないのですが、

同じく、大田原市の羽田沼周辺も、
今年は数が多いと聞いています


依然、新潟の瓢湖周辺で見た光景のようです。
ちょっとわかりづらい場所なのですが、
近所の方などが何人か見に来ていました。


DSCN3626












DSCN3607












DSCN3611












DSCN3629












DSCN3618












DSCN3630












DSCN3612












DSCN3603












DSCN3619












DSCN3625












DSCN3601
2020年12月29日 08:47


塩原温泉、今朝は晴れています。
夜に少しだけ雪マーク。
そして30日の夜からも断続的に雪マークです。
先日を上回る寒波襲来とのことですので、
どの程度の雪になるのか、戦々恐々としています。
塩原にお越しの際は、必ず冬用タイヤでお願いします

さて、今日も生き物ネタを。
少し前に、早くも白鳥きてますよ〜と
お伝えした、市内西那須野地区の冬水田んぼ


その時には7羽だったのが、
数日前に通ったら、かなり数が増えているようだったので、
近くまで行って確認してみました。
何と31羽も!

近所の方の話では、今までで一番多いそうです
今年生まれた若い白鳥も何羽か。
朝の時間だったので、
太陽の光を浴びてきれいでした。

場所の説明が難しいのですが、
国道4号線にほど近い、
那須塩原市三区町にある田んぼ
です。



DSCN3003












DSCN3030












DSCN3006












DSCN3018












DSCN3005












DSCN3015












DSCN3020












DSCN3019












DSCN3022












DSCN3023
















DSCN3007












DSCN3008












DSCN3010
2020年12月28日 08:48



塩原温泉、今朝はくもり。
予報ではくもり後晴れ。
今日明日はそんな天気。
30日から元日にかけては雪マークが出ています。


さて、サルも遭遇率高くなりますが、
冬になると見られる生き物に、

箒川のオシドリがいます。

問合せの電話もあるので、
先日確認しに行ってきましたが、
一羽も見ることができませんでした
まだ来ていないようです。


そのかわりと言ってはなんですが、
ダイサギが一羽
獲物を狙っていて、時折小さな魚を捕って食べていました。

平野部の田んぼなどでは
特段珍しくもないシロサギですが、
箒川周辺では、あまり見かけないかも。
大きくてきれいな鳥。
雪と同じくらいに真っ白で、
写真に撮っても見栄えがします。

そして、通年見ることができる
セグロセキレイカワガラスや、
水鳥(キンクロハジロ他)も。

寒い中の冬の散歩も、
こんな可愛らしい野鳥に会えるとあれば、
寒さも気になりませんね。
風景もなかなか

オシドリ達、例年ならそろそろ見られる頃。
来てくれると良いのですが。


DSCN3034












DSCN3036












DSCN3062












DSCN3040












DSCN3041












DSCN3042












DSCN3046












DSCN3049












DSCN3051












DSCN3068












DSCN3055
2020年12月27日 08:50



塩原温泉、今朝も晴れ。
真っ青な空が広がっています。

連日雪マークが予報には出ていたのですが、
雪が降るのはほんのひととき。
それ以外の時間は、よく晴れて朝晩冷え込む日が続いています。
いつの間にか、服装はすっかり真冬バージョンです。

さて、今日はサルのこと
ここのところ、遭遇率高いのです。
冬になって山にエサが少なくなってきたのか、
よく温泉街に下りてきています


今年生まれたばかりの子ザルは
可愛らしさが残っていたり、
大人のサル達の表情が
いやに人間臭かったり、
見ているだけなら、なかなか楽しいのですが、
百合の球根を食べられるなど、
色々な被害にあっています。

そして、
由々しきことに、
最近、サルがあまり人を恐れなくなっています


まだ襲ってきたりということはありませんが、
くれぐれも、エサなどをやったりしないで下さいね


DSCN2991












DSCN2992












DSCN2988












DSCN2277












DSCN2275












DSCN2276












DSCN2255
2020年9月27日 07:51



塩原温泉、今朝はくもり。
今日は日中くもりですが、
夜から晴れてくるようで、
嬉しいことに明日から晴れマークが並んでいます。

本日は塩原温泉古式湯まつりの日です。
コロナの影響で、イベントなどは全て中止ですが、
神事と各地区、各宿への分湯だけ行われます。


さて、今日のブログの話題はどうしようか迷ったのですが、
貴重な記録らしいので、あげておきます。

実は、大黒岩に行った時に、
ヤマビルに食いつかれてしまいました


食いつかれてしまいました、というよりはむしろ、
食いつかれてしまっていました、というほうが正解で、
全く気が付かず、連れて帰ってしまっていたのです。

その日は休館日で、
塩原に戻って、そのまま仕事。
私一人で電話番をしていました。

戻って小一時間ほどした時に、
床に見慣れぬものがぽとっと落ちています・・・。
最初、花びらか何かかと思い、
そのまま拾おうかと思ったのですが、
いや待てよ、これは、ひょっとしたら・・・と突いてみたら、
案の定、動くではないですか!

何これ、もしかして、あの例の?
ウソウソ、そんなはずはない、違うに決まってる(と思いたい)。
と逡巡しつつも、好奇心には勝てず、
苦手と聞いている中性洗剤をかけてみたら、
あ〜、やっぱりそうでした。

中性洗剤に覆われて苦しくなって、
血を吐き始めるではないですか。
ある程度予想していたとはいえ、その時の私の衝撃と言ったら!

何ゆえにこんな場所に血をたらふく吸ったヤマビルがいるの?
衝撃の現場を目の当たりにしても、
それを自分と結びつけることができずにいましたが、

念のため、自分の体の点検をしてみたら、
足首の上、スパッツの下が真っ赤になってました

さらにその時の私の衝撃と言ったら!
一時間以上も、
この気持ち悪い生き物に食いつかれていたのかと思うと、
す〜っと血の気が失せるのを感じました。

小学生の時、田植え学習があり、
田んぼから上がった時に、
ふくらはぎに吸い付かれていた光景が、
今でもトラウマになっています・・・


しかし、話には聞いていましたが、
本当に全く気付かないものなんですね・・・。


後から調べてもらったら、
ヤマビルは鹿や猪にくっついて、日光や、塩谷町まで、
その分布が広がっていると聞いています
が、
大黒岩周辺でのヤマビルの目撃事例は今までなかったそうです。
私が貴重な第一犠牲者らしいので、記録に残しておきます

塩原ではまだ見たことがありません。
でも、気を付けるにこしたことはないですね。

その日、沢を少し歩いて、
最後に沢から道路に戻る時に、
湿った落ち葉が沢山ある場所を歩きました。
そんな場所にヤマジノホトトギスが咲いていて、
撮影するのに、しばらく、その場に立ち止まっていたので、
その時に食いつかれたのではないかと思われます。

さらに、付け加えておきます。
気が付いて、すぐにポインズンリムーバーで
血を吸い出し、薬を塗って手当しました。
少し赤くなっていましたが、
吸われたあとは小さく、腫れることもなかったのですが、
10日後くらいから、お風呂に入ったりすると、
周辺に痒みが出て来て、吸われたあとがジクジクしています。

現在、20日ほど経っているのに、しぶとくも、まだ少し痒みが
恐るべし。
もう二度とお目にかかりたくないです。。。


P9090556








2020年8月 6日 08:58



塩原温泉、今朝も晴れになりました。
暑くなりそうです。

さて、ハンターマウンテンゆり園で、
沢山の蝶が乱舞している光景に感動した後、
帰り道に、ヨシ沼に少しだけ寄ってみました。

日本で一番小さなトンボ
ハッチョウトンボに会えないかなあと。

毎年、夏になると何度も足を運びますが、
会えるのは一年に一度か二度、あるかないか。
今年はまだ会えていませんでした。

やはり雨上がりは昆虫ねらい目ですね。
久しぶりにハッチョウトンボ発見。
小さいので見落としそうになりますが、
真っ赤な体の色は、小さいながらも目立ちました

他に、ルリタテハも。
そして、花のつぼみをつけたモウセンゴケを撮影しようと、
カメラをモウセンゴケに近づけたら、何だか違和感。
まだ大きくないアズマヒキガエルが、
じっと動かないでいたのに気づきました。
この時期はあまり姿を見かけることがないのですが、
やはり、餌を探して出てきたのかな。

花は少な目。
サワギキョウの姿は見かけず、
ノリウツギホツツジが咲いているくらいでした。

P8020340












P8020336












DSCN8768












DSCN8805












DSCN8802












DSCN8748












DSCN8762












DSCN8761












DSCN8796












DSCN8744







2020年8月 5日 09:32



塩原温泉、今朝は晴れ。
気持のいい夏空が広がっています。


ハンターマウンテンにゆり園が開園以来、
毎年、一度ならず二度三度と足を運んでいますが、
今回ほど、沢山の蝶に出会えたことはありません

最初にフラワーリフトに乗っている時から、
リフト下に蝶が何匹も飛んでいるのが見えました。

リフト山頂駅でリフトを降り、
右前方の白樺林に進んでみたところ、
ゲレンデの縁にヨツバヒヨドリが群生していて、
そのヨツバヒヨドリ群生地に、
数え切れないほどの蝶が乱舞していました

オレンジ色のはミドリヒョウモンだと思います。
ヒョウモンチョウは種類が多く、
表の模様よりも、裏の模様で判別します。
もしかしたら、ウラギンヒョウモンや
ウラギンスジヒョウモンもいるかも
しれません。

旅する蝶、アサギマダラもあちこちに
少し透けている部分が、
飛んでいる時には薄水色に見えて、
優雅な飛び方といい、本当に美しい蝶だと思います。

黒っぽいのは、カラスアゲハかミヤマカラスアゲハか
表の華やかさだけ見たら、ミヤマカラスアゲハのようですが。

初めて、クジャクチョウにも出会いました。
塩原にもいたんですね。
大きな目玉のような、
クジャクの羽にも似た、
鮮やかな羽に目を奪われました。

茶色い小さな蝶は、模様がないから
キバネセセリあたりでしょうか。
セセリチョウも種類が大変多い蝶です。

これだけの蝶に出会えて大興奮で、
百合よりも蝶を追いかけていた時間のほうが長かったかも(笑)。
ちょうど梅雨明けした日だったので、
蝶たちも大喜びで出てきたのかもしれません。


DSCN8522












DSCN8505












DSCN8518












DSCN8506













DSCN8531












DSCN8536












DSCN8538












DSCN8580












DSCN8509












DSCN8515












DSCN8526












DSCN8595












DSCN8617












DSCN8534












DSCN8678












DSCN8722












DSCN8727
2020年7月26日 08:56



塩原温泉、今朝は小雨。
今日明日と天気はくもり時々雨の予報です。


毎日、雨ばかりで嫌になりますが、
時折、さ〜っと雲が切れて、
青空が覗くことがあります。

少し前に、そんな梅雨の晴れ間に、
大好きな塩那スカイラインに行ってみました。

ところが、晴れた!のは束の間。
上のほうでは霧が出ていて真っ白。
残念だなあ〜と思ったその後に、
霧が晴れて一瞬のうちに太陽の光が差し込みました。

これは虹が出てるかもと、
車から降りて、空を見上げてみました。
でも、虹は見当たりませんでした。
だめか〜と、視線を下に降ろしてみたら、
何と、眼下の山に大きな虹が!


