カレンダー
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
2017年1月23日 08:58



塩原温泉、今朝はくもり。
少し雪が舞っています。


さて、那須地域は北海道につぐ、国内有数の酪農地
牛乳の生産だけでなく、
牛乳を使った乳製品の製造が盛んです。

特に、この地域のチーズが絶品で、
彩つむぎでも、和食に地元チーズを取り入れたいと、
色々と工夫して料理に使っています。

中でも、那須今牧場さんのチーズ
牛乳だけでなく、山羊乳も使い、
JAL国際線ファーストクラスで採用されるなど、
クオリティも高く、色々な賞も受賞
しています。

この程、今牧場の高橋さんのご主人が、
フランスのチーズ業者団体
「ギルド・アンテルナショナル・デ・フロマジェ・エ・コンフレリー・ド・サントュギュゾン協会」から、
すぐれたチーズの製造者等に贈られる、
「ギャルド・エ・ジュレ」の称号を叙任され、
その祝賀会に参加してきました。

実は、奥様はすでにその称号をお持ちで、
今回のご主人の叙任で、ご夫婦そろっての叙任
これは日本でも初めてのことだそうです。

当日、エピナール那須の広い会場に、
この快挙を祝う方がぎっしり。
美味しい料理もさることながら、
テーブルの上には、何と「チーズお重」が

またチーズを作るために育てている山羊の
山羊肉を使った料理も色々登場
今牧場さんならではの、祝賀会になりました。

いつも素晴らしいなあと思うのは、
かなり忙しく働いているのに、
毎週、彩つむぎにチーズを配達してくれること
そして、お子さんが一緒のことも多く、
お子さんが一生懸命お二人のお手伝いをしていること

家族、スタッフ一丸となって、
おいしいチーズ作りとしている、
そんないつもの姿が、
檀上に上がった皆さんから伝わってきました


叙任祝賀会を企画運営して、
那須ナチュラルチーズ研究会の皆様、
総料理長はじめ、おいしい料理を提供して下さった
エピナール那須の皆様、お疲れ様でした。

那須には、今牧場さんだけでなく、
他にもおいしいチーズを作っている工房がいっぱい。
チーズ嫌いの方もいるかもしれませんが、
これからも、彩つむぎでは、
和食にチーズを進めていきます


最後になりますが、
今牧場の高橋さん、本当におめでとうございます!

祝賀会那須ナチュラルチーズ研究会の
落合会長(チーズ工房那須の森代表)と
高橋さんご夫妻。











祝賀会高橋さんご一家とスタッフ。
いつも遊びにきてくれる
お子さんも一緒に。











祝賀会菅井総料理長から、
チーズの形をしたケーキをプレゼント。
これがまさしく「チーズケーキ」?











チーズのお重これが噂のチーズお重。













チーズのお重中には今牧場だけでなく、
那須の色々なチーズ工房の、
色々なチーズがきれいに。




2017年1月22日 08:57



塩原温泉、今朝は晴れ。
とてもきれいな青空が広がっています。
空気もきれいで気持ちの良い朝です。
道路に雪も全くありません。
お出かけ日和の塩原温泉です。


さて、生き物の話題に戻ります。
生き物シリーズ、ニホンカモシカで最後の予定だったのですが、

急きょ、もう一種類追加することにしました。

一昨日、西那須野にて、白鳥が飛んでいるのを目撃したので。
これは、全く初めてのことでした。

白鳥・・・栃木県北部全域を見渡せば、
何箇所か飛来地があり、それほど珍しくはありません

近在だと、那須塩原市と大田原市の市境付近にある、
大田原市羽田沼が有名

こちらは昨年1月16日の私のブログ。
羽田沼の白鳥を見に行った様子です。
http://blog.livedoor.jp/ayatsumugi/archives/52119178.html

羽田沼周辺の田んぼなどでも見かけますが、
西那須野辺りでも飛んでいるのですね。
大田原方面からまっすぐに飛んできて、
私の頭上あたりで、右に旋回。
那須岳方面を目指して飛んでいきました


大きな鳥が前方から来るなあと気づき、
最初は、大きさと色から「ダイサギ」だと思いました
ダイサギは塩原でも見ることがあります。

カメラを持っていなくて、スマホでとりあえず撮影。
ちょうど頭上を飛んでいく姿を見た時にも、
あれ、ダイサギではないと気づきましたが、
写真で確認したら、どう見ても白鳥でびっくり

鳥インフルエンザの問題もありますが、
やはり美しい鳥ですね。

後から思い出したのですが、
そういえば、西那須野塩原インターすぐそば、
那須野が原公園内にある貯水池で、
以前2羽の白鳥を見たことがありました。
この辺りにも来ているようです。


