カレンダー
2012年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2012年6月
2012年6月30日 09:55
 
塩原温泉、今朝はいい天気です。
昨日も晴れて暑くなりましたが、今日もでしょうか。

天気がいいと、遅くまで明るくて、
何だかとても得したような気分の毎日ですが、
早いもので、一年もう折り返しです。
そして明日は7月1日。

明日7月1日は、このTシャツにご注目ください。
     ↓    ↓    ↓

いぐべっ 那須塩原Tシャツ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日は、那須塩原市商工会東那須野支部が中心になって、
東京で大々的な誘客キャンペーンを展開します。

何と新幹線を一台、貸切にして、
8:43に那須塩原駅を出発。
総勢500人で、このTシャツを着て東京に行き、
東京の各地に分散して、観光PRします。

子供連れで特別に上野動物園に行く一行も
塩原の人達は、ゆりかもめに乗って、お台場方面に行くそうです。

この真っ赤なTシャツの一行に出会ったら、
どうぞ、お気軽にお声をかけてください。
きっと素敵な出会いがあるはず。

実は私も同じ新幹線に乗りますが、
私は同じ日に栃木県が東京駅のグランスタで展開する、
観光と食のキャラバンに参加します。
塩原温泉女将の会の半纏を着ていますので、
こちらも、ぜひ、お声をかけてください。
当館のパンフレットなどを持参していきます。
美味しいものも沢山出るようですし、こちらも見逃せませんよ。

明日は東京がこの赤いTシャツで埋まる?
真っ赤なTシャツに白抜きで「いぐべっ!! 那須♨塩原 板室♨」と。
どうぞ、「ぎでけろ!! 那須♨塩原 板室♨」ですね。

同キャンペーンについての詳細はこちら。
http://higashinasuno.net/genki.html


2012年6月29日 08:49
 
塩原温泉、今朝はくもり。
暑すぎず、とても過ごしやすい天候になっています。

さて、先日上三依水生植物園に行ったときに
お昼を食べに立ち寄った場所を紹介します。
三依渓流つり場です。

塩原温泉から東武鉄道会津野岩線で、
最も近い駅は上三依塩原温泉口
車で15分くらい。
市営バスゆ〜バスも走っていますが、
その上三依塩原温泉口の一つ鬼怒川・川治寄りの駅、
中三依温泉駅から、山間に少し入ったところにあり、
渓流を石で仕切ったつり場で、
イワナ・ヤマメ・マスなどを釣ることができます。

自然の渓流の流れを利用していますので、
水がとってもきれい。
敷地も広くて、夏休みにお子様連れで遊ぶには最適です。

当館の常連のお客様で、
当館にお泊まりになるたびに、ここへ来る方もいます。

今回は純粋にお昼ご飯を食べに。
おいしいおそばと、ヤマメの塩焼きをいただきました。

渓流からすくったなかりのヤマメを、
炭火でじっくり焼くこと、20分。
皮はパリっと、身はふわっと。
理想の川魚の塩焼き。
しかも、大きいこと!

日頃、イワナやアユなどの川魚を食べなれている私でも、
大満足の焼き具合とお味でした。
釣堀などではない、自然の中での釣りを楽しみたい方は是非
当館にもパンフレットをご用意しています。

また近々、7月14日(土)には、
こちらで、釣りを通して、婚活という「釣りコン」が開催されます。
まだ参加者を募集していると思いますので、
独身で自然の好きな方、いかがですか?

三依渓流つり場

建物外観。

 

 

 

 

 


木立の中で豊かな自然の中で。

 

 

 

 

 


つり場

渓流を仕切ったつり場。

 

 

 

 

 


ヤマメとマス

炭のいろり。

 

 

 

 

 


わさびそば

自家製のわさびを
たっぷりすりおろす、わさびそば。

 

 

 

 

 

焼きだんご

これは焼きだんご。
味噌だれで。

 

 

 

 

 

るぴなす

入口にルピナスがたくさん
咲いていました。

 

 

 

 

 

アンパンマンも

おもしろい石絵がいくつも。
84歳だったかな、
知り合いの老婦人が
描いているのだそうです。
上手ですね。

 

 

 


与一くん

大田原市のゆるキャラ、
与一くんと、

 

 

 

 

 

とちまるくん

栃木県のゆるキャラ、
とちまるくんもいました!

 

 

 

 

 

三依渓流つり場のHPはこちら。
http://sk28.com/miyori/

先日の下野新聞で紹介された「釣りコン」の記事。
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/region/news/20120623/812155



2012年6月28日 08:36
 
塩原温泉、今朝は晴れています。
ここ数日お天気に恵まれていて、気持ちがいい日が続いています。

ただし、梅雨真っ只中です。
いつお天気崩れるかわかりません。
そして実は、ホタルのシーズンです。
去年はホタルの当たり年で、
数十匹というホタルが、彩つむぎ周辺でも見る事ができました。

ところが、今年はどうでしょう。
大型の台風に直撃されたり、
梅雨寒が続いたり・・・
どうも例年とは違う天候のせいか、
昨年ほどの数のホタルはまだ出ていませ
ん。

それでも、当館の露天風呂の下あたりから、
少し上流の塩湧橋までに
日によっては、10匹程度のホタルが見られます。

もわーっと蒸し暑い夜がホタル日和なのですが、
なかなか、そのような蒸し暑い夜にならないのです。
これから暑くなれば出るのでしょうか。
期待したいと思います。

ホタル
2012年6月27日 08:46
 
塩原温泉、今朝も快晴です。
昨日も今日も湿度が比較的低く、さわやかな天候です。

さて、お伝えしたように、塩原温泉と板室温泉の女将さんたち
一緒に沼ッ原湿原を歩きましたが、
その後、昼食を食べ、交流会を持ちました。

それぞれの温泉地の説明や、観光スポットの紹介。
そして、一人一人が自己紹介と自館のPRを。

観光協会や旅館組合の方も同席
し、
とても有意義な時間が持てました。

印象的だったのは、車で40分くらい。
一番近い温泉地同士なのに、
板室温泉に来たのは今回が初めてという方が何人もいたこと。

そして、それぞれに、豊かな自然や良質の温泉など、
すばらしい観光資源が沢山あることなどなど。

今後は自館のお客様に、
それぞれの観光スポットを紹介し、
お互いに、持ちつ持たれつで、
誘客につなげることができれば
と思いました。

また同じ市内の温泉地ということで、
協力し合いながら、観光PRなどができるといいですね。


交流会交流会の様子。

 

 

 

 


 

板室温泉

板室温泉も
静かないい所です。
那珂川の源流。
5月にはここに鯉のぼりが
沢山飾られます。

 

 

 


幸の湯さん見学

黒磯観光協会長をつとめる
幸の湯さんを見学させて
いただきました。
館内全て畳敷きでした。



2012年6月26日 09:50
 
塩原温泉、今朝は快晴。
気持ちのいい青空が広がっています。
この天気が昨日だったら良かったのになあ・・・

昨日は、お伝えしたように、
塩原温泉と板室温泉の女将さんたち
沼ッ原湿原に行ってきました。

天気は良くありませんでした。
霧に包まれて、20メートル先は見えないような状況。
人もいないだろうなあと思ったら、とんでもありません。

駐車場にはバスや自家用車がいっぱい
こんな状況の中でも山や花が好きな方は来るのですね。

前回訪れた時から、一週間が経って・・・
ズミはもう終わっていました。
レンゲツツジマイヅルソウはまだ見られます。
ヤマオダマキカラマツソウのつぼみがあちこちに。
サワフタギカンボクの花も咲き始めていました。

そして、肝心のニッコウキスゲは・・・
これがまだ全然咲いていなかったのです。
たった一輪咲いているのを見つけた方もいましたが、
私は気がつきませんでした。
つぼみはあちこちに沢山あるのに、残念!

