カレンダー
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
2017年8月
2017年8月16日 08:49



塩原温泉、今朝も雨。
小雨です。
昨日は一日、本降りの雨。
お盆休みにこれだけ天気が悪いのは、
私の記憶でもなかったように思います。

あまり暑いのも嫌ですけれど、太陽の光が恋しい毎日です。

さて、毎年、この時期になると気にする花があります。
キツネノカミソリ

変わった名前の花です。
花には意外と動物の名前が付いているものが多く
キツネノボタン、キツネノマゴ、キツネノカミソリ・・・
狐にちなんだ花もいくつか

キツネノカミソリは、
花の色が狐に似ていて、
葉が剃刀のように平べったいからというのが、
その名前の由来のようですけれど、
この花色、狐の色とはちょっと違うのでは?

かなり鮮やかなオレンジ色です。
山の中、どちらかと言えば水が近い場所に、
この色ですから、咲けばけっこう目立ちます。

ただ、前触れもなく、いきなり花が登場しますので、
これを見つけるのが、楽しいのです。

いきなり登場というのは、ヒガンバナ科の花だから
彼岸花の俗称に「ハッカケバア」というのがあります。

葉がない所に、すっと茎が立ち、
細い蕾をつけたと思うと、さっと咲く・・・

葉は春先に一度出て来て、消えてしまっています。
春先に葉を見つけておくのも、花の場所を見つける目安です。

この場所、しばらく行っていませんでした。
以前行っていた頃より、花が増えているような気がします。
何よりなことで、嬉しいです。
盗掘に合わないように、場所は特定しませんが、
行ってみたい方にはご説明します。


キツネノカミソリ













キツネノカミソリ













キツネノカミソリ













キツネノカミソリ













キツネノカミソリ













キツネノカミソリ













キツネノカミソリ
2017年8月15日 08:52



塩原温泉、終戦記念日の今朝は雨。
毎年、終戦記念日は猛暑のイメージですが、
今年の夏はどこに行ってしまったんでしょう

連日雨。通常、朝から昼過ぎまでは晴れて猛暑になり、
夕方に夕立というのが、毎年の8月のパターン。
ところが、今年は青空すら見える時がなくて。。。
お盆期間ずっと雨というのも珍しいです。
少しでもお天気回復しますように!

さて、ゆりパークの続きです。

ゆりパークに行くと、沢山の昆虫に会えます。
特に蝶、それもアサギマダラに。

アサギマダラは「旅する蝶」と言われ、
長い距離を移動することで知られています。
海を越え、山を越え。

どこから来て、どこに行くのか、
そこまではわかりませんが、
毎年、必ず塩原のどこかで出会っています。

というのも、塩原に多い、
ヒヨドリソウ、ヨツバヒヨドリが大好きだから
ハンターマウンテンゆりパークには、
これらの花が沢山咲きますので、
それを目当てに、アサギマダラが集まってきます。

はっきりとした模様と色が美しい大型の蝶
白く見えている部分は実はほんのり水色です。

ゆっくりひらひらと優雅に飛ぶので、
とても目立ちます。

ゆりパークで昆虫を追いかけているのは、
いつも自分くらいなのですが(笑)、
今回はアサギマダラの乱舞に、
沢山の方が気づかれて、写真を撮っていました


一度見ると虜になります。
花だけでなく、蝶も探してみて下さい。


ゆりパーク2017.8.13













ゆりパーク2017.8.13













ゆりパーク2017.8.13













ゆりパーク2017.8.13





2017年8月14日 08:41



塩原温泉、今朝はくもり。
またどんより空に戻ってしまいました。
半袖だとちょっと寒いくらい。
涼しいのはよろしいのですが、
夏らしい青空はどこへ?
今日明日と塩原温泉夏祭り。
雨、降りませんように。