空ではなく、山にかかるこんな大きな虹を見たのは初めてです。
そして、この時、この場だけではなく、
車で下ると、カーブを曲がるたび、
太陽を背にするたびに、
目の前の山の斜面に虹が


動画を撮影できれば良かったのですが、
さすがに運転しながら動画撮影はできませんでした。
すばらしい、そして美しい光景を見ることができ、感動しました。

そして、その数日後、今度は別の虹色に遭遇
ミヤマカラスアゲハです。

この蝶は塩原にいる蝶の中では最も美しい蝶だと思います。
見る角度によって、鱗粉の色が変化します。
それほど頻繁に会える蝶ではないので、
会えると、本当に嬉しくなります。
最近、庭のネムノキの花にも、よくカラスアゲハが来ています。


美しいものに出会えると、心がいやされますね



DSCN7546












DSCN7504












DSCN7502












DSCN7530












DSCN7535












DSCN7536













DSCN8299
2020年6月30日 09:00



塩原温泉、今朝はくもり。
今日はくもり後雨、
明日は一日雨の予報となっています。

さて、塩原大沼、ヨシ沼の話題をさらに
初夏に見られる生き物達です。
いつ行っても、何かしらに出会う場所

DSCN9551モリアオガエルの卵塊。












DSCN9555













DSCN9733アズマヒキガエル。
オタマジャクシからカエルへ。











DSCN9732足が出て上陸するも、
あえなく干からびたのが。











DSCN9723シオヤトンボ(♂)












DSCN9746ニホンカワトンボ(♂)












DSCN9762ニホンカワトンボ(♀)












DSCN9694ヒメウラナミジャノメ












DSCN9654初めて見ました。
何かと思い聞いたところ、
イタヤハマキチョッキリの
揺籃と教えてもらいました。








DSCN9616大沼に何やら
一筆書きのような跡が・・・。











DSCN9626あっちにもこっちにも。
その正体は・・・











DSCN9602マルタニシでした。












DSCN9624













DSCN9549大沼の入口に。
これは一体?











DSCN9645
2020年6月28日 08:43



塩原温泉、今朝は雨。
昨日は今年一番と思ったくらいに
ジメジメムシムシの暑さだったのですが、
今日は一転、寒いくらいの朝
昨日と10度以上気温が違うような気がします。

今日は昼過ぎまで雨。
その後から明日にはくもり予報です。

さて、塩原大沼のこの季節の楽しみは、
何と言ってもモリアオガエルの産卵


場所によっては天然記念物とされるモリアオガエル。
5月中旬から鳴き声が聞こえていますが、
産卵は6月中旬過ぎの今。

大沼の入口や奥の方、
沼の上に広がる木をよく見ると、
あちこちに、白いメレンゲのような卵塊が
人間の手のひらにちょうど乗るくらいの大きさです。

産卵したばかりは真っ白
段々色が茶色くなってきて、
オタマジャクシになると、沼に落ちていきます


先日は、ちょうど産卵真っ最中のメスに遭遇
こんな場面に出会えるのは嬉しいですね。


DSCN0197












DSCN0206












DSCN0210












DSCN9551












DSCN0084












DSCN0085












DSCN9555
2020年5月 9日 09:05



塩原温泉、今朝はくもり。
今日は一日くもり。
明日の明け方には少し雨が降るようです。

先日、塩原大沼とヨシ沼を散歩してきました。
毎年気にしているアズマヒキガエルの蛙合戦
今年はもう終わってしまっただろうなと、思っていたのですが、
4月に入って気温の低い日が多かったからか、
まだ終わってはいなかったようで、
沢山のアズマヒキガエルに会うことができました

期待していなかっただけに、嬉しかったな。
皆、生き残り、子孫を残していくのに必死です。


DSCN3499












DSCN3435












DSCN3438












DSCN3440












DSCN3467












DSCN3436












DSCN3509












DSCN3510












DSCN3511












DSCN3532












DSCN3524
2020年3月28日 08:47



塩原温泉、今朝はくもり。
お天気下り坂です。

今日日中はくもりですが、
夜から明日の昼にかけて雨またはみぞれ。
雪マークも出ています。

関東一円で雪が降る可能性があるとのこと
積もるような雪ではないと良いのですが。
明日の朝の運転には、くれぐれもご注意ください

さて、箱の森プレイパークでのヒトコマです。
野鳥や昆虫たちも活動を始めていました
クジャクチョウにコゲラ。
写真に撮れませんでしたが、ルリタテハも。

人間世界の混乱をよそに。。。(遠い目になりそう)


DSCN1640












DSCN1666












DSCN1648












DSCN1649
2020年2月25日 08:50



塩原温泉、今朝は晴れ。
予報では晴れの天気は午前中いっぱい。
その後お天気一度下り坂になります。
夜から明日の朝にかけては雨、一時雪マークです。
雪は一時だけのようなので、
また積もるほどではないのではないかと思われます。

さて、昨日は鬼怒川の白鳥。
今日は箒川のオシドリを。

秋から冬にかけて、
箒川ではオシドリを見ることができます

こちらも秋よりは少し数が増えてきているような。

彩つむぎから少し上流、
塩湧橋の手前になります。

まるでバズーカ砲のようなカメラを構えている方がいることも。
お散歩がてら、ぜひ、見に行ってみて下さい。
「世界一美しいカモ」を、
こんなに間近で見られる場所ですから。


DSCN0780












DSCN0789












DSCN0793












DSCN0791












DSCN0773
2020年2月 1日 09:15



塩原温泉、今朝は小雪
細かな雪が降るというより舞っています。
寒いわけですね。

天気予報では雨のち晴れのちくもり・・・。
明日からはくもり時々晴れとなっています。
積もるような雪ではなさそうです。

さて、冬の水鳥ウオッチングで、
羽田沼に2回ほどリベンジで行きましたが、
その時に、近くに白鳥が来る冬水田んぼがあると聞き
調べて探して行ってみました。

時間によっては羽田沼よりも、
こちらのほうに沢山来ていると聞いていたのですが、
この時には、羽田沼より少ない2羽。

それよりも、オナガガモの多さにびっくりです。
あっちにもこっちにも、オナガガモ
一体何羽いるんでしょう。
1000羽くらい、いたんじゃないでしょうか。

水のある田んぼだけでなく、
周りの田んぼや、道にまでいっぱい。
車が通れないほどでした。

オナガガモは好きなカモです。
箒川にもいるカモで、
オスの尾羽がピンと長く、
羽がモノトーンでシックなところが好き。

ですが、ここまでうじゃうじゃいると、
きれいとか、好きとかを通り越して、
ただただ、唖然としてしまいました。

こんな場所があったんですね。
楽しい水鳥ウオッチングでした。


DSCN9916












DSCN9935












DSCN9979












DSCN9980












DSCN9915












DSCN9923












DSCN9928












DSCN9933












DSCN9918
2020年1月31日 09:37



塩原温泉、今朝は晴れ。
風が少しありますが、いい天気です。
ただ、明日の明け方、少し雪マークが出ました。
一時だと思いますが、朝の道路の凍結が心配になります。

さて、冬の水鳥ウオッチング、羽田沼リベンジその2です。
2羽だけでは物足りず、さらにもう一度。
(執念深いな、私・・・)

この時期、羽田沼には、多くの方が訪れます。
ただ白鳥に会いに来ているお子さんから、
バズーカのような野鳥撮影のカメラ持参の方まで。
時には路上駐車する車を多く見かける日もあります。

この日は小雨で、他に訪れる方もなく、静かな羽田沼でした。
そして、ようやく、何とか9羽の白鳥に会う事ができました。

できれば、一度は、何十羽、何百羽と、
白鳥が佇む風景を見てみたいと思っているのです
が。

実は昨秋、新潟キャラバンに行った時に、
バスの車窓から、有名な瓢湖、またその周辺の田んぼで、
そんな風景を、ほんのチラッと見かけました。

那須地域では、難しいのだと思います。
暖冬もあって、今年は飛来数も少ないかもしれません

そんな風景に会えることを、夢見て。



DSCN9953












DSCN9945












DSCN9946












DSCN9954












DSCN9955
2020年1月30日 09:18



塩原温泉、今朝は晴れ。
今日は日中晴れマークで夕方からくもり。
明日午前中には雨マークと一時雪マークが。
昨日は午後晴れて気温がぐんぐん上がりましたが、
今日も昨日に続いて気温が高めです。

さて、少し前に、シリーズでお伝えした冬の水鳥ウオッチング
ひとまずは終了したのですが、
その後も、2回ほど、近くまで用事が会った時に、
足を延ばして、羽田沼周辺をウオッチングしています。

やっぱり羽田沼で白鳥に会えないのは残念で

他の方の話で、お昼過ぎくらいに沢山いたという情報があり、
再びリベンジで行ってみた1回目。

午後1時くらいだったと思います。

この時は2羽
時間があれば、もっと粘ってみるのですが、
何しろ、いつも弾丸突撃なものですから、
2羽だけでも会えて良しとしましょう。

この日は、白鳥よりも、他の水鳥たちに夢中になりました。
水鳥たちが、陸に上がっているのが多く、
かなり近くで写真が撮れたのがラッキーでした。
近くで見る水鳥たち、実に表情豊か
そんなところを感じていただけたらと思います。