おそらくあと一週間か10日頃
がいいのではないでしょうか。
お出かけの参考にしていただければと思います。

でも、でも、
霧に包まれた湿原は、えもいわれぬほど、幻想的でした。
前回のように、エゾハルゼミの声はなく
(セミは雨の時は絶対に鳴きません)
時折、ウグイス、カッコウ、ホトトギスなどの野鳥の声

天気が悪くても、足を運ぶ価値はあるなあと、つくづく思った散策。
一緒に塩原温泉ビジターセンター
パークコンダクターさんに同行していただきましたが、
コンダクターさんの説明が、やはりとても興味深く、
また、持参してきてくれた、黒米のおにぎりが最高でした。

ここまで来たら、来週か再来週あたり、リベンジしたくなります。

そうそう、花の時期はまだ先ですが、
コオニユリシモツケソウアザミトリカブトまで。
これから湿原を彩る夏から秋の花も沢山ありました。
ニッコウキスゲの時期意外も楽しみです。

霧の沼ッ原湿原今回はこんな感じ。

 

 

 

 

 


幻想的幻想的です。

 

 

 

 


 

沼ッ原湿原レンゲツツジはまだ見られます。

 

 


 

 

 

モリアオガエルモリアオガエルの卵塊も
見られました。

 

 

 

 



イモリ池にはイモリが沢山。
イモリも絶滅危惧種です。

 

 

 

 

 

サワフタギサワフタギ。

 

 

 

 

 


カンボクカンボク。

 

 

 

 

 


ベニサラサドウダンベニサラサドウダン。

 

 

 

 

 


ギンリョウソウギンリョウソウ。

 

 

 

 

 


アザミこれから咲くアザミもいっぱい。

 

 

 

 

 


トリカブト

トリカブトもありました。
花はとてもきれいなのですが・・・

 

 

 

 

 

野鳥たち

野鳥たちの絵。
鳴き声も書いてあるといいなあ。

 

 

 

 

 

霧雨の中・・・

皆で霧雨の中、
コンダクターさんと歩きました。

 

 

 

 

 

黒米のおにぎり!

コンダクターさんからの差入れ。
自家製黒米のおにぎり。
おいしかったです!

 

 

 

 


昨日の散策&交流会には
地元の新聞記者の方も何人か同行してくださり、
今日、さっそく、読売新聞栃木版で記事になっていました。

読売新聞の今日の記事

 

 

 

 

 

 


あと、もう一つ、追記。
実は湿原に入っていきなりブヨにおでこを刺されました。
その時はそれほどかゆくなかったのですが、
昨夜、鏡を見てびっくり。
まるで、たんこぶのように、直径4センチくらいおでこが腫れています。
腫れは今日、さらに、大きくなっているような・・・
塩原にはあまりブヨがいないので、無防備でした。
やはり、きちんと虫除けをして歩いたほうがよさそうです。
 




2012年6月25日 08:50
 
塩原温泉、今朝はくもりです。
日中、雨はなんとかもつかな・・・
今日はこれから、板室温泉から山に入ったところにある、
沼ッ原湿原に行く予定です。

この時期、お問い合わせが多いニッコウキスゲの群生地です。
とはいえ、かなり山に入るので、
地元の人でもそう頻繁には行かないところ。

今回は塩原温泉と板室温泉の女将さんたちの交流会として、
一緒に沼ッ原湿原をウオーキングして、
その後に情報&意見交換会があります。

実は、私はちょうど、一週間前に、下見をしてきました。

私自身、もう20年くらい前に一度行ったきり。
かなり山の中に入っていくということで、
何となく足が遠のいていました。

那須と板室を結ぶ幹線道路の、
那須ハイランドパーク入口の少し先から、
山のほうに、どんどん入っていきます。
途中舗装されていない部分もあり、約20分。

視界が開けて、高原の趣き
駐車場から少し進むと、沼ッ原池が目の前に。
気持ちいい景色。

そしてさらにカラマツと笹の林を歩くこと10分。
お目当ての湿原が広がっていました。
湿原の中は木道が整備されていて、とても歩きやすくなっています。
折りしもエゾハルゼミの大合唱の中
(この時期この辺りの山では、どこでも大合唱!)
天空の別天地のような景色が広がっていました。

塩原の大沼ではすでに散っていたズミの花もまだ残っていて、
レンゲツツジの花もあちこちに咲いています。
足元に目をこらせば、やはりマイヅルソウハルリンドウ

沼には沢山のオタマジャクシサンショウウも見えました。

ただ、肝心のニッコウキスゲは一輪も見当たりませんでした。
まだつぼみの状態。
今日少しは咲いてくれるているかな。
気をつけて行ってきます。

沼ッ原池

沼ッ原池。

 

 

 

 

 


木道を行く

きれいに整備された木道。

 

 

 

 

 


湿原

湿原らしい風景。

 

 

 

 

 


静寂の沼

静寂。

 

 

 

 

 


那須方面の山を背景に

天空の別天地。

 

 

 

 

 


おたまじゃくしうじゃうじゃ

オタマジャクシがうじゃうじゃ。

 

 

 

 

 


ズミ

ズミの花。

 

 

 

 

 


ズミ

こちらもズミです。
かなり沢山自生しています。

 

 

 

 

 

レンゲツツジ

レンゲツツジも咲いてました。

 

 

 

 

 


ハルリンドウ

ハルリンドウ。

 

 

 

 

 


マイヅルソウ

マイヅルソウ。

 

 

 

 

 


ウラジロヨウラク

ウラジロヨウラク。

 

 

 

 

 


イカリソウ?