さて、8月、一番のおすすめスポットは、
何と言ってもハンターマウンテンゆりパーク
です。

毎年2回は訪れています。
前半と後半と。
早咲きの良さと遅咲きの良さがあります。

前半、今年はなかなか行く日がなくて、8月1日に。
やっと行けたのに、その日は霧が出て来て、
幻想的な風景ではあったものの、
濃い霧に包まれて、見通しが悪く。

その内リベンジするつもりが、
その後もずっと天気が今一つ。
昨日の午前中、近くで用事を足していたら、
きれいな青空になってきたので、
急ぎ足を運んでみました。

ところが、ゆりパークに着く頃にはお天気急変。
結局、途中雨にまで降られてしまいました。
それでも、前回の濃霧を思えば、リベンジなったかな。

後半の遅咲きの百合、
オリエンタル系の大輪の百合が最盛期
です。
オリエンタル系の百合は香りもよく、
終始、百合の香りに包まれながらのひとときでした。

前回満開だったヤナギランには綿毛の種子が。
これもまた貴重な風景です。

ハンターマウンテンゆりパークは8月27日(日)まで
この風景お見逃しなく!

つぼみの百合も多く、まだまだ絶好調です。
地元の塩原中学校の生徒が植えたスペースもつぼみ。
どんな花模様が描かれているのか、お楽しみに!


ゆりパーク2017.8.13













ゆりパーク2017.8.13













ゆりパーク2017.8.13













ゆりパーク2017.8.13













ゆりパーク2017.8.13













ゆりパーク2017.8.13













ゆりパーク2017.8.13













ゆりパーク2017.8.13













ゆりパーク2017.8.13













ゆりパーク2017.8.13













ゆりパーク2017.8.13













ゆりパーク2017.8.13













ゆりパーク2017.8.13





2017年8月13日 09:03



塩原温泉、今朝は晴れ。久しぶりの青空です。
でも予報ではこの青空も午前中いっぱい。
午後にはまたくもりマーク。
連日涼しくて過ごしやすいのは助かるものの、
入道雲が立ち上がる夏空が恋しくもあります。

さて、
お盆休み期間に入っています。
塩原温泉街は七月盆ですが、
お盆休みに合わせた「夏まつり」を毎年行っています。

14日、15日の二日間、18:30〜21:00、
門前・古町地区の温泉街は歩行者天国
となり、
お祭りの縁日が立ちます。

14日は19:30より、門前地区榮太樓さん前にて、
しゃぼん玉をお配りします。
皆さんに飛ばしてもらい、

「風の通り道」を感じていただくイベント。

これは現在、8月の1か月間、
塩原もの語り館(連日12時〜)
もみじ谷大吊橋(連日13時〜)
湯っ歩の里(連日14時〜)
七つ岩吊橋(連日15時〜)
と行っている
しゃぼん玉のおもてなしに連動しています。

20時から20分間は花火が上がります。

また、今日から塩原もの語り館で、
お琴やフォルクローレなどの演奏があります。

13日 10:30〜、13:30〜 お琴(琴アンサンブル楓)
14日 15:00〜、19:00〜 和太鼓(谷口武芳)
15日 15:00〜、19:00〜 フォルクローレ(高山直敏)


塩原もの語り館2階レストラン洋燈(らんぷ)が、
14、15の両日、営業が21時までとなるのも嬉しいですね。

彩つむぎから歩行者天国までは、歩いて15分程度です。
お出かけになる方は、夕食をお早目に済ませてどうぞ。


塩原夏まつり2017
2017年8月12日 08:51


塩原温泉、今朝はくもり。
うっすらと青空も見え、蝉の声も聞こえてきましたが、
予報ではくもり後雨。
涼しくて助かっています。


さて先日、用事のついでに、
上三依水生植物園に立ち寄ってきました。
上三依塩原温泉口駅のすぐ近く。
こちらはすでに日光市ですが、塩原から車で20分弱。
さっと行って、さっと帰って来られます。
(そして園内見学も駆け足でしたけど・・・)


水生植物を中心に、
四季折々の山野草が
見られるので、
花好きには、いつ行っても楽しい場所です。

現在夏の山野草が花盛り。
スイレン、アサザ、ミソハギ、サワギキョウ、
ユウスゲ、ノカンゾウ、ヤブカンゾウ、ヘメロカリス、
シモツケソウ、モナルダ、ギボウシ、ノウゼンカズラ、トモエソウ、
フロックス、ユウゼンギク、キキョウ、ハナツリフネソウ・・・