IMG_0542 













IMG_0544
2017年1月21日 09:26



塩原温泉、今朝はくもり。
少し青空が見えています。
今日から明日にかけては、お天気まずまず。

昨日再び雪が降りました
今回は少し重たい雪。
10〜15センチくらいの積雪ですが、
雪を載せた木々が大きくしなっています。

絶好の雪見露天風呂びよりとなっています。
先程、写真を撮ってきましたが、
とてもいい感じです。
思わず、入りたくなりました。

冬の露天風呂
寒くて裸になるのをちゅうちょしてしまいますが、
一旦お風呂の中に入ってしまえば、あとは極楽

空気が冷たいと、のぼせることなく、長風呂ができます。
体の芯まで温まり、免疫力が高まります。

寒い冬こそ、温泉。
露天風呂。


今朝の雪景色













今朝の雪景色













今朝の雪景色
2017年1月20日 09:14



塩原温泉、今朝は晴れています。
先日のような大雪はしばらくなさそうですが、
地元予報には時折雪マークが。
引き続き、お車は冬用装備で

さて、生き物の紹介が続きます。
今日はニホンカモシカ

国の天然記念物のニホンカモシカも、
塩原では見慣れた生き物です。
さすがに、サルのようにはいきませんが、
年に数回、彩つむぎ周辺にも現れ、
私達をびっくりさせます


というのも、人をあまり恐れずに、逃げないから。
時には数メートルの距離で、じっとこちらをうかがいます
とてもかわいいのです。

これは決して人間が襲わないことを知っているからだと思います。
国の天然記念物ゆえに、捕獲、殺害が禁じられています。

こちらの写真は、先日、姉妹館「明賀屋本館」に行った時に、
その途中で遭遇したニホンカモシカです。
まだ若そうな感じ。
明賀屋本館の周りには、何頭か生息していますので、
遭遇率が、かなり高いようです。
お風呂に行く行き帰りに出会えると良いですね。

ちなみに、
普通の鹿も沢山います
ただ、彩つむぎ周辺で見ることはあまりなく、
山奥に棲んでいるという印象でしたが、
ここ数か月前から、毎晩鳴き声が聞こえます
かなり近くまで降りてきているのではないでしょうか。
その内に、彩つむぎ周辺でも出会う予感がしています。




ニホンカモシカ
2017年1月19日 08:52



塩原温泉、今朝はくもり。
ちょっとどんより空ですが、雪は降っていません。
先日の雪、やっと駐車場の雪かきが終わりました。
3日がかりでした。
雪国の苦労がわかります。

さて、今日も生き物の話題を。

先日、生きているタヌキを、塩原で初めて見ました

以前は塩原でタヌキを見ることはほとんどなかったです。
ところが昨年秋に、道路で轢かれているのを見かけました。

話には聞いていましたが、
塩原にもいるんだと思っていたところ、
スタッフからの目撃報告が何度も

そしてとうとう、先日、庭にいるのを私も目撃

近づいても、逃げない・・・
何か怪我でもしているのでしょうか。
でも、あまり歓迎すべきお客様ではありません。

お顔の表情とか、けっこう人間臭くて
昔より、人に化けると言われてきたのも、
そんなところからかもしれません。

この数日後、何故タヌキが来ていたのかわかりました
生ごみの大きなペール目当てだったのです。
大きなペールに分厚い発泡スチロールの蓋を、
手作りで覆っておいたのですが、
その発泡スチロールを毎日少しずつ、
器用にカリカリと削っていたのでした。

スタッフは猫の仕業だとばかり思っていたそうです。
とうとうぽっかりと穴が開いたその上に、タヌキがいるのを発見。
すぐに追い払い、別の素材で蓋を作ってからは現れなくなりました。

生ごみを荒らされるのは困りものですが、
全く姿が現れなくると、それはそれで、ちょっと寂しいような


しかし、タヌキの手って、
華奢な子供の手みたい
なのです。
あの指なら、器用に何でもできてしまいそうです。

なかなか人間と野生動物の共存は難しいものですね。


タヌキ 













タヌキ 













タヌキ
2017年1月18日 09:34



塩原温泉、今朝はくもり。
雪は降っておらず、道路の雪も融けています。
寒波も一段落したようです。
ただ夜間や日陰などの凍結があると思いますので、注意が必要です。

やっと雪から他の話題に移れそうです。
本当はオシドリの話題の後、続けるつもりでしたが、

冬になるとやってくるのはオシドリだけではありません。

サルを見かけるのも日常茶飯事になります。
お隣の七つ岩吊橋など、よく渡っていて
客室から見ることも多いようです。

また道路側の電線でも。
器用に渡るものです。

庭の花を食べたり、百合の球根を掘り起こしたりぐらいなので、
それほどの悪さではありませんが、
中には、家にまで入ってくるサルもいるとのこと。

子猿など可愛いですが、
くれぐれも近づいたり、エサをやったりはしないで下さい
遠巻きに見る程度で。

サル
 












サル
2017年1月17日 09:57



塩原温泉、今朝はくもり。
ただ時折日ざしが差して、青い空も見えています。

よく降りました。
夜まで断続的に降って、積雪20〜30センチ

ふくらはぎ以上の高さまで。
本格的な雪かきになりました。

道路は圧雪状態です。
昨日、宇都宮まで出かけましたが、
矢板ぐらいまで、道路に雪がある状態。
行きも帰りも事故現場に遭遇しました。
それだけ、雪の日は事故の確率が高くなります。