大好きなキンクロハジロも沢山いたし。

そんな写真を。
リベンジはその2に続きますよ〜。


DSCN9765












DSCN9767












DSCN9763












DSCN9759












DSCN9761












DSCN9760












DSCN9768












DSCN9771












DSCN9772












DSCN9777












DSCN9780












DSCN9782












DSCN9791












DSCN9785










2020年1月24日 08:57



塩原温泉、今朝は晴れ。
昨日は少し雨が降りました。
雪ではなく雨。やはり暖かいんですね。


冬の水鳥ウオッチング、
今日は地元も地元、
彩つむぎの少し上流にくるオシドリたちを

以前、100羽くらい来ていた頃と比べると、
数は激減しましたけれど、
それでも、毎年やってきます


先日はオスで10羽程度。
カルガモやコガモ、オナガカモと一緒に

間違いなく、世界で一番美しいカモだと思います。
ここはすぐ間近でオシドリを見ることができることで、
愛好家には、つとに知られている場所です。

今年は暖冬ですから、
ちょっとお散歩がてら、見に行ってみて下さい。


DSCN9833












DSCN9832












DSCN9835












DSCN9840












DSCN9867












DSCN9860
2020年1月20日 08:48



塩原温泉、今朝はくもり。
予報ではくもり後晴れ。
明日もそんな天気です。
雪も、雪の予報もありません。


さて、冬の水鳥ウオッチング。
段々塩原に近づいてきましたよ。

塩原エリアで最大の水がある場所・・・と言えば、
そう、ここがありました。

もみじ谷大吊橋がある塩原ダム湖
というわけで、こちらにも来てみました。

水面の面積では、この地域最大。
確かに水鳥たちもいるのですが、
大きさに比べたら、思ったほどではないような。

大きすぎて、いるのが見えないのかもしれませんが、
何箇所かに分かれて、カルガモなどが確認できました。

こちらで面白いのは、吊橋の上から水鳥たちを真下に見られること
木々に隠れていることも多く、探す楽しみも。

山の中から視界が開ける大吊橋とダム湖。
ゆっくりとお楽しみください。


DSCN9556












DSCN9559












DSCN9576












DSCN9560












DSCN9566












DSCN9570












DSCN9572












DSCN9571












DSCN9574












DSCN9586












DSCN9591
2020年1月19日 09:02



塩原温泉、今朝は晴れ。
風もなく穏やかな天気です。
水曜日までは、晴れの天気予報に。
雪が降る気配がない感じです。

さて、冬の水鳥ウオッチング
昨日紹介した戸田調整池。
昨日の昼前と昼後に通りましたが、12羽いましたよ。
午後4時頃にはいなかったそうなので、

お昼前後をねらうと良いみたいです。

戸田調整池に白鳥がいたことで、
そういえば・・・と思い出した場所がこちら。
それほど距離が離れていない、赤田調整池

西那須野塩原インター手前にある
那須野が原公園に隣接している場所です。

道路など地上から見ることはできませんが、
那須野が原公園サンサンタワーに登ると
全容が見えてきます。

5階の展望台に登ると、那須野が原全体や、
那須連山、八溝連山の山並みがよく見えます

戸田調整池よりも、かなり広い池です。
肉眼だと、鳥たちはただの点のようなので、
必ず、双眼鏡が必要になってきます。

数年前に来た時に、こちらに2羽の白鳥がいましたが、
この日は白鳥は確認できませんでした。

ただ、水鳥たちはいっぱい。
3階に野鳥観察室があり、望遠鏡を使って、
本格的なバードウオッチングが堪能できます

丸いレンズ越しの写真は、
望遠鏡のレンズにスマホを密着して撮影したものです。
塩原温泉の行き帰りに立ち寄ってみてはいかがでしょうか?
5階の展望台は有料(300円)ですが、
3階の野鳥観察室は無料です。


DSCN9617












DSCN9595












DSCN9599












DSCN9604












DSCN9603












DSCN9598












DSCN9602












DSCN9608












DSCN9609












FullSizeRender













DSCN9606












DSCN9605








2020年1月18日 09:12



塩原温泉、今朝はくもり。
関東地方、平野部など、
雪になる所がある予報でしたが、
ここでは雪は降りませんでした。

今日は一日くもり。
明日は晴れ後くもりの予報です。
気温は上がらないようです。


白鳥飛来地で白鳥に会えていなかったこの冬、
意外な場所で偶然に白鳥に会えるとは。

普通に市街地の道路を車で通った時、
遠くに白いものがちらっと目に入りました。

ひょっとして・・・と、
白いものが見えた場所を目指してみたら・・・。
やはり、白鳥でした

こちらは市内西那須野の国道4号線近くの田んぼで、
冬に水を張っている「冬水たんぼ」
水を張ることで、雑草を抑制し、
水鳥たちがやってくることで、
肥沃な土壌を作るのだそうです。

この日と、もう一度別の日にも行ってみましたが、
どちらの日にも、7羽、確認できました。
田んぼの縁まで近づいても、
白鳥たちは逃げることがなく、
かなり近くで、観察できる場所といえそうです。


DSCN9430












DSCN9425












DSCN9414












DSCN9426












DSCN9428












DSCN9424












DSCN9743
2020年1月17日 08:55



塩原温泉、今朝はくもり。
今日から明日日中までくもりの予報。
明日の夜から先は晴れマークになっています。
気温は低いけど、風がなくまずまずの天気です。
雪はありません。

さて、戸田調整池の水鳥についてもう一つ
初めて出会った鳥がいたので。

沢山の水鳥が、もうそれこそ、うじゃうじゃと群れている中、
たった1羽だけ離れていた鳥がいました。
見た目も他の鳥たちとは違っています。

カモより首が長いけど、白鳥ほどではなく。
頭の羽の形も特徴的で。

何の鳥かな〜と、調べてみてもはっきりと断定できず、
詳しい方にお聞きして、カンムリカイツブリとわかりました

写真で見ると、まるでネス湖のネッシーみたい
その後訪れた時には見かけていません。
また会えるといいなあ。


DSCN9052












DSCN9074












DSCN9081












DSCN9082












DSCN9086












DSCN9079












DSCN9065







2020年1月16日 09:28



塩原温泉、今朝は晴れ。
予報では雨のち曇りなんですが・・・。
昨日も午前中は予報がはずれました。今日も、かな。

さて、
思いがけず白鳥に出会った戸田調整池ですが、
普段から
水鳥たちの楽園です。

いつ行っても(多分年間を通して)、水鳥がいます
池の周囲にぐるりと並んで羽を休めているのが、
何ともほほえましいですし、池全体の風景も素敵です。

天気と時間によっては、水面に反射する光のきらめきや、
水面に写り込んだ真っ青な空と白い雲と一緒に、
鳥たちの姿を撮影することもできます。

この日は、
マガモ、コガモ、カワウなどに会えました。


DSCN9310












DSCN9315












DSCN9311












DSCN9318












DSCN9323










2020年1月15日 09:08



塩原温泉、今朝は雨。
雨です、雨。
雪でないところが、今年の暖冬を表しているような
今日は午前中雨からくもりですが、
午後から明日午前中にかけては晴れの予報。
少しずつお天気良くなってくるでしょうか。

さて、雪も融けたところで、
水鳥ウオッチングに戻ります。

この辺りの白鳥飛来地とされている、
大田原市の羽田沼や琵琶池で、
なかなか白鳥に会えないこの冬。

意外な場所で白鳥に会えました

塩原関谷から那須に向かう道路の途中にある
戸田調整池です。

こちらはよく通る道でもあり、
時々、ふと水鳥が見たくて、車を停めたりします。
この日もそんな感じで、車を停めて降りてみたら、
遠くのほうに白い人影ならぬ鳥影が・・・

ひょっとして?と思い、近くまで行ってみたら、
狙い通りに白鳥でした。

6羽
この冬、私がそれまで見て来た中では最も多い数字。
今まで何度も訪れてきた場所ですが、
ここで白鳥を見たのは初めてです。

その後何度か通るたびに車を降りてみました。
2回目の時は白鳥には出会えませんでしたが、
つい先日は10羽
増えてます!

今後も観察を続けていこうと思います。
戸田調整池は普段から水鳥がいっぱいいます。
その他の水鳥についてはまた明日あさってと。


最初に出会った時。

DSCN9054












DSCN9059












DSCN9056












DSCN9062












DSCN9063













先日再び会えた時。
DSCN9663












DSCN9668












DSCN9664












DSCN9661












DSCN9666












DSCN9669
2020年1月12日 09:01



塩原温泉、今朝はくもり。
現在、青空も見えているのですが、
日中くもり、朝と夕方に雪マークが出ました。
と言っても、現在も雪はありません。
夕方の雪はどうでしょうか。
明日は一日晴れマークです。

今日からしばらく水鳥ウオッチングを。

鬼怒川で白鳥に再会したものですから、
この地域の白鳥はどうかなと。

やはり最初に行くのは羽田沼
この辺りでは、最も知られている白鳥飛来地です。

那須塩原市から大田原市のほぼ市境
羽田パブリックというゴルフ場のすぐそばです。
位置的には大田原市になります。

すでに飛来しているらしいのですが、
この日は会えませんでした。
以前行っていた餌やりをやめたことで、
日中は周辺の田んぼなどへ行っているようです。
田んぼから帰る時間帯かなあと、
夕方前を狙いましたが、残念。

相変わらず、他の水鳥たちはいっぱい
私がわかる範囲では・・・
マガモ、カルガモ、オナガガモ、キンクロハジロなど
秋頃に行った時に、ダイサギが沢山止まっていた木に、
ダイサギの姿はなく、変わりにカワウがいっぱいでした。

白鳥にこだわらず、沢山の数と種類を狙うなら、
やはりこちら、かもしれません。


DSCN9349












DSCN9343












DSCN9340












DSCN9344












DSCN9352












DSCN9379












DSCN9380












DSCN9388












DSCN9373









2019年9月21日 08:49



塩原温泉、今朝はくもり。
今日から秋分の日の三連休です。
お天気は今日も明日も午後に雨予報。
今日はパラパラな感じですが、
明日の午後は本降りになるでしょうか。
連休3日めの秋分の日はくもり時々雨となっています。


アケボノソウが見頃の塩原大沼
車で15分で行ける、私の癒しスポット

木道の工事が続いていて、
中央の橋はまだ通れませんが、
奥のデッキへと進む木道は通ることができました。
ここのところ、雨も降っていたので、
途中から水に浸かっていたものの、
長靴で歩けば支障なく、奥のデッキまで。

せっかくなので、沼の周囲もぐるりとしてみました。
今日はアケボノソウ以外の花などを。


ミズオトギリ、アキノウナギツカミなどの花が

すでにミズオトギリの葉は赤く紅葉しています。
小さなかわいい茸がいっぱい

オオルリボシヤンマと思われる
美しくて大型のトンボの産卵シーンも見られました。

最後の写真は奥のほうで発見。
シカの頭骨でしょうか。
歯がきっちりと並んでいたのが印象的。

自然の厳しさを垣間見たようでした。



DSCN0081












DSCN0086












DSCN0091












DSCN0092












DSCN0043












DSCN0069












DSCN0079












DSCN0067












P9132034












P9132033












DSCN0088












P9132029












P9132031












P9132032












P9132037












P9132024












DSCN0076












DSCN0048












DSCN0084







2019年9月10日 09:12



塩原温泉、今朝は晴れ。
快晴です。

二日にわたって行われた塩原温泉まつりが終わりました。
台風15号も去っていきました。
台風一過の青空
昨日の夕方も珍しいほどの夕焼けが見られました。
今日も8月よりも暑くなるのではと思うほど、良い天気です。

昨日からミンミンゼミが再び鳴いているのですが、
目の前の箒川には、
無数のトンボが舞っています
8月上旬だったか、
那須ロープウェイに乗った時に、
山頂におびただしい数のトンボがいて驚いたのですが、
トンボは里で羽化したものが、
暑さを逃れて、標高が高い場所に一度上がり、
そして、秋の訪れと共に、
再び山から里へと下りていくのだそうです


確かに、箒川に無数のトンボが舞う光景は
7月頃にも見られたように記憶しています。
一度山に上がり、また下って行くトンボ達でしょうか
以前調査したことがあったそうで、
塩原のトンボ達は東京まで飛んで行ったりもするようです。


朝日の光にキラキラと光って、とてもきれいです
2枚目の写真の白い小さな点々が、全てトンボです。

今日日中は晴れですが、夜から雨マーク。
そして、明日あさってとくもりの予報で、
三連休の週末は晴れ予報
お日にちによってはキャンセルなども出ていますので、
お電話(☎0287-31-1150)にてお問合せ下さい。

追記・・・・・・・・・・・・・・
台風15号の被害に遭われた地域の皆様にお見舞い申し上げます。
塩原温泉もちょうど4年前の今日、大きな水害がありました。
今回広範囲で停電が続いているとのこと。
少しでも早く復旧しますように。。。