これはまだつぼみだけど、
イカリソウでしょうか。

 

 

 

 

 

クサイチゴ

クサイチゴがいっぱい。

 

 

 

 

 


エゾハルゼミ

大合唱の主、エゾハルゼミ。

 

 

 

 

2012年6月24日 08:15
 
塩原温泉、今朝は快晴。
すっきりと晴れ渡っています。
暑くなりそうですが、お出かけには最適です。

昨日は、お伝えしたように、
東北新幹線開業30周年の日でした。
記念新幹線が走ったほか、
各駅で記念イベントなどが盛大に行われました。

地元の那須塩原駅でも、様々な催し。
駅主催のセレモニーもあれば、
商工会主催の出店ブースもありました。

私も午前中だけお手伝いに行ってきましたので、
ちょっとその報告。
イベントは今日も行われますので、
お近くの方、駅を利用する方はぜひ、ご参加ください。

東北新幹線開業30周年記念植樹お父さん30歳、
お子さん3歳の親子が
一日駅長に。
本当の駅長さんや
那須塩原市長と一緒に
記念植樹

 

 

 

東北新幹線開業30周年記念イベント

駅前広場も大賑わい。

 

 

 

 

 


みんなの注目

一番注目を集めていたのが、
こちら。
二日間だけの運行。
お一人さま200円です。

 

 

 



那須&板室&塩原で

こちらは観光PRの
那須・板室・塩原の面々。
カヤックに乗っているのは
那須町長です。

 

 

 

 

そろい踏み

右から、
大田原・与一くん、
那須・キュービーくん、
那須塩原・みるひぃちゃん、
そして、
那須どうぶつ王国の
アルパカ・ルカちゃん

 

 


那須ハイランドパークのウーピー君たちも

那須ハイランドパークの
ウーピーくんたちも

 

 

 

 

 

ゲージモデル運行

駅構内ではこんな催しも。

 

 

 

 

 


こども駅長撮影会

これも人気でした。

 

 

 

 

 

 


 

黒羽あじさいまつりも

ちょうど始まったばかりの
黒羽あじさいまつりの
PRコーナーも。

 




2012年6月23日 08:33
 
塩原温泉、今朝はうすぐもり。
予報では一日晴れマークが出ています。
絶好の行楽日和です。

さて、先日、那須マウントジーンズのゴンドラに乗って
山頂の遊歩道を歩いてきました。

那須マウントジーンズ山頂は、
愛子さまのお印である、ゴヨウツツジ(シロヤシオ)の群生で有名。
5月中旬頃、標高の低い所から咲き始め、
標高の高い山頂だと、6月中旬まで花が楽しめます。

山頂まではゴンドラに乗って。
今年春の最終運行は6/17でしたが、2日間延長。
6/18に駆け込みで行ってきました。

さすがにほとんどのゴヨウツツジは、すでに花が散っていましたが、
何本かはまだ花が残っており、
他にもベニサラサドウダンは満開。
マイヅルソウ
ユキザサなどの花が楽しめました。

ここのツツジたちは寒さと風雪に耐えて咲きます。
ほとんどのゴヨウツツジの枝はくねくねと曲がり、
雪の重みに耐えてきたことを物語っています。

そして何よりすごいのは、大木が多いこと
一体、何十年前、何百年前、ひょっとしたら何千年前から
この地に根付いているのかしらと思います。

まだ一度もドンピシャのタイミングで、
ここのゴヨウツツジを見たことがありません。
また来年を楽しみにします。
ゴンドラの運行はまた紅葉シーズンに再開します。
紅葉も素晴らしいだろうなあと思いました。

ゴンドラ

 

 

 

 

 

 

シロヤシオ

まだ満開。
雪の重みで幹が曲がってます。

 

 

 

 

 

倒れたシロヤシオ

こちらなど、完全に倒れても、
なお花をつけています。
すごい!

 

 

 

 


出入り口の一本

こちらもきれいです。

 

 

 

 

 


風雪に耐えて

花は終わっていますが、
このくねくねの幹を
ご覧あれ。

 

 

 

 


マイヅルソウ

マイヅルソウ。

 

 

 

 

 


ぎっしりとマイヅルソウこれでもかというぐらいに
マイヅルソウ〜。

 

 

 

 

 

ユキザサ

ユキザサも。
かなり大きいのですが・・・

 

 

 

 

 

ベニサラサドウダンも大木ベニサラサドウダンは
ちょうど満開。

 

 

 

 

 

こんなに大きいのですこんなに大木です。


 

 

 



 

茶臼岳をバックに茶臼岳をバックに
手前からベニサラサドウダン、
シロヤシオ、ダケカンバ。

 

 

2012年6月22日 09:30
 
塩原温泉、今朝はくもり。
台風5号は熱帯低気圧に変わりましたが、
今日一日はぐずついた天気になりそう。
明日、あさっての週末は晴れマークも出て、いい天気になりそう。

明日6月23日は東北新幹線開業30周年ということで、
開業30周年記念新幹線が走るほか、
記念植樹子供駅長さんなどの登場など、
那須塩原駅でも記念イベントが予定されています。

また明日、あさっての二日間に渡り、
那須塩原駅前の広場では、
観光PRブースやうまいものブースが出店します。
那須どうぶつ王国からアルパカも登場するという噂です。

明日、東京から北へお出かけする方は
車でなく新幹線をご利用いただくと、
思いがけないことに出会うかもしれません。

那須塩原駅構内に、塩原温泉女将の会で
飾っている花にも「開業30周年」のプレートが立っているはずです。

開業30周年の各地のイベントはこちらに詳細が。
http://www.jreast.co.jp/tabidoki/news/pdf/201204/120424_03.pdf#search=''

鉄道博物館でも
http://cms.blog.livedoor.com/cms/article/?blog_id=1790109

全国に沢山いる鉄男&鉄子にはたまりませんね。


2012年6月21日 09:41
 
塩原温泉、今朝はくもり。
暑すぎず、寒くもなく、過ごしやすいです。

今日は驚きの報告。
台風4号があっという間に来て、あっという間に去って
増水した濁流が、今朝、ようやく引いて
川底が見えてきました。

通常、大雨があると、転がる石で川底の藻が洗われ
元々の緑色凝灰岩の一枚岩が出てきます
本当に真っ青で、2〜3年に一度見られるか見られないかの景色。
今年は5月初めの大雨に続いて、2回も!
と楽しみにしていたのですが・・・・

水が引いてびっくり。
川の景色が一晩で変わっている!

上流から転がってきた大小の石がいっぱい!
それまでなかった中洲ができていました。
こんなことも、那須水害以来、なかったことです。

綺麗な水色の川底が、石で覆われてしまい、がっかり。
逆に今まであった石が流されたもしているようですが・・・

転石苔をむさず・・・
でも、あまりに転がりすぎてきた石にちょっとため息。

それでもきれいな川底はバッチリ。
これから10日ほど楽しめます。

6/21の朝今朝の箒川。

 

 

 

 

 


一晩で風景が変わって一晩で今までなかった
中洲が出現!