あまりに、色々な花が咲いていて、
全部の写真を載せることができません。

楽しみなキレンゲショウマはまだ咲き始め。
かなり群生していますので、
満開になったら、見事でしょう。

上三依水生植物園ミソハギ













上三依水生植物園シモツケソウ













上三依水生植物園キレンゲショウマ













上三依水生植物園スイレン













上三依水生植物園













上三依水生植物園













上三依水生植物園アサザ













上三依水生植物園ヤブカンゾウ













上三依水生植物園トモエソウ













上三依水生植物園













上三依水生植物園フロックス













上三依水生植物園













上三依水生植物園ハナトラノオ













上三依水生植物園ヘメロカリス













上三依水生植物園
2017年8月11日 08:49



塩原温泉、山の日の今朝はくもり。

梅雨明けしてから、
夏の晴れ空の日はほとんどなく、曇りがち。
そういう日のほうがゲリラ的な雨もなく、
涼しいので、大変過ごしやすいのですが、
(本日の山の日イベントに参加している方も助かるのでは?)
これでいいのかしらと思う毎日です。
からっとした青空が恋しいです。


そんな中、夏ならでは
夏にしか食べられない食材夕顔が登場です。

夕顔は干瓢の材料として使われます。
栃木県南の生産地でも、ほとんど干瓢になりますが、
それを食材として使っていこうという取組を
何年か前より行っています。

癖がなく、和洋中華、何でもござれ
冬瓜と似ているので、冬瓜を使う料理は全てOK。
さらに、炒め物やデザートにも
皮以外は全て余すことなく使える
コストパフォーマンスが良い食材

カリウムやカルシウム、食物繊維を沢山含む、
大変栄養価が高い食材でもあります。

とりあえず、彩つむぎでは朝の煮物をメインに、
7月から使っています。
最初は県南の干瓢農家から送ってもらっていますが、
ようやく、塩原関谷産の夕顔も収穫できるように

塩原関谷産の夕顔は、塩原温泉の旅館で使ってもらうために、
アグリパル塩原とタイアップして、復活生産したものです。

夏ならでは、夏でしか。
塩原ならでは、塩原でしか。

そんな食材として、さらに定着を進めて行きたいと思います。

また、夕顔を送ってもらっている、
県南のあおやぎ農園で作っている干瓢、
オシャレなパッケージに入り、
干瓢料理レシピ付きで、売店で取り扱うことにしました

この干瓢料理レシピが、なかなかのすぐれもの。

栃木県のお土産として、是非、どうぞ。

夕顔の実あおやぎ農園の夕顔。













干瓢あおやぎ農園のかんぴょう。













夕顔塩原関谷産の夕顔。
アグリパル塩原で購入できます。
奥は塩原高原大根。











塩原関谷産夕顔玄関に飾ってありますので、
どうぞその大きさを感じて下さい!
これで11.2キロです。







2017年8月10日 08:52



塩原温泉、今朝は晴れ。
台風一過の昨日はかなり暑くなるかと思われましたが、
風があり、それほど暑くはありませんでした。
さて、今日はどうでしょうか。


今日は前にお伝えしたように、
東武鉄道SL「大樹」が運行を開始する日
そして明日は「山の日」で、
記念全国イベントが那須で開催される日です。

栃木県、盛り上がってますね。
その盛り上がりの波に、塩原が乗れていないのは残念ですが。

「山の日」は栃木県塩谷町出身の、
故船山徹さんが提唱して、制定されたもの
「海の日」があるのだから、「山の日」だってあるべきだ・・・。

「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する日」・・・大いに賛同します。
ただ、どうしてまた、8月夏休み、
しかもお盆期間のすぐ前に持ってきたんでしょう。
これには、どうも賛成しかねます。

登山シーズンが本格的になる5月6月、
できれば祝日が一日もない、6月にすれば良いのにと思いました。
決まってしまったものですから、何ともできませんけれど。

さて、「山の日」記念全国大会 in 那須 2017
記念式典、シンポジウムは、午前中いっぱい、那須町文化センターで
女優の小林綾子さん、アルピニストの野口健さん、
歌手の加藤登紀子さんなど、
著名な方も沢山参加する、華やかなものになりそうですが、
こちらへの参加はすでに申込みが締め切られております。

他に、すぐそばの余笹川ふれあい公園にて、
11〜19時の間、歓迎フェスティバルが開催されています。
こちらは、那須、そして、
栃木県のいいものを五感で感じ堪能し、
食の提供や、健康づくり体験などを通じて、
改めて山の恵みに対する感謝の気持ちを持ってもらおうというもの。
一般の方が気軽に参加できます。