DSCN0017












DSCN0027












DSCN0014












DSCN0013
2019年9月 8日 09:36



塩原温泉、晴れています。
きれいな青空です。

台風15号が接近しておりますが、
こちらで雨が降るのは、
今日の夜から明日の朝まで
夜中が心配になりますが、
今日明日の温泉まつりは予定どおりとなります。

塩原温泉にお越しになる場合は通行規制にお気をつけ下さい。
通行規制箇所にて警備の方に、
「彩つむぎに行きます」と一言お伝えください

さて、今日は昆虫の話題を。

お盆前だったと思います。
ドライフラワーにとフェンネルを頂いたのですが、
毎日雨が降ったりで湿気が高く、
フェンネルにはカビが生えてきてしまったので、
処分しようとしたところ、
2匹のキアゲハの幼虫がくっついていました

急ぎ、食草となる葉(セリ科の植物)を採ってきて、
寄生蜂や蜘蛛にやられないように、
ビニールで覆って、ずっと飼育をしてきました
寄生蜂にやられると、
サナギになって、やっと羽化する段階で、
出てきたのが蜂だったということもあります。

無事に8/28にサナギに
そして、11日後の今朝、きれいな蝶になりました
ずっと見守ってきたので、感無量です。

今朝はまだ袋をかけたまま、玄関に。
お客様がお帰りになったら、袋を外して、空に放ちます。

そして、実は・・・
食草のために採ってきたシシウドの花に、
卵が付いていたようで、
もう1匹、別の幼虫を飼育中。
まだ第2齢幼虫です。
もう少し飼育は続きます・・・

段々と成長していく様子を写真で。


P8221543












P8261599












P8271602












P9081869












P9081867












P9081929












P9091937












P9091964
2019年8月20日 08:50



塩原温泉、今朝はくもり。
先程まで小雨が降っていました。
今日はくもりで夕方少し雨マーク。
気温が低くなっていて、一枚羽織っています。
今日の最高気温は何と25度。
暑さももう終わりかけでしょうか。


さて、彩つむぎのラウンジダイニング、
大きなガラス窓で、とても眺めが良いのですが、
先日、朝食の後、
ラウンジの大きな窓に、
間違ってぶつかってきた鳥がいました


しばらく動けないようで、じっとしています。
見てみると、雛のようです
頭やからだにぽわぽわの、羽毛がまだ残っていて、
とてもかわいい鳥です。


以前にもおなじようにぶつかってきた鳥は、
即死状態だった(トラツグミでした)ので、
今回も皆で心配していましたが、
その内、ピーと一声鳴いたかと思ったら、
無事に空へと飛んでいきました


見慣れない鳥だったので、
何と言う鳥なんだろうと、
調べてみたり、聞いたりしたところ、

オオルリの雛だと判明

オオルリは栃木県の県の鳥で、
オスが真っ青で大変美しい鳥です。
今まで何度か見かけたことはありましたが、
それは大沼だったり、八方道路だったりの山の中で、
彩つむぎの周辺では一度も見たことはありません。

でも、こうして雛がいるということは、
親鳥もどこか近くにいるわけで
・・・。
その内、会えるかもしれません。
楽しみが一つ増えました。
それにしてもかわいかったなあ。



67931036_2367887629968206_6032410704013688832_n
2019年8月13日 08:43



塩原温泉、今朝は晴れ。
予報では昨日と同じように
一日くもりとなっていますが、
昨日も日中晴れていました。
今日もそんな天気になるのでしょうか。
明日の昼間に少し雨マークが出ています。


さて、博物館企画展の話題をもう一つ。

地元の那須野が原博物館
『昆虫創世記』展を開催しています。

毎年夏休みには昆虫か恐竜の企画展が来ています。
今年は昆虫なのか・・・と見に行ってみましたが、
これが、確かに昆虫なのですが、昆虫だけじゃないのです

太古の昔からの昆虫の進化の過程

地球に生命体が登場し、海中に脊椎動物が生まれ、
陸に上がり、昆虫となり・・・
という、その過程を掘り下げていて、
その展示の内容も、化石が沢山

地元、塩原の木の葉化石園で見つかった、
昆虫化石も色々出展されています。

もちろん、お子さんの夏休みの自由研究にもってこいですが、
大人にとっても、非常に見ごたえがある企画展です。
私は化石もさることながら、
時代ごとに描かれた絵が気に入っています。
いつの時代も、これからも、
こんな風に昆虫たちが謳歌できるといいなあと思いました。


那須野が原博物館は、塩原から車で25分程。
那須野が原の開拓の歴史や、地元の芸術館の作品なども。


DSCN8478












DSCN8479












DSCN8489












DSCN8491












DSCN8498












DSCN8552












DSCN8502












DSCN8506












DSCN8507












DSCN8515












DSCN8516












DSCN8525












DSCN8551












DSCN8558












DSCN8534












DSCN8530












DSCN8531












DSCN8496












DSCN8497












DSCN8503












DSCN8509












DSCN8518












DSCN8523







2019年6月25日 08:48



塩原温泉、今朝は晴れました!
久しぶりに朝から快晴です。
今日明日とお天気良さそうです。
貴重な梅雨の晴れ間、有効に使いたいですね。


さて、6月も下旬になり、
ホタルが飛ぶ季節になっています。
ここのところ、雨の日も多く、
気温もあまり高くならないので、
それほど飛んでいないのかなと思っていましたが、
雨が降っているような日でも、
現在ゲンジボタル
20〜30匹くらいは見られるようです

以前は彩つむぎ周辺や敷地内にも。
ラッキーな方はお部屋から見られたり。

ここ数年、敷地内では見ることがなく、
どうしても車で数分の場所に、
見に行っていただくようになります。
夕食後のお時間がベストかと思います。

見に行かれる場合は、場所をお教えしますので、
お気軽にスタッフまでお声をかけて下さい


P6250819
2019年6月22日 08:46


「13匹のカエルと5匹のサンショウウオ」展

塩原温泉、今朝はくもり。
昨夜はゲリラ豪雨のような雨になりましたが、先程まで小雨。
今は上がっています。
今日は一日くもりの予報となっています。


さて、大沼でモリアオガエルの卵塊などに出会った日の前日、
実は、那須野が原博物館で、
こんな企画展を見てきました。

「13匹のカエルと5匹のサンショウウオ」展

名前からして、生き物好きにはたまりません。
栃木県にいるカエルは13種類、
そしてサンショウウオは5種類、
いるのだそうです。
沢山、いるんですね。

実際に見たことがあるのは半分くらいでしょうか。
博物館に入ってすぐのエントランスに、
沢山の飼育ケースがずらりと並んでいます。

まだ見たことがないカエルやサンショウウオ。
そこだけで、半日くらいとどまっていられそうですが(笑)、
中に入ってみると、
ホルマリン漬け標本や骨格標本、
写真やフィギュアなどで、多角的に、それぞれを説明


こちらもじっくり見たら、半日いられそう(笑)。
時間がなくて、さらっと見学でしたが、
本当に楽しい企画展になっています。
今月いっぱいまでなので、興味がある方はお急ぎ下さい。
月曜は休館。
那須野が原博物館は車で25分くらいです。


DSCN6955












DSCN6970












DSCN6969












DSCN6963












DSCN6981












DSCN6986












DSCN6982












DSCN6998












DSCN6997












DSCN6992












DSCN6991












DSCN7000
2019年6月21日 09:00



塩原温泉、今朝はくもり。
予報では、この時間雨予報なのですが、
日の光が差し込むくらいの明るいくもり空。
日中はくもり予報。
夜に少し雨が降るようです。


さて、塩原大沼のことをもう少し
エゾハルゼミ、モリアオガエルと書きましたが、
実は、他にも色々な生き物たちに出会ってきました。

DSCN7117今回の一番の収穫はこれ。
クロサンショウウオかと
思ったのですが、
この時期、
クロサンショウウオ
は陸に上がっていることが
多いらしく、
イモリかもしれません。
どちらにしろ、
私が大沼で見たのは初めて。



DSCN7121オゼイトトンボかな。
もしかしたらエゾイトトンボ。











DSCN7068コサナエだと思います。












DSCN7026シオヤトンボ(♀)だと思います。












DSCN7140初めて見ました。
ヨツボシヒラタシデムシ











DSCN7108マルタニシだと思われます。












DSCN7097
2019年6月20日 08:40



塩原温泉、今朝はくもり。
昨日は夕方ゲリラ豪雨になりました。
今日は雨も上がって、日中は少し晴れそう。
夜は雨マークになっています。

さて、塩原大沼の話題をさらに。

春から初夏へと季節が移ろう頃、
山に入ると、周りが大変賑やかです。

ヒグラシのような鳴き声、
それもうるさい程の大音量で


エゾハルゼミの大合唱です。

木道工事を見に行った大沼。
雨が降る天気で、そういう時にはさっぱり声がしません。
雨の日、セミ達はどうしてるんだろうと思ったら、
いました、いました。

木道の上にちょこんと、雨粒の水滴をまとって。
生き物達も大変です。

昨日、セミ成虫の寿命は、
よく言う1週間という定説ほどには短くなくて、
1か月以上生きる個体もいるということを
高校生が明らかにしたというニュースが流れてきましたが、
エゾハルゼミの大合唱もけっこう長く、
初夏の1か月半〜2か月ほど
この賑やかさが続きます。


DSCN6214












DSCN6217












DSCN6218












DSCN6222
2019年5月29日 08:59



塩原温泉、今朝はくもり。
昨日の夜には雨が降りました。
雨は上がっていますが、気温がぐっと下がり、
連日の暑さから比べるとかなり涼しく感じます。

数日前には、連日暑い日が続いて、
早くも初夏のような塩原温泉でした
あまりに暑いので、涼を求めて大沼へ
そろそろズミの花が咲いているかなとも思って。

すでに満開になっていてびっくり。
花が散っている木もありました。
いつもより早いと思います。

周辺はエゾハルゼミの大合唱です。
春(と言っても5〜6月)にヒグラシのような声で鳴く小さなセミ。

抜け殻があちこちに。
トンボも飛んで。
水の中には沢山のおたまじゃくし。
モリアオガエル(メス)の姿も。

そうそう、向かう途中の道で
サルの群れに遭遇。
まだ小さな
子ザルの写真が撮れました。
乳離れしたばかりでしょうか。
自力で木を伝っていました。


植物も生物もいきいきとする季節になってきました。
撮影は5月27日です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このブログを投稿した後に観光協会からメール。
大沼の真ん中の橋周辺のみですが、
6/5〜12/20の期間、工事をするとかで、通行止めになります。
一部区間になるのですが、
橋が渡れないとなると、気軽に奥まで行けなくなります。
沼の周囲一周することは可能なようです。
実際に工事が始まったら確認してきます。


DSCN9312












DSCN9336












DSCN9327












DSCN9338












DSCN9347












DSCN9343












DSCN9344












DSCN9369












DSCN9361












DSCN9283












DSCN9346












DSCN9350












DSCN9322













DSCN9294












DSCN9269
2019年2月26日 08:45



塩原温泉、今朝は晴れ。
今日はコートも着ないで出社。
暖かいです。
明日の午前中までは晴れマーク。
その後、少しお天気崩れてくるようです。
観測史上初めてという2月の大型台風の影響でしょうか。


少しずつ春が近づいていることを感じます。
春が近づくと、この鳥たちともお別れ。

今年も白鳥を見ることができました
大体毎年見に行く、大田原市の羽田沼と琵琶池
そして、塩谷町船場の白鳥たちです。

羽田沼と琵琶池では、訪れた時間帯が悪かったのか、
それぞれ1羽と2羽だけ。
塩谷町船場は、ちょうど夕方通りかかった時に、
沢山いるのが見えて、写真に収めることができました。