 

 


 

 


今までになかった小石青い部分が緑色凝灰岩の
一枚岩の川底。
黒い部分は流れてきた石。

 

 

 

 


きれいな川底きれいな川底
新しい苔が生えてくるまでの
およそ10日ほど、
見ることができます。

 

 

 

 

5/5の箒川

ちなみにこちらが、
前回の大雨の後
5月5日の風景です。




2012年6月20日 10:03
 
塩原温泉、今朝は快晴。
台風一過のすばらしい青空です。

が、

昨日の台風5号の通過はすさまじかったです。
夜暗くなる前には、まだ和歌山や三重、愛知あたりにいて、
このあたりは、まだ雨も風も強くなく、
目の前を流れる箒川の水もそれほど多くなかったのに・・・・

まず、夜22時頃から、雨が一気に強くなり、
調理場の勝手口の前が池のように。
玄関前も浸水してくるかと思うほどでした。

そして夜23時頃に、
川沿いにある温泉ポンプ小屋まで見周り点検に行ったスタッフから
「川沿いの遊歩道がすでに水をかぶってます」という報告。
ポンプ小屋まで行きつけず、戻ってきました。

川を石がゴロゴロと音を立てて流れ、
大きな石がぶつかり合う、大きな音もしてきます。
地響きのような音です。
外は真っ暗だし、濁流にのまれでもしたら大変です。
それ以上、夜は何もできず、一夜開けると・・・

雨は夜中の2時過ぎには小降りになっていたものの、
予想以上の台風4号の威力に驚くことに。

遊歩道は完全に水をかぶっていました
川の水面から遊歩道までは2メートルくらいの高さがあります。
この遊歩道が川の水をかぶるというのは、
私が経験する中では、那須水害ともう一度だけ。
おそらく、今回は彩つむぎの下で30センチほど、
所によっては50センチ以上、水をかぶったようです。
遊歩道にヤマメが一匹、乗り上げて死んでいました。

遊歩道に渡してある温泉パイプも流されていました。
当館に来る温泉だけでなく、
地区の温泉全てがストップしています。

幸い、当館は地区からの温泉だけでなく、
敷地内に地下から汲み上げる自家源泉があり、
内風呂などの利用は可能ですが、
地区からの源泉を利用する露天風呂が使えません。
復旧に一日まるまるはかかるということで、本日休館です。

今までの大雨の被害は、どちらかといえば、
長時間、雨が降り続けての被害でした。
今回の台風は、一気に来て、一気に去って・・・

塩原の箒川としては、おそらく、
那須水害にも匹敵するほどの規模の大雨
だったと思います。
しかも、ごく短時間の内にという点では、今までで一番かも
夜中には何時間か、国道400号線も通行止めになりました。
崖崩れなどの被害がなかったのは不幸中の幸い。
とにかく、少しでも早い温泉の復旧を祈るばかりです。

テラス下

彩つむぎテラスより、
今朝の風景。

 

 

 

 

 

鹿股川と箒川の合流地点

こちらは少し上流。
箒川と支流の鹿股川の
合流地点。


 

 

 

 

川の水をかぶった遊歩道彩つむぎ下の遊歩道。
草がなぎ倒されて、
水をかぶったことがわかります。

 

 

 



この辺りは50センチ以上も川の合流地点あたりは、
50センチ以上、
もしかすると1メートルくらい、
水をかぶったようでした。

 

 

 

 

ヤマメが一匹!

遊歩道にヤマメが一匹!




2012年6月20日 10:03
 
塩原温泉、今朝は快晴。
台風一過のすばらしい青空です。

が、

昨日の台風5号の通過はすさまじかったです。
夜暗くなる前には、まだ和歌山や三重、愛知あたりにいて、
このあたりは、まだ雨も風も強くなく、
目の前を流れる箒川の水もそれほど多くなかったのに・・・・

まず、夜22時頃から、雨が一気に強くなり、
調理場の勝手口の前が池のように。
玄関前も浸水してくるかと思うほどでした。

そして夜23時頃に、
川沿いにある温泉ポンプ小屋まで見周り点検に行ったスタッフから
「川沿いの遊歩道がすでに水をかぶってます」という報告。
ポンプ小屋まで行きつけず、戻ってきました。

川を石がゴロゴロと音を立てて流れ、
大きな石がぶつかり合う、大きな音もしてきます。
地響きのような音です。
外は真っ暗だし、濁流にのまれでもしたら大変です。
それ以上、夜は何もできず、一夜開けると・・・

雨は夜中の2時過ぎには小降りになっていたものの、
予想以上の台風4号の威力に驚くことに。

遊歩道は完全に水をかぶっていました
川の水面から遊歩道までは2メートルくらいの高さがあります。
この遊歩道が川の水をかぶるというのは、
私が経験する中では、那須水害ともう一度だけ。
おそらく、今回は彩つむぎの下で30センチほど、
所によっては50センチ以上、水をかぶったようです。
遊歩道にヤマメが一匹、乗り上げて死んでいました。

遊歩道に渡してある温泉パイプも流されていました。
当館に来る温泉だけでなく、
地区の温泉全てがストップしています。

幸い、当館は地区からの温泉だけでなく、
敷地内に地下から汲み上げる自家源泉があり、
内風呂などの利用は可能ですが、
地区からの源泉を利用する露天風呂が使えません。
復旧に一日まるまるはかかるということで、本日休館です。

今までの大雨の被害は、どちらかといえば、
長時間、雨が降り続けての被害でした。
今回の台風は、一気に来て、一気に去って・・・

塩原の箒川としては、おそらく、
那須水害にも匹敵するほどの規模の大雨
だったと思います。
しかも、ごく短時間の内にという点では、今までで一番かも
夜中には何時間か、国道400号線も通行止めになりました。
崖崩れなどの被害がなかったのは不幸中の幸い。
とにかく、少しでも早い温泉の復旧を祈るばかりです。

テラス下

彩つむぎテラスより、
今朝の風景。

 

 

 

 

 

鹿股川と箒川の合流地点

こちらは少し上流。
箒川と支流の鹿股川の
合流地点。


 

 

 

 

川の水をかぶった遊歩道彩つむぎ下の遊歩道。
草がなぎ倒されて、
水をかぶったことがわかります。

 

 

 



この辺りは50センチ以上も川の合流地点あたりは、
50センチ以上、
もしかすると1メートルくらい、
水をかぶったようでした。

 

 

 

 

ヤマメが一匹!

遊歩道にヤマメが一匹!