冬用タイヤの装着もしくはチェーンで

そして運転はくれぐれも注意です。
スピードは出さず、
前の車との車間距離を充分にとり、
カーブの手前で充分に減速。 
急ブレーキ、急ハンドルは厳禁


登り坂で停車することも避けて下さい。
いざ、発進する時にタイヤが空回りして、
前に進めなくなる可能性があります。
その時には、いったん後ろに下がってから
再びゆっくりと前に進んでみて下さい。
車間距離を充分に取っていれば、
停車することなく、
ぎりぎりまで、じりじりと前に進んでいけます。

何年住んでも、雪道の運転は緊張します。
自信のない方は、お車は手前の道の駅に置いて、
そこからバスで来るという手段もあります。
どうぞご無理せずに。

写真は昨日の塩原街道の美しい雪景色と、今朝の風景です。

IMG_0513













IMG_0522













IMG_0525













今朝の雪













今朝の雪













今朝の雪
2017年1月16日 08:53



塩原温泉、今朝は雪。

昨日の朝、今回の雪は大したことがなかったと、
ほっと胸をなでおろしておりました。

雪かきもほぼ完了。
明日晴れれば融けてしまうかなと。

ところが昨夜、夜半から再び雪に
今朝のほうが昨日の朝よりもずっと積もっていて、
現在積雪20センチ。
場所によっては30センチくらいでしょうか


まだ降り続くような気配です。

こうなると、最初から冬用のタイヤかチェーンがないと、
車で塩原温泉に上がってくることは無理

くれぐれも、気を付けてお出かけ下さい。

中には、この景色をずっと待っていたという方も。
しばらく、雪景色と雪見露天風呂が楽しめそうです


DSCN1469













DSCN1470
2017年1月15日 09:03



塩原温泉、今朝は晴れ。

大寒波による雪。
ここは10〜15センチほどの積雪
とにかく大寒波ということでしたから、
こんなものじゃない、まだまだ降るぞ・・・と身構えてました。
30センチくらい積もるのではないかと
思っていたのですけれど、
あけてみたら、それほどではなかったので、
ひとまず、ほっとしています。

ただ、確かに標高が高い場所は、
かなりの積雪になったらしく、

昨日行われるはずだった、
ハンターマウンテンでの<親子手作りソリ体験>が
悪天候のために中止・延期に


一週間遅らせて、1月21日(土)に変更されます。

ハンターマウンテン内にある子供のための雪遊び場、
キッズパークのソリを
段ボールや色画用紙などで飾り、
オリジナルのソリを作り、実際に滑走

ソリの出来栄えとタイムで順位が決定されます。

見にいったことはないのですが、
なかなか面白そうなイベント。
スキーやスノボができなくても参加できるのが嬉しいですね。

改めて仕切り直しで、当日先着30組の親子を受付します。
参加費は無料ですが、キッズパークの入場料が、
3歳〜小学生1200円、中学生以上1000円かかります。

写真は今朝の彩つむぎ玄関から見える雪景色と、
親子手作りソリの一例です。



今朝の雪













今朝の雪













15965199_1237446769680961_542887024633279510_n
2017年1月14日 09:09



塩原温泉、今朝は雪。
今の所、積雪は3センチくらい。
道路もほぼ雪がない状況ですが、
この週末大寒波到来ということで、
どこまで雪が降るのか、戦々恐々としています。
お車は必ず冬装備でお願いします。

さて、昨日は宮中歌会始の儀が行われました。
今年のお題は「野」

何と天皇陛下と、皇太子妃雅子さまのお歌の中に
「那須の野」ということばが出てきました。

大変驚くと共に、大変喜ばしいことで、
天皇ご一家と、那須の結びつきの強さに、
改めて感動しております。

天皇陛下のお歌

邯鄲の 鳴く音聞かむと 那須の野に 集ひし夜を なつかしみ思ふ

皇太子妃雅子さまのお歌

那須の野を 親子三人で 歩みつつ 吾子に教ふる 秋の花の名

先日、虫の声を「声」として認識するのは日本人とポリネシア人だけ
などというネット記事を見かけました。
夏の終わりに虫の声を聴いて、
秋が来たと季節の移り変わりを認識する日本人。

天皇陛下の歌にも、じ〜んと感動すると共に、
雅子さまのお歌の中に出てくる
「秋の花の名」とは、どの花なのか、とても気になります


秋の那須連山に咲く花でしょうか。
それとも、那須高原に咲く花でしょうか。

毎年、夏の終わりに必ず那須御用邸にいらっしゃいます。
その頃、標高が高い那須連山などは、
すでに秋の風が吹いていることでしょう。

その頃に咲く「リンドウ」の花では、
愛子さまもご存知だろうし、さて、何の花でしょうか。
気になります・・・

来年のお題は
「語」
塩原もの語り館に視察にお越しにならないかなと密かに・・・


天皇陛下のお歌













歌会始