餌やりが問題になっていたりしますが、
今年も出会えたことは素直にうれしく


無事に北の地に帰れますように。

DSCN6295大田原市羽田沼で。
那須塩原市との市境辺り。
今年もカモがいっぱい。









DSCN6279












DSCN6294













DSCN7021大田原市琵琶池で。
カモはほとんどいませんでした。











DSCN7006












DSCN7005













DSCN6252塩谷町船場で。












DSCN6262












DSCN6255












DSCN6251












DSCN6256












DSCN6253












DSCN6265
2019年2月19日 09:19



塩原温泉、今朝はくもり。
今日から明日にかけて、
今年一番大きく見える月、
スーパームーンだそうですが、
あいにく、くもり又は雨の予報。
残念ながらスーパームーンは見られない確率が高そうです。

さて、先日、塩原温泉ビジターセンター主催の
スノーシューツアー
に参加した時に、
こんな小冊子をいただきました。

持ち運びできるようにポケットサイズ。
この中に、冬の自然観察の色々が詰め込まれています。

特に冬のメインとなる動物達の足跡を観察する
アニマルトラッキング

なかなか、これが難しいのですが、
こういうガイドブックがあると力強いですね。

先日のブログにあげた写真の足跡と比べてみましょう。

P2150606いきなり二つの足跡。
左側はウサギ、右側はテンのようです。











P2150609これも入り乱れてますが、
ほとんどテンのようです。











P2150622これも左右揃っているからテンでしょうか。












P2150623わっ、これは難しい。。。
引きずったような足跡。











P2150625これもテンだそうです。
一度ちょっと後ろに下がって
また前を向いて、みたいな
かわいい足跡が。








P2150632ノウサギでしょうか。












P2150661これはシカだそうです。
ここはシカが好きなルート。











P2150658典型的なウサギの足跡。












P2150659ウサギと並んでいるのは
深いのでシカでしょうか。











DSCN7266













DSCN7268












DSCN7269












DSCN7270









2019年1月23日 09:16



塩原温泉、今朝は晴れ。
きれいな青空が広がっています。
なのですが、予報の雪マークは消えていません。
今日明日と雪予報が出ています。
この後天気が崩れてくるのでしょうか。
車は冬用タイヤが安心です。


さて、昨日の雪情報があったので、
一日遅れで
冬の大沼の続きです。

冬、雪に覆われた大沼は、
ただ、雪景色を楽しむだけでなく、
他にも色々なお楽しみがあります。

その一つが動物達の足跡探し
色々な動物達が生息しているはずの大沼。

普段はなかなかその姿にお目にかかれませんが、
冬になると、雪の上の足跡で、
盛んに大沼を行き来していて、
どこから来て、どこへ向かっているのか。
雪がない季節には全く見えない、
そんな行動パターンがわかります


最も簡単に種類がわかるのがノウサギ
特徴的な足跡をつけます。
ちょっと深めで、わさわさとつながっているのは、カでしょうか。
蹄が二つに分かれているのはカモシカ
他のものはちょっと私には難しいのですが、
タヌキ、キツネ、イタチ、テン、リスなどがいると思います。


色々想像しながら歩くのは、本当に楽しいですよ。


DSCN0042












DSCN0043












DSCN0052












DSCN0065












DSCN0080












DSCN0081












DSCN0101












DSCN0107












DSCN0108








2019年1月19日 09:00


塩原温泉、今朝は晴れ。
昨日から風が冷たく、
体感温度は低くなっていますが、
雪予報も消えて、まずまずの週末の天気ではないでしょうか。

さて、冬になると気になるオシドリ
彩つむぎの目の前を流れる箒川は、
水鳥たちが羽を休める場所でもあり、
一年を通してカモなどが見られます


中でも、冬のオシドリは、
遠くからも写真や、野鳥の好きな方がやってきます。

先日はまだ20羽といったところでしょうか。
これからもっと数が増えてくるといいですね。

他に、カルガモ、オナガガモ、マガモなども
写真は彩つむぎの少し上流、
塩湧橋の上から撮ったものですが、
彩つむぎの前にいることもあります。
冬の楽しみの一つに

DSCN5900












DSCN5897












DSCN5901












DSCN5909












DSCN5895
2018年8月 5日 09:14



塩原温泉、今朝は晴れ。
今日も暑くなりそうです。

ここ数日、また暑さが戻っています。
晴れの日が続くと・・・
トンボとセミが沢山

毎晩どこかでセミが羽化しているようですし、
前を流れる箒川の上を、
無数のトンボがキラキラと飛んでいます

昆虫好きなお子さんだったら、
大喜びする光景ではないでしょうか。
昆虫好きな私も大喜びしてます(笑)。
テラスの木陰でのんびりと眺めるのも楽しいです。

田舎ならでは、渓谷ならではの風景
どうぞ素敵な夏休みを塩原温泉でお過ごしください!


P8010373













DSCN3704













DSCN3700













DSCN3708













DSCN3710













DSCN3711
2018年6月25日 08:45



塩原温泉、今朝は晴れ。
快晴です。
何となく湿ってはいますが、風もあり爽やかです。
今日の日中は全国的に気温が上がってくるようです。

さて、6月もそろそろ終わりに近づいています。
以前、6月から7月にかけては、
毎年敷地内でもホタルが見ることができました。


しかし、数年前に大雨があって以来、
敷地内だけでなく、塩原全体で、
ホタルの数が少なくなってしまったように思います


ホタルスポットに見に行っても、せいぜいが10匹程度。
とてもお客様にご案内できるレベルではありませんでした。


ところが、今年は少し数が増えているのです
少し前に見に行った場所では、30匹くらい飛んでいました。
久しぶりに、ホタルがお互いに反応しながらの点滅を見ました。

そして、昨夜、別の場所2ヶ所に行ったところ、
それぞれ
2〜30匹くらいが
いずれもゲンジボタルになります。

このくらいなら、お客様にご案内しても良さそうです。
ただ、大変申し訳ありませんが、

個別に車で行っていただくので、
運転する方がお酒を飲んでいないことが条件になります。
歩いて行ける近くのスポットには数匹程度でした。

もし、行ってみたいという方は、おっしゃってください。
見られる場所、車を停める場所をお教えいたします。


この様子だと、少し後になるヘイケボタルも期待できるかも。
敷地内にも飛んでこないかな。

写真、がんばって撮りましたが、
やはりホタルの撮影は難しいです。
実際はもっと沢山飛んでますので。
今日の天気はホタルが好きそうな天気。
また行けたら行ってみようと思います。


ホタル













ホタル













ホタル













ホタル













ホタル













ホタル
2018年6月24日 08:49



塩原温泉、今朝は晴れ。
気持ちいい青空が広がっています。
今日明日は晴れマークが並んでいます。


現在塩原大沼では、生き物も色々
大沼に入ってすぐ辺りの木を仰ぎ見ると、
ソフトボールくらいの大きさの、
メレンゲのような、スポンジのような、
かたまりがいくつも。

モリアオガエルの卵塊です。
このふわふわの中で卵から孵化して、
沼へと落ちていきます。

そして、木道を進んで行くと、
蝶やら、トンボやら
水の中には
フナやドジョウがいっぱい。

いつ行っても楽しい大沼です。

DSCN9824モリアオガエルの卵塊。












ヒオドシチョウヒオドシチョウ。












ヤマキマダラヒカゲヤマキマダラヒカゲ。
獣糞が大好き。(何の獣糞かは不明)











コサナエコサナエ。
写真だと大きく見えますが、
5センチくらいしかありません。










エゾイトトンボエゾイトトンボの産卵。












エゾイトトンボ













ドジョウドジョウが沢山いるのがよくわかりました。
それだけ水の透明度が高かったです。





2018年3月 4日 08:53



塩原温泉、今朝は晴れ。
昨日と同様に、今日も晴れて気温が上がってくるようです。

花粉が飛んでいます。
花粉症の方は(私もですが)対策しっかり必要だと思います。

さて、先日、
久しぶりにサルを間近で撮影しました

今年の冬も、サルは近くまで、
何度か、彩つむぎの敷地内にも
来ていました。
ただあまり写真を撮る機会がありませんでした。

これは七ツ岩つり橋を渡った対岸、
ビジターセンターの前の道路を群れで歩いているところ。
ちょうど親子並んだ写真が撮れました。
ポーズがシンクロ。
微笑ましいですね。

塩原のサルは人を威嚇するとか、
観光客の方の荷物を取るなどの報告はあまり聞きませんが、
子ザルなどかわいくても、やはり野生の生き物

目を合わさないようになどと言われます。
近づかないにこしたことはないと思います。
遠くからそっと、が良いようです。

道路にたむろしていることもあり、
中には慌てて飛び出してくるのもいますから、
運転の時にはご注意ください

DSCN2114
2018年1月18日 09:03



塩原温泉、今朝は晴れ。
昨日は結局夜まで雨。
雨は夜中に止み、今朝は晴れて比較的暖かです。


水がある所に水鳥あり
水がある所といえば、そういえば、もみじ谷大吊橋。

もみじ谷大吊橋にも水鳥たちが来ているのでは?と思ったら、やはり。
カルガモが沢山来ています

ちょうど吊橋が始まる、ダム湖のほとりの木々の間が、
外敵から見えなくて、都合が良いのか、木々の間に。
よく目をこらすと、随分沢山いるようです。

久しぶりに、もみじ谷大吊橋を渡ってみましたが、
冬のダム湖、山が写り込んできれいですね。
今度は雪が降ったら、写真を撮りに行ってみようと思います。

もみじ谷大吊橋













もみじ谷大吊橋













もみじ谷大吊橋













もみじ谷大吊橋













もみじ谷大吊橋













もみじ谷大吊橋













もみじ谷大吊橋













もみじ谷大吊橋













もみじ谷大吊橋













もみじ谷大吊橋













もみじ谷大吊橋













もみじ谷大吊橋













もみじ谷大吊橋
2018年1月16日 08:50



塩原温泉、今朝は晴れ。
何だか暖かいです。
暖かいといっても、きっと2〜3度くらい?と思ったら、
外気温10度もあります。
暖かいわけです。
毎日氷点下5〜10度くらいの朝が続いていたので、
ことの他暖かく感じる朝です。


さて、白鳥飛来地だけでなく、
他にも、水鳥が見られる場所を、

続けて紹介していきたいと思います。

こちらは戸田調整池
塩原関谷から那須へと向かう街道筋
戸田交差点より少し手前。

大きな池ですので、目を引きます。
那須野が原の灌漑用水池として、
農業用水の安定供給に一役買っている
池。
小水力発電もされているというから驚きです。

手前がちょっとした公園になっていて、
いつ通っても、車が停まっており、
仕事の合間にひと休みしている方も多く見受けられます。

車を停めないと、水鳥たちを見ることはできません。
フェンスから見下ろすと、沢山のカモたち。
白鳥が来ることもあるのでしょうか。

春に、桜がとてもきれい
秋には学生のトライアスロン大会で、水泳の場所に使われます。
ここでボートに乗れたら良いのになあと思うのは私だけ?