2012年6月19日 08:50
 
塩原温泉、けさはくもり。
今にも雨が降りそうな気配。
予報でも一日雨の予報。
進路が非常に気になる大きな台風も近づいています。

さて、昨日の塩原ヨシ沼大沼のすぐそばにあります。
私は、日頃から大沼にはできる限り足を運びます。

大好きな山野草に必ず出会えるし、
静寂に包まれた大沼は、私にとって、一番の癒しの場所
です。
この日もほとんど人もいなくて、
ただひたすらに、エゾハルゼミとカエルの大合唱
(これだと静寂とはいえませんね・・・)
時折、野鳥のメロディーが加わって・・・
いつ来ても期待を裏切られません。

ズミの花がまだ見られるかと思っていましたが、
もうすでにほとんど散ってしまっていました。
入れ替わるように、カンボクの花が色づき始めて。

周辺には、ヤグルマソウや、

そしてひょっとしたらという期待どおり、
モリアオガエルの産卵の卵塊が木の上に。
またきれいなまん丸のボール状で、きれいでした。

カンボクカンボク。
しばらくカンボクの小道が続きます。

 

 

 

 


カンボク

まだ少し緑がかっています。
段々白く、花も大きくなります。

 

 

 

 

 

マイズルソウ

目をこらすとマイヅルソウや

 

 

 

 

 


クルマバソウ

クルマバソウなどの、
小さな花も咲いています。

 

 

 

 

 

ヤグルマソウ

周辺にはヤグルマソウ。
これは大きいので
すぐにわかります。

 

 

 

 


モリアオガエルの卵塊

そしてこれは花ではなく、
モリアオガエルの卵塊。
泡状のボールの中に
沢山の卵があり、
オタマジャクシになって、
水に落ちます。


 

 

 

彩つむぎから車で約15分。
自然が好きな方でしたら、どの季節(冬だって!)おすすめスポットです。




2012年6月18日 08:39
 
塩原温泉、今朝は青空が広がっています。
台風が近づいていますので、
まさに梅雨の晴れ間といったところのようです。
有効に使いたいですね。


さて、ちょうど一週間前に、塩原ヨシ沼に行ってきました。
大沼から、奥塩原新湯に抜ける途中にあります。
日本一小さなトンボ、ハッチョウトンボの生息地として知られています。

実はまったくふらっと立ち寄ってみたのですが、
そこには思いがけず素敵な風景が広がっていました。

ちょうどレンゲツツジがきれいに咲いていて、
ワタスゲの白い穂も沢山、風に揺れていました。

ミツガシワの花はもう遅かったようですけど、
(最後の1〜2本の花がまだ残っていました)
モウセンゴケ、ウラジロヨウラク、サギスゲにも出会えました。

そして、沼にふさわしく、すでに何種類かのトンボも。
都会では決して味わえない時間が過ごせます。

ヨシ沼

レンゲツツジとワタスゲ。

 

 

 

 

 


レンゲツツジとワタスゲ

 

 

 

 

 

 


レンゲツツジ

レンゲツツジ。

 

 

 

 

 


ミツガシワミツガシワ。

 

 

 

 

 


モウセンゴケモウセンゴケ。

 

 

 

 

 


ウラジロヨウラクウラジロヨウラク。

 

 

 

 

 


カマツカカマツカ。

 

 

 

 

 


オダマキオダマキソウ。




2012年6月16日 08:41
 
塩原温泉、今朝はしとしと雨。
空は少し明るいのですが。
梅雨らしい天気です。
やはりちょっと肌寒くなっています。

さて、昨日のヒマラヤの青いケシが咲く上三依水生植物園
塩原から車で20分もかかりません。
電車でも東武鉄道野岩線、上三依塩原温泉口のすぐそば
歩いてもいける場所にあります。
塩原からだと市営バス“ゆ〜バス”も出ています。

ヒマラヤの青いケシ以外にも、色々な花が咲いていましたので、
まとめて紹介したいと思います。

ショウぶ水生植物園ですから、
水辺の植物が色々。
ちょうどショウブ(?)
咲いていました。
アヤメ、ショウブ、カキツバタ・・・
ちょっと判別できません。

 

 

 

ショウブ

こちらはショウブだと思います。

 

 

 

 

 


オダマキソウ

オダマキ
色々な色がありました。

 

 

 

 



フウロソウ

フウロソウの仲間
これはアサマフウロだと
思うのですが。

 

 

 

 


ハクサンフウロ?

同じフウロソウの仲間。
ハクサンフウロでしょうか。

 

 

 

 

 

クリンソウ

クリンソウ
白、桃色、ピンクなど。

 

 

 


 


キバナクリンソウ

キバナクリンソウ

 

 

 

 

 


コマクサ

コマクサ

 

 

 

 


 

ワスレナグサ

ワスレナグサ

 

 

 

 

 


バイカイカリソウ

バイカイカリソウ
ちょっと目立たない所に。

 

 

 

2012年6月15日 08:43
 
塩原温泉、けさはくもりです。
しばらく梅雨らしい天気が続きそうです。
雨さえなければ、暑すぎず(ちょっと肌寒いくらい)で
活動するにはちょうどいい具合かもしれません。

さて、昨日は、前から見たい見たいと思っていた、
ヒマラヤの青いケシを見に、
彩つむぎから車で20分弱の所にある、
上三依水生植物園に行ってきました。

この周辺は川遊びができる場所があるので、
子供たちが小さな頃はよく行きましたが、ここ何年もご無沙汰。
最近はヒマラヤの青いケシが毎年話題になり、
とても気になっていました。

ちょうど見頃でした。
よく新聞などで見るような、きれいな真っ青。
ここまで青い花は、なかなかありませんね。
その花びらの薄さといい、何ともはかなげ。

園内3ヶ所ほどの場所にまとまって咲いています


ヒマラヤの青いケシ

 

 

 

 

 

 


ヒマラヤの青い?ケシ

 

 

 

 

 


 

見事なブルー




2012年6月14日 08:32
 
塩原温泉、今朝はくもり。
予報ではこの後晴れるようですが・・・
連日梅雨寒で、昨日はセーターを引っ張りだしました。
今日は少し暖かくなりそうです。

さて、那須でショートフイルムフェスティバルが始まるのと、
ほぼ同時期に、東京や横浜を舞台に、
「ショートショートフイルムフェスティバル」も
開催されます。

これはアカデミー賞とも連動している由緒あるフェスティバル。
今年はいくつかある部門の内、
「旅ショーット!プロジェクト部門」に、なんと、
昨年の那須ショートフイルムフェスティバルに出品した
塩原温泉観光協会プロデュースの
「Maboroshi  Hot  Spring 〜幻温泉〜」

数ある作品の中からたった10本の中にノミネート。
10本の他の作品には、函館のイカール星人や、
香川のうどん県など、有名どころがいっぱい。

これはすごいことですね。

主人公の少年は塩原小学校の生徒。
私の友達の息子さんです。
舞台はもちろん、塩原温泉。

亡くなった母を思う子供の心象を、
塩原温泉の美しい風景の中に散りばめています

ちょっとじ〜んとくるストーリーになっています。
もし機会がありましたら、ぜひご覧ください。


東京などでのショートフィルムフェスティバルのHPはこちら。
http://www.shortshorts.org/

同フェスティバルの旅ショーット!プロジェクトについてはこちら。
http://www.shortshorts.org/2012/ja/list.php?cid=4

幻温泉の予告編についてはこちら。(是非見てください!)
https://plus.google.com/u/0/118151979137710267469/posts/Tf788veiSE5#118151979137710267469/posts/Tf788veiSE5