戸田貯水池













戸田貯水池













戸田貯水池













戸田貯水池
2018年1月15日 08:46



塩原温泉、今朝は少しくもり。
今日も寒い朝でした。
ここのところ今までにない冷え込みが続いているような。
どうぞ暖かくしてお越し下さい。


さて、近在の白鳥飛来地として紹介した
羽田沼、琵琶池。
共に塩原からは車で40分弱くらいの場所です。

もっと近い場所があることを忘れていました。
塩原から車で15分
西那須野塩原インターすぐ手前にある那須野が原公園
隣接している赤田調整池

前にこちらで白鳥を見たことを思い出しました。
とは言っても、赤田調整池は、自由に入ることはできません。
那須野が原公園のサンサンタワーから見ます。

サンサンタワーの5階からの展望は360度の絶景
です。
那須連山、宇都宮アルプス、筑波山一望
赤田調整池も全貌が見えます。
広い池に胡麻粒をぶちまけたかのように、
一体何羽いるんでしょう。
沢山の水鳥たちが、思い思いに

確認できたのは、コガモ、カルガモ、カワアイサなど。
白鳥も3羽来ていました。

タワーの3階は野鳥観察フロアになっていて、
望遠鏡を使って、野鳥観察ができます。
こちらは穴場ですよ。
お散歩がてら、バードウオッチングを

DSCN0108













赤田調整池













赤田調整池













赤田調整池













赤田調整池













赤田調整池













赤田調整池













赤田調整池













赤田調整池













赤田調整池













赤田調整池













赤田調整池













赤田調整池













赤田調整池
2018年1月14日 08:45



塩原温泉、よく晴れています。
昨夜少し雪が降りましたが、ぱらぱらで終わりました。
夜はすばらしい星空でした。


さて、昨日に続いて、白鳥が飛来する場所を紹介します。
こちらは大田原市の琵琶池
那須与一の里、佐久山の近く。
ゴルフ場に近い、静かな山の中です。

羽田沼ほど知られていず、
餌付けする人もいないようなので、
それほどの数は来ていないかもしれません。

私が行った時には2羽
そして、ここにも沢山のオナガナモが。

ちょうど夕暮れのタイミングでしたが、
とても美しい光景でした。


琵琶池













琵琶池













琵琶池













琵琶池













琵琶池













琵琶池













琵琶池













琵琶池
2018年1月13日 09:12



塩原温泉、今朝は晴れ。
日本海側、北日本に強い寒波。
塩原も寒いです。
でもまだ雪にはなっていません。
雪、降りませんように・・・


さて、オシドリに限らず、
冬は色々な水鳥を見ることができる季節です。
いくつか水鳥が見られる場所の情報をまとめて行きたいと思います。


まず、オシドリに負けず劣らず人気の白鳥。
塩原箒川以外の近在の場所でも、

白鳥が見られる所も何箇所かあります。

最も有名なのは、那須塩原市と大田原市の市境、
羽田沼ではないかと思います。

餌付けが問題になり、
以前ほどの数は来ていないかもしれませんが、
私が行った時には、6羽、見ることができました

時間帯によって、近くの田んぼにいることもあります。
最近はそちらの方が多いとも聞いています。

でも、こちらの楽しみは(あくまでも私にとって)は、
沢山の種類の水鳥に会えること
オナガガモ、キンクロハジロ、カルガモ、コガモ、マガモ・・・
この日、わかっただけで5種類、
もっと多かったかもしれません。

沼のほとりに、水鳥を区別した写真パネルがあるので、
写真と比べて見るのも楽しいです。


羽田沼













羽田沼













羽田沼













羽田沼]













羽田沼













羽田沼













羽田沼













羽田沼













羽田沼













羽田沼













羽田沼













羽田沼













羽田沼













羽田沼
2018年1月12日 08:56



塩原温泉、今朝は晴れ。
空気は冷たいのですが、
風もなく、穏やかな一日になりそうです。
今のところ、道路に雪はありません。


さて、この時期、「オシドリ、来ていますか?」という
お問合せをいただくことがあります。

彩つむぎの目の前を流れる箒川は
冬になると、オシドリが来る場所として知られています。

以前、100羽ほどいたような時期もありましたが、
ここ数年は数があまり多くないようです
それでも、今年も来ています。

先日見に行ってみたら、10数羽といったところでした。
自然環境の変化と人的環境の変化もありますが、
こうやって、来てくれることは本当にありがたいです。
ここは、気軽にオシドリを間近で見られる
全国的にも貴重な場所なのだそうです。

いつまでも来てくれますように


オシドリ













オシドリ













オシドリ













オシドリ













オシドリ













オシドリ













オシドリ













オシドリ
2017年9月 5日 08:41



塩原温泉、今朝は晴れました。
風もなく、今日は最高の山日和、トレッキング日和ではないでしょうか。

そんなわけで、木道工事中の大沼とヨシ沼。
工事中でも歩けます。
大沼は真ん中の橋から奥半分だけですが。

それでも、秋の爽やかな空気の中、
少し、緑がくすんできた秋らしい景色の大沼は、
変わりなく、気持ちがいいものです。

逆に、普段は歩かない奥の半分を歩くことで、
いつもと違う大沼を楽しめたような

特にアオサギが飛来していたのに、びっくり
今まで何度も足を運んでいるけれど、
ここでアオサギを見たのは初めてです。
それが良いことなのか、悪いことなのかは別として。

カンボクの実が赤く色づき始めていました。
木道工事が完成すれば、アケボノソウも見られると思います。
トンボはルリボシヤンマ、
白い花と昆虫はヌマトラノオヒメジュウジナガカメムシ
です

秋の大沼













秋の大沼













初秋の大沼













秋の大沼













秋の大沼













秋の大沼













大沼工事中













DSCN8730













秋の大沼













秋の大沼













秋の大沼













秋の大沼













秋の大沼







2017年8月15日 08:52



塩原温泉、終戦記念日の今朝は雨。
毎年、終戦記念日は猛暑のイメージですが、
今年の夏はどこに行ってしまったんでしょう

連日雨。通常、朝から昼過ぎまでは晴れて猛暑になり、
夕方に夕立というのが、毎年の8月のパターン。
ところが、今年は青空すら見える時がなくて。。。
お盆期間ずっと雨というのも珍しいです。
少しでもお天気回復しますように!

さて、ゆりパークの続きです。

ゆりパークに行くと、沢山の昆虫に会えます。
特に蝶、それもアサギマダラに。

アサギマダラは「旅する蝶」と言われ、
長い距離を移動することで知られています。
海を越え、山を越え。

どこから来て、どこに行くのか、
そこまではわかりませんが、
毎年、必ず塩原のどこかで出会っています。

というのも、塩原に多い、
ヒヨドリソウ、ヨツバヒヨドリが大好きだから
ハンターマウンテンゆりパークには、
これらの花が沢山咲きますので、
それを目当てに、アサギマダラが集まってきます。

はっきりとした模様と色が美しい大型の蝶
白く見えている部分は実はほんのり水色です。

ゆっくりひらひらと優雅に飛ぶので、
とても目立ちます。

ゆりパークで昆虫を追いかけているのは、
いつも自分くらいなのですが(笑)、
今回はアサギマダラの乱舞に、
沢山の方が気づかれて、写真を撮っていました


一度見ると虜になります。
花だけでなく、蝶も探してみて下さい。


ゆりパーク2017.8.13













ゆりパーク2017.8.13













ゆりパーク2017.8.13













ゆりパーク2017.8.13





2017年6月19日 08:56



塩原温泉、けさはくもり。
風もあり過ごしやすく爽やかです。

昨日の続きです。
塩原大沼で、
また今回も素晴らしい風景に出会えました
沼の水鏡に、緑と、カモ
多分、
カルガモだと思います。

このところ、大沼に行くと、いつもいるカモ。
いつも2羽。

沼の水から出た岩の上に仲良く並び、
羽づくろいをしているのですが、
その
シンクロぶりが完璧過ぎて、笑えるほど。

しかも、バックの水鏡に写り込んだ緑がすばらしく美しくて。
しばし、言葉もなく、見入ってしまいました。
二羽のシンクロナイズド羽づくろい
どうぞご覧ください!


毛づくろい













カモの毛づくろい













カモの毛づくろい













カモの毛づくろい













カモの毛づくろい













カモの毛づくろい













カモの毛づくろい








2017年6月18日 08:47



塩原温泉、今朝はくもり。
少し肌寒くなっています。
今週はくもりがちの天気の日が多そうです。


四季の移ろいを感じたくて、
定期的に足を運んでいる、塩原大沼

先日訪れてみたら、モリアオガエルの産卵が始まっていました。
沼の手前でも鳴き声がよく聞こえています。
モリアオガエルの産卵が始まると、
塩原も春から初夏にという感じがします。

トンボも飛び始めています
この日は、シオヤトンボコサナエ(だと思う)を確認できました。
生まれて初めてドジョウが泳いでいるのを見ましたし、
ガサガサという音は小動物。
ノウサギか、テンか何かでしょうか。
じっと目をこらしてみましたが、確認はできず。

花では、カマツカが満開、
カンボクが咲き始め
バイケイソウはもう少しというところでした。
バイケイソウが咲く頃、また見に行きたいと思います。

DSCN3339














モリアオガエルの卵塊モリアオガエルの卵塊













モリアオガエルの卵塊













シオヤトンボシオヤトンボ(♂)













コサナエコサナエ(だと思う)













ホオジロホオジロ













ホオジロ













ドジョウドジョウ(シマドジョウ?)













ミヤマツノカメムシミヤマツノカメムシ













シロシタホタルガシロシタホタルガの幼虫













カマツカカマツカ













カンボクカンボク














カンボク
2017年6月 7日 09:04



塩原温泉、今朝はくもり。
お天気少し下り坂。
九州で梅雨入りしたそうですので、そろそろかもしれません。


春先から、鳥の鳴き声がよく聞こえるようになっています。
色々な野鳥が来ますが、その一つに
キセキレイがいます。

この春は、キセキレイが彩つむぎの建物に巣を作り、
雛が孵って、先日、巣立っていきました

雛の子育ての真っ最中は、人の姿が見えると、
警戒のために鳴くことが多くなるようでした。
その当時の写真です。
横から覗いてみたら、カワイイ雛が見えてますね。

その内、いつの間にか、巣立っていなくなって
意外と早かったかもしれません。
最後の写真は取り除いた巣。
きれいに作ってありました。

親鳥、子供共に、建物の周りによくいるようです。
姿も鳴き声も美しいですよ。
ぜひ探してみて下さい。



キセキレイ













キセキレイ













キセキレイ













キセキレイ













キセキレイの巣
2017年5月 2日 09:58



塩原温泉、今朝は晴れ。
文句なしの快晴。
昨日は一雨ありましたが、
今日から連休後半、ずっとお天気良いようです。

毎年この時期になると気になることがあります。
大沼やヨシ沼に生息する
アズマヒキガエルの蛙合戦

冬眠から覚めて、
子孫を残すために、
オスがメスを巡っての争奪戦を展開します。

どこにこんな沢山の蛙がいたんだろう?
と言うくらいに、
あっちからも、こっちからも集まって、
だんご状態になっています。

初めて見た時には、それはもうびっくり
でも、それからは、毎年、そろそろ始まったかなと
産卵、そしてオタマジャクシまで
折を見て足を運ぶようにしています。

今年は春先になっても寒い日が続き、
花の開花が1週間から10日ほど遅れています。
蛙も同じかもしれません。

一週間ほど前に下見に行った時、

大沼で2〜30匹ほど現れていましたが、
肝心のヨシ沼ではまだ。


そして、また昨日見てきました。
昨日は私のブログを見て、ご連絡いただいた
大学の先生と一緒に
どうしても蛙合戦そのものを画像に収めたいと、
塩原までお越しになりました。

再びのヨシ沼は、やはりケロの「ケ」もなく・・・
一体どうしたのでしょうか?
ちょっと心配になります。

一方大沼では、折しもの雨の効果か、
最初10数匹だったのが、どんどん数が増えてきて、
あちこちで熾烈な争いが展開

その内に、カップルができ初めて、産卵を始めたカップルも

さすがに専門家の先生ですね。
先生の産卵を始めるカップルの見極めがすごい!
先生が見つけたカップルを撮影したら、ちゃんと卵が写ってました。
水の揺らぎなどで、肉眼だと、ほとんど気が付きません。
初めて見る、産卵真っ最中のシーンに感激しました。

そんなこんなの大沼での様子を。
カモはおまけ。いつもこちらにいるようです。


大沼のアズマヒキガエルの蛙合戦お相手が決まったカップル。













大沼のアズマヒキガエルの蛙合戦あちこちでメスの争奪戦。













蛙合戦













蛙合戦お相手が決まったようです。
上にいるオス、目がパッチリ。











蛙合戦産卵中は目を閉じるのだとか。













アズマヒキガエル産卵中細いひものような卵塊が出ていました。
時間がたつと水分を吸って、
太くてぷにゅぷにゅのゼリー状になります。










アズマヒキガエル産卵中













アズマヒキガエル産卵中少しわかりづらいのですが、
カップルから左手に、
産みだしたばかりの卵塊。
画面左下には
この少し前に産卵した別のカップルの卵塊が。
時間が経って、太くなっています。







カモも






2017年1月22日 08:57



塩原温泉、今朝は晴れ。
とてもきれいな青空が広がっています。
空気もきれいで気持ちの良い朝です。
道路に雪も全くありません。
お出かけ日和の塩原温泉です。


さて、生き物の話題に戻ります。
生き物シリーズ、ニホンカモシカで最後の予定だったのですが、

急きょ、もう一種類追加することにしました。

一昨日、西那須野にて、白鳥が飛んでいるのを目撃したので。
これは、全く初めてのことでした。

白鳥・・・栃木県北部全域を見渡せば、
何箇所か飛来地があり、それほど珍しくはありません

近在だと、那須塩原市と大田原市の市境付近にある、
大田原市羽田沼が有名

こちらは昨年1月16日の私のブログ。
羽田沼の白鳥を見に行った様子です。
http://blog.livedoor.jp/ayatsumugi/archives/52119178.html

羽田沼周辺の田んぼなどでも見かけますが、
西那須野辺りでも飛んでいるのですね。
大田原方面からまっすぐに飛んできて、
私の頭上あたりで、右に旋回。
那須岳方面を目指して飛んでいきました


大きな鳥が前方から来るなあと気づき、
最初は、大きさと色から「ダイサギ」だと思いました
ダイサギは塩原でも見ることがあります。

カメラを持っていなくて、スマホでとりあえず撮影。
ちょうど頭上を飛んでいく姿を見た時にも、
あれ、ダイサギではないと気づきましたが、
写真で確認したら、どう見ても白鳥でびっくり

鳥インフルエンザの問題もありますが、
やはり美しい鳥ですね。

後から思い出したのですが、
そういえば、西那須野塩原インターすぐそば、
那須野が原公園内にある貯水池で、
以前2羽の白鳥を見たことがありました。
この辺りにも来ているようです。


IMG_0542 













IMG_0544
2017年1月20日 09:14



塩原温泉、今朝は晴れています。
先日のような大雪はしばらくなさそうですが、
地元予報には時折雪マークが。
引き続き、お車は冬用装備で

さて、生き物の紹介が続きます。
今日はニホンカモシカ

国の天然記念物のニホンカモシカも、
塩原では見慣れた生き物です。
さすがに、サルのようにはいきませんが、
年に数回、彩つむぎ周辺にも現れ、
私達をびっくりさせます


というのも、人をあまり恐れずに、逃げないから。
時には数メートルの距離で、じっとこちらをうかがいます
とてもかわいいのです。

これは決して人間が襲わないことを知っているからだと思います。
国の天然記念物ゆえに、捕獲、殺害が禁じられています。

こちらの写真は、先日、姉妹館「明賀屋本館」に行った時に、
その途中で遭遇したニホンカモシカです。
まだ若そうな感じ。
明賀屋本館の周りには、何頭か生息していますので、
遭遇率が、かなり高いようです。
お風呂に行く行き帰りに出会えると良いですね。

ちなみに、
普通の鹿も沢山います
ただ、彩つむぎ周辺で見ることはあまりなく、
山奥に棲んでいるという印象でしたが、
ここ数か月前から、毎晩鳴き声が聞こえます
かなり近くまで降りてきているのではないでしょうか。
その内に、彩つむぎ周辺でも出会う予感がしています。




ニホンカモシカ
2017年1月19日 08:52



塩原温泉、今朝はくもり。
ちょっとどんより空ですが、雪は降っていません。
先日の雪、やっと駐車場の雪かきが終わりました。
3日がかりでした。
雪国の苦労がわかります。

さて、今日も生き物の話題を。

先日、生きているタヌキを、塩原で初めて見ました

以前は塩原でタヌキを見ることはほとんどなかったです。
ところが昨年秋に、道路で轢かれているのを見かけました。

話には聞いていましたが、
塩原にもいるんだと思っていたところ、
スタッフからの目撃報告が何度も

そしてとうとう、先日、庭にいるのを私も目撃

近づいても、逃げない・・・
何か怪我でもしているのでしょうか。
でも、あまり歓迎すべきお客様ではありません。

お顔の表情とか、けっこう人間臭くて
昔より、人に化けると言われてきたのも、
そんなところからかもしれません。

この数日後、何故タヌキが来ていたのかわかりました
生ごみの大きなペール目当てだったのです。
大きなペールに分厚い発泡スチロールの蓋を、
手作りで覆っておいたのですが、
その発泡スチロールを毎日少しずつ、
器用にカリカリと削っていたのでした。

スタッフは猫の仕業だとばかり思っていたそうです。
とうとうぽっかりと穴が開いたその上に、タヌキがいるのを発見。
すぐに追い払い、別の素材で蓋を作ってからは現れなくなりました。

生ごみを荒らされるのは困りものですが、
全く姿が現れなくると、それはそれで、ちょっと寂しいような


しかし、タヌキの手って、
華奢な子供の手みたい
なのです。
あの指なら、器用に何でもできてしまいそうです。

なかなか人間と野生動物の共存は難しいものですね。


タヌキ 













タヌキ 













タヌキ
2017年1月18日 09:34



塩原温泉、今朝はくもり。
雪は降っておらず、道路の雪も融けています。
寒波も一段落したようです。
ただ夜間や日陰などの凍結があると思いますので、注意が必要です。

やっと雪から他の話題に移れそうです。
本当はオシドリの話題の後、続けるつもりでしたが、

冬になるとやってくるのはオシドリだけではありません。

サルを見かけるのも日常茶飯事になります。
お隣の七つ岩吊橋など、よく渡っていて
客室から見ることも多いようです。

また道路側の電線でも。
器用に渡るものです。

庭の花を食べたり、百合の球根を掘り起こしたりぐらいなので、
それほどの悪さではありませんが、
中には、家にまで入ってくるサルもいるとのこと。

子猿など可愛いですが、
くれぐれも近づいたり、エサをやったりはしないで下さい
遠巻きに見る程度で。

サル
 












サル
2017年1月11日 09:17



塩原温泉、今朝は晴れ。
昨日は随分と月が白く感じ、夜中でも明るかったです。
月が沈めば満天の星
夜空を見上げるのが本当に楽しい季節です。
今日明日はちょっとお天気下り坂。
雪にならなければ良いのですが。

さて、冬になると多いお問合せ。
「オシドリ来てますか?」


ハイ、来ています

少し上流にある塩湧橋周辺
毎年、沢山のオシドリが見られる場所として、
野鳥愛好家の方には、かなり有名らしく
よくカメラを構えた方が。

時間によっては、彩つむぎの目の前まで
お散歩?に来ることも多く、
これからの季節、他の水鳥と共に、
お客様、そして私達の目を楽しませてくれます


毎年私がブログで取り上げるせいか、
多分検索でヒットするらしく、
こちらにお問合せの電話が何本も。

大丈夫です。
いつでも見にいらして下さい。
そして、お泊りのお客様も、
きれば浴衣に着替える前に、ちょっとお散歩で
酉年の今年、ちょっとしたご利益がありそう。


オシドリ 













オシドリ 













オシドリ 













オシドリ
2016年10月16日 09:15



塩原温泉、今朝も良い天気です。
3日間連続で晴れなんて、一体いつ以来でしょう。
もしかしたら8月前半以来くらいかもしれません。
明日はまたお天気崩れるようですから、
今日の天気、大切に使いたいですね。

さて、昨日の続きです。

山頂遊歩道の先のサプライズとは?

山頂遊歩道も終わりにさしかかり、
遊歩道からゲレンデに出ようという場所。
視界が開けたその先、50mほど先でしょうか。
何やらいます。

鹿です
それも数頭の群れで
のんびりと草を食べていますが、
その内の何頭かは、人間に気づいて顔をこちらに向けて警戒しています。

しばらくすると危害はないと思ったのか、
また草を食べ始めました。

びっくりです。
塩原は鹿は珍しくありません
毎年何度か、夕方や夜間に会っています。
でも、大抵は1頭か2頭、せいぜいが3頭で、
すぐに逃げてしまいます

それが何頭も。
しかも逃げずに。

こんな機会はめったにないでしょう。
ズームで、何とか撮影できました。

興奮冷めやらず、復路のゴンドラに乗ったのですが、
何と、帰りのゴンドラからも、2ヶ所で群れに遭遇
合計で30頭ほどの鹿を見ることができました。

大きな角を持ったオスもいました。

ゴンドラから、こんな風に鹿が見えるなんて!
ハンターマウンテン紅葉ゴンドラ、すごいかも。

鹿の群れに遭遇













鹿の群れに遭遇













鹿の群れに遭遇













鹿の群れに遭遇













鹿の群れに遭遇













鹿の群れに遭遇













鹿の群れに遭遇













鹿の群れに遭遇













鹿の群れに遭遇
2016年9月25日 08:50



塩原温泉、今朝は晴れ。
久しぶりに青空が広がっています。

ずっとぐずついた天気が続いていますが、
今日くらいから少し回復してくるのでしょうか。

本日は塩原温泉古式湯まつり
良い天気になってほしいものです。

さて、先日、多分とても珍しい場面、
少なくとも私にとっては初めて見る場面に遭遇しました。

千本松牧場の前を通りかかったら、

20羽以上のトビの群れが牧草地に
こんなに沢山のトビがいるのを見たのを初めてですし、
トビが地上にいるのを見たのも初めてです。
しかも、ここ数日、毎日のようにいるようです。

最初はヤマドリのメスがたくさんいるのか、
もしくは、「カカシ」的に置かれた人形かと思いました(笑)。
特に、エサを探しているようでもありませんでしたし、
一体、何をしていたのか、すご〜く気になっています