2012年6月13日 10:06
 
塩原温泉、今朝はくもり。
昨日も今日もかなり肌寒い天気になっています。

さて、毎年行われている
那須のショートフィルムフェスティバル
今年も6月19日から24日まで始まります。

会場は那須南が丘牧場
11時から、5回に分けて、様々なプログラム
プログラムは7種類もあり、
それぞれ、6〜7本のショートフィルムが上映されます。

ショートフィルムには、
決して、商業映画には出せない、独特の世界があります。
時間が短いだけに、ぎゅっと濃縮したものが。
中には実験的な映画もあり、
かなり、面白い内容です。

そして、24日、最終日に発表される賞は、
鑑賞した皆様の投票で決まるというダブルのお楽しみも。

南が丘牧場は商業牧場としても、
一日、たっぷり遊べますし、
濃厚ソフトクリームや、ミルクジャムなどのスイーツなど、
おいしいものもいっぱい。

是非、この期間は足をお運び下さい。
写真は今年のパンフレット。
毎年フェスティバルのポスターを描いている、
那須在住のイラストレーター、米倉万美さんの作品。
今年はイメージキャラとして定着した、
「バーロイヤルのママ」の金太郎飴も登場です!

http://www.nasu-filmfest.jp/


那須ショートフィルムフェスティバル



2012年6月12日 08:45
 
塩原温泉、けさはくもり。
どんよりと霧がかかって、寒くなっています。
いかにも梅雨らしい天気。
涼しくていいのか、梅雨寒というか・・・

さて、栃木県民の日にちなんでの、もう一つの話題を。

彩つむぎから車で約55分、
那須どうぶつ王国でも、今月1ヶ月間(正確には7月1日まで)は
「栃木県民特別感謝月間」です。

大人(中学生以上)1800円→900円
こども(小学生)1000円→無料
幼児(3歳〜未就学児)700円→無料
シニア(60歳以上)1000円→無料

この割引額はうれしですよね。

王国では、アルパカに加えて、
カピバラレッサーパンダなどの新しい人気者も続々登場。
バードパフォーマンスショーや、
猫のサーカスなど、
次から次へと、目が話せないパフォーマンスも。

最近びっくりしたのは、こちら。

アルパカレー

 

 

 

 

 

 

 

アルパカの形をした、その名も「アルパカレー」です。
よく工夫されていて、思わずオーダーしたくなりますよね。

那須どうぶつ王国のHPはこちら。
http://www.nasu-oukoku.com/

那須マウントジーンズや、平成の森、
那須フラワーワールド、アルパカ牧場も近く、
広大な敷地で一日、たっぷり遊べます。


2012年6月11日 08:39
 
塩原温泉、 今朝はくもり。
雨降るのかな〜どうかな〜というような空です。
今日はちょっとだけ山に入ろうと思うので、
できればお天気もってほしいです。

さて、もうすぐ6月15日。
といっても関係ない方にはわからない。
でも・・・栃木県民なら知らぬ人はいない?
「栃木県民の日」です


「県民の日」って、どこの県にもあるのでしょうか。
私は栃木県民になる前は神奈川県民でしたが、
神奈川県にもあったのかと、調べてみました。
(県民の日〜Wikipedia)

全部の県ではないようですね。
でも神奈川県もありました。

栃木県ってどうして皆さん、知っているのかなと、
常日頃より不思議に思っています。

もう一つ不思議に思っていること。
栃木県の人は、県民の日のみならず、
「栃木県民の歌」を歌える人が多い!
先日も地元の小学校の先生方が、
皆ソラで歌っているのを見て衝撃を受けてきました。

栃木県のHPには「栃木県民の歌」をダウンロードできるページが。
http://www.pref.tochigi.lg.jp/c05/intro/tochigiken/hakken/aramashi6_index.html

これが大人気だそうで、
一日1300回もダウンロードされた日もあるのです。
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20120412/760896

栃木県民ってかなり「郷土愛」が強い県民なのではないかと思います。

前置きが長くなってしまいましたが、
彩つむぎでも、「栃木県民の日」は「栃木県民感謝デー」
栃木県民の方は基本料金を1000円割り引きいたします。
平日ですので、まだ空室ございます。
栃木県民の方、ウエルカムです!

(塩原温泉ただ今<ウエルカム新緑!ウエルかぶ塩原♪>キャンペーン中)


2012年6月10日 08:56
 
塩原温泉、けさはうすぐもり。
先ほどまで青空が見えていました。
今日はまずまずの天気になりそうです。

さて、もう一つ、鬼怒川温泉からの帰りに立ち寄った場所。
湯西川温泉の立ち寄り入浴施設「水の郷」です。

湯西川温泉は、すぐ近くに湯西川ダムを建設しており、
長い建設期間を経て、ようやくダムが完成
もう近々、放水が始まるとの噂です。

そのダムのために沈んでしまう地区があり、
その地区の方が移住した一画に、「水の郷」があります。

周囲も皆新しい家ばかりで、プチビバリーヒルズのよう
もちろん「水の郷」も新しくて、素敵な建物でした。

温泉はpH9.4というアルカリ性単純温泉
塩原ではここまでアルカリ性の温泉はあまりなく、
入った瞬間に独特のぬめりを感じます。
景色もいいし、とてもいい温泉だと思いました。

営業時間終了ぎりぎりに訪れたために、貸切〜♪
湯西川温泉はダム建設に伴い、
道もかなり整備されて、塩原からとても近くなりました

湯西川ダム湖完成して、放水間近の
湯西川ダム。
水が満々と。

 

 

 

 


湯西川 水の郷

こちらが水の郷。
水車もあって、立派な建物です。

 

 

 

 

 

水の郷 露天風呂

露天風呂。
すぐ眼下が渓谷。
緑に手が届きそうです。

 

 

 

 

 

 


湯西川温泉水の郷
http://yunishikawa-kawamata-okukinu.jp/119.html


2012年6月 9日 09:16
 
塩原温泉、今朝は雨です。
昨日九州から東海までが梅雨入りとのこと。
関東もそろそろかと思います。

さて、鬼怒川温泉でのインバンウドセミナーの帰り道、
2箇所立ち寄ってきた場所があります。

塩原〜鬼怒川のルートはいくつかあるうち、
尾頭トンネルを抜けて、五十里湖を経由するルートで行くと、
途中にある川治温泉湯西川温泉です。

両方ともとても近いです。
東武鉄道野岩線・湯西川温泉駅だと、30分ちょうどくらい。
川治温泉は45分くらいでしょうか。

川治温泉はやはり山間の温泉地で、
塩原温泉よりもこじんまりとした温泉街情緒あふれる町です。

あまりに近くて、日頃は通過するばかり。
今回は川治温泉にある、アウトドアプログラム運営会社、
「ネイチャープラネット」さんにいる知り合いをたずねて、
ふらっと立ち寄ってみました。

「ネイチャープラネット」さんは、
板室温泉のダム湖などのアウトドアプログラムを請け負っており、
塩原ネイチャープロジェクトZACKの面々とも顔見知りです。

川治温泉のとてもいい場所にあります。
すぐお隣が「かわじいふるさとの駅」
観光客の方がぶらっと入れる休憩所で、
足湯やきれいなトイレもある広場の一画。
こういう広場はいいですね。

えっ?「かわじい」って何?