飛び立つ姿は、迫力ですね。


トビの群れ













トビの群れ













トビの群れ













DSCN1036





2016年9月10日 08:43



塩原温泉、今朝は晴れ。
今日も良い天気に恵まれそうです。
貴重な秋晴れの一日。
山日和ですね。

先日、宇都宮で会議とセミナーがあった日、
夕方、急いで、
栃木県立博物館にかけ込みました。

どうしてもこの企画展が見たかったのです。
7月から開催していましたが、
7〜8月はチャンスがなく、もう終了間際になってしまいました。

日光、特に奥日光はご存知のとおり、
豊かな自然環境にあります。
男体山、女峰山、中禅寺湖、戦場ヶ原、小田代ヶ原・・・
いつ訪れても、美しい風景が見られるのはもちろん、
様々な植物や生き物と出会うことができます。

日光特有の種も多く、貴重な展示だと思います。
昆虫好きにはたまりません。
昆虫標本を見ることで、
近似種の見分け方や、実際の大きさなどを感じることもできました。

塩原でも見ることができる昆虫も多く、
大いに勉強になり、もちろん図録も手に入れてきました。
今月19日(月)までとなります。

そういえば、午前中の会議の中で、
奥日光の方が、奥日光は人気がなくて・・・とおっしゃっていましたが、
私自身は、今一番行きたいのが奥日光。
今日あたり、戦場ヶ原トレッキングなんて最高だと思います!
色々な昆虫に会えるはずです。


日光の昆虫展
http://www.muse.pref.tochigi.lg.jp/exhibition/kikaku/160716nikkomushi/mushi.html



日光の昆虫展













日光の昆虫展













日光の昆虫展
 













日光の昆虫展













日光の昆虫展













日光の昆虫展













ガロアムシ













スゲハムシ
2016年8月 3日 08:46



塩原温泉、今朝はくもり?それとも晴れ?

昨日の午後から二泊の予定で新潟の長岡に来ています。
10年来の念願だった、長岡の花火。
ようやく今年が火曜水曜にあたるので、
一年前に予約をしていました。
その様子はまた帰ってから、ゆっくりとレポートしたいと思います。

ということで、予約投稿です。

一昨日、午後にこれでもかというほどの、ゲリラ豪雨があった日。
夜に露天風呂の方に行ってみたら、
通路にもぞもぞと動くものがあります。
ひょっとしたら・・・
羽化するために土の中から出てきたばかりのセミの幼虫でした。
しかも2匹も!

通路なので、踏まれてしまう可能性もあるので、
保護して、風除室で羽化させてみました

そのまま建物の壁や木の幹につかまらせても良いのですが、
アリに見つかると、ほぼ100%襲われてしまうし、
風除室が一番安全に羽化できます。

一匹は風除室に置いてある糸繰り機
もう一匹は糸巻につかまって、
夜の9時少し前から、ゆっくりと羽化が始まりました。

夕食の時にお客様に声をかけていたので、
お客様も数組、見にやってきて、
皆で、羽化を見守りました。

背中がぱっくりと割れて、羽根が一応伸びるまで、
大体1時間弱かかります。
全て見守るのには、根気が必要です。
でも、何度見ても、本当に感動します

彩つむぎの場合、露天風呂周辺に抜け殻がいっぱいです。
夕食後、周辺をよく見ると羽化真っ最中のセミもいると思います。


セミの羽化













セミの羽化













セミの羽化













セミの羽化













セミの羽化













セミの羽化













セミの羽化













セミの羽化













セミの羽化













セミの羽化













セミの羽化













セミの羽化













セミの羽化













セミの羽化













P7310417













P7310419
2016年6月30日 08:40



塩原温泉、今朝はくもり。
ぐずついた天気が続きます。
ちょっと肌寒さも。
梅雨らしい天気になっています。

さて、昨日のブログにアップした
初夏の沼ッ原湿原の風景、いかがでしたか?

板室温泉から15分
塩原温泉から45分で、
尾瀬や戦場ヶ原のような風景が楽しめるのです。
本当に色々な楽しみ方ができる那須塩原市です。
ニッコウキスゲ、
今週から来週にかけて、
どんどん咲いてくるのではと思います。

そして私の場合、お約束の生き物達
今回、会議の前の短い時間だったので、
ゆっくりと観察したり、撮影する時間がありませんでした。

それでも、まずアカハライモリ
最初、遠目ではクロサンショウウオかと思いましたが、
よく見たら、お腹が赤いし、形もイモリ。
それがまた、沢山います。
枯葉の下に隠れているのも。
こんなにまとまってアカハライモリを見たのは初めてでした。

ついこの間まで、水がほとんどなかったらしいです。
雨で水量が増えて、うれしくて活動しているのかもしれません。

他には蝶。
ヤマキマダラヒカゲ、ヒオドシチョウ、テングチョウなどを
写真に撮ることができました
他にも色々な蝶がいましたけど、
動きのある昆虫の撮影はなかなか難しいのです。

またゆっくりじっくりと訪れたいですね。

DSCN6268アカハライモリがいっぱい。













沼原湿原2016.6.27この写真でも、
真ん中の一匹の他に、
左の落ち葉の下に
尻尾が二つ見えてます・・・










沼原湿原2016.6.27ヤマキマダラヒカゲ。













沼原湿原2016.6.27ヒオドシチョウ。













沼原湿原2016.6.27テングチョウ。
こんなにきれいに撮れたのは初めてです。



2016年6月28日 08:29



塩原温泉、今朝は雨。
一日雨になりそうな気配です。

塩原大沼も水が増えてるのではないでしょうか。

行けば必ず、色々な生き物に出会います
それがまた、私にとって、魅力のある場所となっています。

こちらも気をもんでいたモリアオガエルの卵塊
今回はちょっと数えきれないくらい、あちこちに。
雨が何度か降って水量も増えましたので、ひとまずは安心。

そして、今回は初めて、を見ました。
いるとは聞いていましたし、空っぽの貝殻は見ていましたが、
生きているのを見たのは、初めて
多分マルタニシという貝。
食べると美味しいみたいですけど、
昨日のブログでも書いたように、
大沼は動植物の採取、一切禁止です。
(前に、釣りをしている人を見て絶句しました)

蝶では、クロヒカゲ、アカタテハ、スジグロシロチョウなど
トンボも色々出てきたようですよ。

また、姿は見えなかったものの、
木に開いた穴の中から、アカゲラのヒナたちと、
親鳥の声が遠くから聞こえてました。

次回はどんな生き物に会えるかな。

大沼2016.6.26モリアオガエルの卵塊。
かなり数が増えてました。












大沼2016.6.26初めて見たマルタニシ。













大沼2016.6.26クロヒカゲチョウ。













大沼2016.6.26アカタテハ。













大沼2016.6.26スジグロシロチョウだと思うのですが。













大沼2016.6.26
2016年6月21日 08:52



塩原温泉、今朝はくもり。
九州などに大雨を降らした低気圧の影響で、
夜に一時雨になりそうです。
それほどの雨量にはならないようですが、
警戒が必要だと思います。

さて、先日、毎日新聞の栃木版に、
カラーで大きく、塩原赤沼での
モリアオガエルの産卵写真が掲載されました。

モリアオガエルは場所によっては天然記念物に指定され、保護されています。

塩原では、赤沼、大沼、ヨシ沼などの沼の他
森の中や民家の庭先でも見られるレベル
そうは言っても、今年も雨が少なく、
先日見に行った赤沼でも、
完全に干上がった沼のあちこちで、
水がない場所に落ちた卵塊。
雨がないと、卵塊ごとに、干からびてしまうでしょう。

本降りの雨が待たれます。
今日の雨が命の雨になりますように。


モリアオガエルの産卵新聞記事。
まさに産卵真っ最中。












干上がった赤沼完全に干上がった赤沼。













モリアオガエルの卵塊樹上にいくつも卵塊が。













モリアオガエルの卵塊













モリアオガエルの卵塊でもこうなってしまうと・・・
中のオタマジャクシが全滅になっているものがいくつも。







2016年6月11日 08:52



塩原温泉、今朝は晴れ。
今日は一日晴れマークです。

日頃、定期的に訪れている塩原大沼
前回、バイケイソウがつぼみを持っていたので、
そろそろ花が咲いているかと、急ぎ見に行きました。
ところが、状況はほとんど、前回と変わらず。

大沼のバイケイソウ
どういうわけか、花が咲いているのを見たのは3年前だけです。
その年以外は花の時期を逸しています。
毒草なのですが、美しい花なのです。
今年こそは、と思うのですが、さて、どうなりますか。

バイケイソウは残念でしたが、
他の沢山の出会いがありました。

まず、モリアオガエルの卵塊が見られました。
といっても、たった一つ。
今年も昨年同様に、水が少ない状況が続いています。
最初の一つだったのか、水が少ないので一つだったのか

本当に沼が小さくなってしまっています
魚が良く見えること!
今日も晴れなので、さらに小さくなってしまうかも。
今後の雨が待たれます。

他に、ルリタテハシオカラトンボ
初めて見るハムシ(リンゴコフキハムシ)
カメムシ(ルリクチブトカメムシ)など。
花は、カンボク、サギスゲ、サギゴケ、フタリシズカなどが咲いていました。

いつ訪れても素敵な出会いがある大沼です。


大沼2016.6.10













大沼2016.6.10













大沼2016.6.10













大沼2016.6.10













大沼2016.6.10モリアオガエルの卵塊。













ルリタテハルリタテハ。













大沼2016.6.10シオカラトンボ













DSCN5231リンゴコフキハムシ。













DSCN5209ルリクチブトカメムシの幼齢。
成虫はメタルブルーになるようです。












2016.6.10大沼魚がいっぱい。
フナだと思うのですが。












大沼2016.6.10カンボク。













大沼2016.6.10サギスゲ。













大沼2016.6.10
2016年5月 6日 08:39



塩原温泉、今朝はうすぐもり。
夜は満天の星空だったのですが、
からっという青空ではありません。
お天気また、少し下り坂。
今年の連休は、目まぐるしく天気が変化する連休のようです。

さて、春の大沼、ヨシ沼と紹介してきましたが、
大沼の近くに、赤沼という小さな沼があります。
10年くらい前に、
塩原温泉観光マイスター講座で、
一度しか行ったことがないのですが、
先日、大沼に行った時に、ふと思い立ち、立ち寄ってみました。

こちらにはクロサンショウウオが棲んでいるので、
ひょっとした見られるかなと期待して。

クロサンショウウオの姿は見つけられませんでしたが、
卵塊があちこちにありました。
見たのは初めてです。

小さな沼なので、雨が降らないと干上がってしまうことも。
また無精卵というケースも多いようです。
うまく孵化しますように。

沼に写り込む水鏡の風景が素敵でした。
遊歩道がきちんとしていたのも意外。
春の山野草も出迎えてくれて、
ちょっとしたウオーキングになりました。



赤沼4月10日。













赤沼













赤沼













赤沼













赤沼クロサンショウウオの卵塊。













赤沼ハート形!













DSCN0908バイケイソウ。













DSCN0879色のきれいなスミレ。













DSCN0878













DSCN0911フデリンドウ。













赤沼5.35月3日。
木々が芽吹いてきました。












赤沼5.3













赤沼5.3













DSCN1599卵塊はあまり変化なし。





2016年5月 5日 08:33