「かわじい」
は川治温泉のゆるキャラです。
川治だから「かわ爺」ということで、仙人のようなおじいさん。
広場にもいましたよ。

川治温泉も年間を通して、
工夫を凝らしたイベントなどが多いところです。
塩原温泉共々、お出かけくださいね。


かわじいふるさとの駅左がかわじいふるさとの駅。
右がネイチャープラネット。

 

 

 

 

 

かわじいふるさとの駅の中

かわじいふるさとの駅の中。
古いだるまストーブやミシン、
そして、何と氷の冷蔵庫も!
なんともいえない雰囲気でほっとします。
建物自体もふるい家屋を利用。

 

 

 

 

 


かわじい

これが「かわじい」です。

 

 

 

 

 


かわじいの湯

かわじいの後ろに足湯。

 

 

 

 

 


川治温泉薬師の湯

そして川と立ち寄り湯の
「薬師の湯」も。
塩原温泉の福渡地区と
ちょっと似た感じです。

 

 

 

2012年6月 8日 08:53
 
塩原温泉、今朝は晴れていますが、
暑すぎず、過ごしやすい天気の一日です。
この晴れ間は今日だけ。
お天気ちょっと下り坂。そろそろ梅雨いりでしょうか。

さて、先日鬼怒川で行われた
JTBによるインバウンドセミナーに参加してきました。

インバウンド・・・
東日本大震災の影響で、昨年は外国人観光客がかなり減りましたが、
すでに震災前の状況に戻りつつあるといいます。

ただ、塩原温泉では、外国人観光客受け入れについては、
まだまだ体制が整備されていません。

看板や案内などの外国語表記や
パンフレットの作成など、
やらなくてはいけないことが沢山あります。

栃木県内では、鬼怒川温泉が断トツで先進地です。
観光庁の方の話や、鬼怒川温泉の方々の話を聞いていました。
色々な事例や工夫を教えていただき、
考えることが多い、中身の濃いセミナーでした。

インバウンドセミナー

 

 

 

 

 

 


インバウンドセミナー2




2012年6月 7日 09:47
 
塩原温泉、今朝は晴れています。
昨日からちょっとぐずつき気味の天気です。
昨日の金星の太陽前通過も見損ねてしまいました。
6月に入ったので、入梅も間近なのかもしれません。

さて、今庭の片隅で風にふわふわと揺れている花があります。

オキナグサ

 

 

 

 

 

 


オキナグサの花です。
オキナグサとは翁草
まさにおじいさんのひげのようで、よく表現したものだと感心します。

実はおじいさんのおひげみたいなのは、
花が終わってから種になる過程
ちょうどこの株で、その過程が全て見られますので、ちょっと紹介。

オキナグサ1

これが花です。
チョコレート色で
なかなかシックですね。

 

 

 




オキナグサ2

花が終わって、
中からなにやらにょきにょきと。

 

 

 

 

 

オキナグサ3

おやおや。
もじゃもじゃとしてきましたよ〜。

 

 

 

 

 

オキナグサ4

色も変わって、
さらにもじゃもじゃ。
この辺でおじいさんのひげ状態。

 

 

 

 

 

オキナグサ5

そして、さらに綿毛が出てきて、
ふわふわ状態に。
こうなれば、
タンポポの綿毛と同じで
風に吹かれて飛んでいきます。
さわると気持ちいいですよ。

 

 

 


このおひげの一本一本に種がついています。

種を採取してから1ヶ月以内が蒔き時なのだそうです。
川砂のようなさらさらとした土に蒔き、土をかぶせます。
発芽して次の年には花はつきませんが、
2年たつと開花し、この状態で庭にこぼれ種で殖えていきます
ちょっと乾き気味の原っぱや川原のような場所がいいみたいです。

欲しい方に差し上げていますので、
どうぞお声をかけてください。


2012年6月 6日 08:52
 
塩原温泉、今朝は雨。
金星の太陽前通過で盛り上がっていますが、
残念ながら、当地では太陽が出ていません(T_T)

さて、昨日はブログで予告したとおり、
塩原高原かぶの農家の視察に行ってきました。

私自身は何度も行っているので、
今回は特にブログに投稿するつもりもなかったのですが、
また、驚きの気づき!がありましたので、
やっぱり、報告させていただきます。

結論!
採れたての塩原高原かぶはフルーツかぶ!

2軒の農家を訪れたのです。
どちらでも畑からかぶを抜いて、その場で食べさせていただきました。
これはもはや、普通に考えるかぶではありません。
参加した方のコメントは「柿」もしくは「桃」

確かに、本当の柿や桃ほどの甘さはありません。
でも、その表現は決して間違っていないのです。
その甘さ、みずみずしさ、食感。
どれをとってもフルーツに近い感覚
でした。

口に入れた時にまず、甘さを感じます。
そしてかむと、じゅわ〜っと水分が。

私もさんざん塩原高原かぶを食べてきていますが、
畑で採れたてのを食べるのは初めてです。
ここまでの味とは!

そしてその新鮮さを証明するのが、その食べ方。
何とかぶを手で皮をむいて食べられるのです。

伐ったばかりの木(や枝)の皮をはいだことはありますか?
するっと、むけて、皮と幹の間から水分が出てきますよね。
あの感覚です。

今回、改めて塩原高原かぶのすばらしさを目の当たりにしました。
これは皆様に、ぜひとも食べていただかなくては!

6月いっぱい、塩原温泉では
この塩原高原かぶを使ったおもてなし、
<ウエルカム新緑!ウエルかぶ塩原♪>キャンペーン実施中
宿やお店で必ず、かぶ料理をお出ししています。
どうぞ、お出かけください!

塩原高原かぶ農家の視察 畑おいしいものは美しい。
きれいに並んだ塩原高原かぶ。

 

 

 

 

 

畑のかぶをそのまま畑で採ったかぶを切ってくれてます。
手元に注目。

 

 

 

 


新しいむき方?切り込みを入れて、
手で皮をむいて食べました。

 

 

 

 

 

マネしてみました!これは私が帰ってから
自分で切ってむいて、
撮影したものです。
面白いようにむけるので、
10個近く食べてしまいました。

 

 


 

めちゃくちゃおいしい!

まさに桃!

 

 

 

 

 


農家の方のお話を聞く

こんなに広大な土地で
作られています。

 

 

 

 

 

おいしいものは美しい

こちらの畑も美しい〜!

 

 

 

 

 


まだちょっと小さい

まだちょっと小さめですが、

 

 

 

 

 


とれたて!

採れたて!

 

 

 

 

 


ハクビシンの食害

何とハクビシンの被害が。
サル、シカなどの食害もあり、
苦労しているそうです

2012年6月 5日 08:49
 
塩原温泉、今朝はくもりです。
またちらほらと雨マークが少し現れています。
昨夜も曇っていて、、部分月食の時に月は見えませんでした。
今日はくもりで、何とか降らずにいてくれるでしょうか。

今日はこれから、地元の塩原高原かぶ農家の視察に行くのです。
私は日頃から農家の方たちとの交流をとても大切にしています。
実際に畑を訪れて、話をすることで、
色々教えていただけるし、その作物へ思い入れも強くなります。

特に塩原の高冷地野菜の産地は、
標高が高くて、とっても気持ちがいい所ばかり。
風景としても、なかなかの場所
のんびりとした農村風景は、やはりいいですよね。

でも意外と皆さん、実際に見たことがない人が多いようです。
今日は「塩原温泉うんまいもんプロジェクト」の活動として。

写真はついこの間訪れた農家で。
朝収穫した塩原高原かぶを水洗いして、
水を切っているところ。
この後、箱詰めして、JAの集荷場に持っていきます。

夕方にはトラックが集荷場を出発。
その日のうちに関東一円の市場に届け、
翌朝のせりにかけられるという流れになっています。

農家見学は「大人の社会科見学」のようでもあり、
今日も楽しみです!

ずらり並んだ塩原高原かぶ


2012年6月 4日 08:53
 
塩原温泉、今朝は晴れ。
週間天気予報から雨マークが消えました。
快晴とはいかなくても、まずまずの天気が続きそうです。
若葉の緑あふれる塩原渓谷、美しいです

さて、もう一つ塩原高原かぶを使った料理?を紹介。
話題の「とて焼」が登場です。

ウエルカム新緑!ウエルかぶ塩原♪キャンペーンに合わせて、
キャンペーンにちなんだ期間限定の
「かぶとて」今井屋製菓さんが商品開発しました。

塩原高原かぶの葉の部分と実の部分と、
それぞれをムース状にして、
あんこ、生クリームと一緒に巻いています。

味や食感にかぶのおいしさを感じる逸品
そして、何より秀逸なのが、
生のかぶをハートの形にくりぬいたトッピング
「しおばラブ」にちなんだハート型ですが、
生の塩原高原かぶのおいしいこと!

6月いっぱいの限定品。
ぜひともご賞味ください。

かぶとて




2012年6月 3日 08:50
 
塩原温泉、今朝はくもり。
フラワーウエディングの天気が気になりますが、
何とか、もつのではないでしょうか。
5組のカップルの方、本当におめでとうございます。

さて、先日お伝えした
「ウエルカム新緑!ウエルかぶ塩原♪」キャンペーン
新聞各紙にもあちこちで取り上げていただき、
お客様にも大変好評です。

とにかく、素材がいいから、どう食べても美味しいのですが、
各旅館や店舗で色々工夫してくれているようで、
仕掛け人の一人としては、何ともうれしい限りです。

ところが・・・肝心の当館のかぶ料理を紹介していなかった!
と昨日気がつきまして、改めて紹介させていただきます。

当館でも毎年様々な調理方法で塩原高原かぶを提供しています。
今年は、「焼く」がテーマ。

塩原高原かぶの丸焼きです。
それに塩麹に漬け込み、蒸した鶏と
青みにスナップえんどうを添えて、
黒米のソースに乗せて、召し上がっていただいています。

塩原高原かぶを使って

 

 

 

 

 

 


もともと、甘くて柔らかいかぶを、焼くことによって、
旨みをぎゅっと閉じ込めています。
口に入れると、じわっという食感でその旨みが広がり、
何ともいえないおいしさです。

塩麹漬けの蒸し鶏の美味しさは言わずもがな。
ちょっと珍しい黒米のソースで味わいを深くしています。

塩原高原かぶが出回る時期いっぱいのご提供です。
おそらく6月いっぱい大丈夫だと思うのですが。
今が旬の味、どうぞ味わってください


2012年6月 2日 09:30
 
塩原温泉、今朝はよく晴れています。

早いものでもう6月です。
最近、一日の中で晴れたり、曇ったり、雨が降ったりと
安定しない天気が続いています。
そろそろ入梅の頃ですね。

さて、明日6月3日は
毎年行われている、塩原フラワーウエディングの日です。
全長320メートルのもみじ谷大つり橋
ヴァージンロードに見立てて、
5組のカップルが結婚式をあげます。

昨年は震災直後ということで、
震災で式をあげられなかったカップルも加わり、
メディアなどでもかなり取り上げられましたが、
さて、今年はどんなカップルが誕生するのでしょうか。

今年は大つり橋の下の塩原ダム湖を使った、
特別な演出も予定されているとか。

大勢の方に祝福されますように

昨年の様子はこちらから。
http://blog.livedoor.jp/ayatsumugi/archives/2011-06.html?p=2#20110613

�����帥��莪桁ぇ��ゃ��罘����������������

 

 

 

 

 

 



 また、明日は他にもイベント色々。

宇都宮の県庁前広場では歌手えりのあさんが中心になっての
<とちぎ元気アッププロジェクト>の収録イベント
「とちぎ食の回廊」の歌のパフォーマンスを競い、
優秀な方やグループを表彰。
表彰の景品として、彩つむぎの優待券(2万円相当)などを提供しています。
えりのあさん特注のピンクのトラクターに注目!
http://tochigigenki.com/

宇都宮でもう一つ、県庁そばの二荒山神社前広場にて、
宇都宮餃子会による<一日だけの餃子まつり>
餃子の消費量日本一奪回をめざして、気合充分です。
http://www.gyozakai.com/information/3479.html

また地元那須地域でも
那須の美味しいものを集めての<那須朝市>
那須地域の人達の熱い絆を感じるイベント。
準備の様子などがFBページ他で見られます。
https://www.facebook.com/nasuasaichi
http://www.nasunavi.info/blog/archives/2272

合わせてご覧くださいね!


2012年6月 1日 08:45
 
塩原温泉、今朝はくもり。
先ほどまで少し雨も降っていました。
お天気下り坂。
週末の天気が気になります。

さて、昨日紹介した塩原ダム湖のEボートツアー
途中にカワウの巣を見ることができます。

それも、1本の木のあちこちに作られた
沢山の巣を巣立ち前のヒナたちを。

なぜか1本の木なのです。
そのあちこちに巣がかかっていて、
ボートが近づくと、一斉に警戒の声をあげ、
巣からバサバサと飛び立つのは圧巻です。

今はちょうどヒナたちが巣で大きくなりつつあり、
先日も巣立ちももうすぐといった雰囲気でした。

ダム湖の魚をみんな食べてしまうので、
その対策を考えなくてはならないのですが、
とりあえずは貴重な風景かと。
その内、塩原でも鵜飼いができるかもしれませんね。

また、つい2日ほど前のカヤックツアーでは、
昨日の写真にもある、回顧の滝のところで、
枯れた木の上にムササビがいたのだそうです。
ニホンカモシカや、鹿にも出会ったりします。
まさに自然のサファリパークという感じですね。

カワウの巣

 

 

 

 

 

 


巣立ち前

 

 

 

 

 

 


アップで