そして、県内各地において、
「山の日」当日はもちろん、
すでに4月から11月まで、関連イベントが色々


塩原では、11日より13日まで
塩原温泉ビジターセンターにおいて、
苔玉作りやエコバッグ作りなどの体験ができる
「ビジターセンター夏祭り」を開催。
3日間、毎日午前中、遊歩道散策ウオーキングイベントも。

ビジターセンターは彩つむぎのすぐそばですので、
お気軽にご参加いただけると思います。

ビジターセンターのHP
http://siobara.or.jp/vc/

また、県内各地の様々な関連イベントについては、

こちらのページをご参照ください。
http://www.mountainday.net/event/

写真は「山の日」記念全国大会 in 那須 2017のロゴマークと、
那須を代表する山、茶臼岳などの四季折々の写真です。
何度登ってもまた登りたくなります。
ああ、山に行きたくて、うずうずします!

ちなみに今回の記念イベントに合わせて、
栃木県で好きな山投票をしていました。
結果は茶臼岳が一番でしょうか。
それとも男体山でしょうか。
明日発表があると思います。
私も一票投じましたが、どの山に投じたかは秘密です。
このブログでもたびたび登場する山です!


山の日


















茶臼岳













茶臼岳













茶臼岳













茶臼岳
2017年8月 9日 09:08



塩原温泉、今朝は晴れ。
台風一過の青空です。
こんな青空、いつの日以来でしょう。
朝から蝉の声も盛んに聞こえてきます。

西日本に多大な被害をもたらした台風5号
おかげさまで、この辺りではそれほどの雨量ではなく、
通行止めもありませんでした。

夕方、雨が止んだら、
目の前の箒川が、川霧に覆われるという珍しい景色が
川から山肌にかけて、とても幻想的な風景が見られました。

昨日の川霧の写真と、今朝の写真と。
今日は塩原でも暑くなりそうです
クーラーのない我が家。
熱中症対策、怠らずに過ごしたいと思います。

暦の上では昨日が立秋
対岸に何やら赤い花が咲いているような箇所を発見。
ズームしてみたら、おそらくウルシの葉のようです。
一部紅葉しておりました。

少しずつ季節は秋に向かっております
くもりや雨ばかりから秋に突入でなくて良かったです。


川霧昨日夕方の川霧。
川はまだ濁流です。





















川霧天狗岩周辺。
水墨画のようでした。











台風一過変わって今朝の七つ岩吊橋。
毎日15時からシャボン玉を飛ばしていますが、今日は太陽の光を浴びてきれいになりそうです。










台風一過対岸(真ん中あたり)に赤い色が・・・













台風一過ズームしたら
漆の葉のようです。







2017年8月 8日 09:19



塩原温泉、今朝は雨。
台風5号が北陸付近を北上中です。
今ちょうど、中心がここから真西あたりでしょうか。

塩原街道は渓谷を抜けていますので、
連続降雨量が200ミリを越えると、
どのような状況でも通行止めになってしまいます

そのような場合に備えて、
日頃から全てのお客様を対象に、
当日連絡が取れる携帯電話の番号をお聞きしています。

9時現在のところ、昨夜22時からの連続降雨量は58ミリ
思ったほどの雨量でもなく、ほっとしています。
目の前を流れる箒川の水量も、
濁流ではありますが、被害が出るほどには増えていません。
今回はお客様の携帯に連絡することもなさそうです。

とはいえ、油断は禁物ですので、
台風一過をなるまで、気を引き締めていきます。

さて、昨日の辻岡農園さんの白いトウモロコシですが、
こんな料理になります。

やはり那須のこたろうファームさんの、色々な彩りトマト
那須今牧場さんの、牛乳のフレッシュチーズ「ゆきやなぎ」
そして、栃木県が誇る「プレミアムヤシオマス」などと一緒に、
サラダ仕立ての一皿に。
生産者さんに感謝する一皿でもあります。

冷たい黄身酢ドレッシングで、どうぞ召し上がれ!


彩り野菜













彩り野菜
2017年8月 7日 08:51



塩原温泉、今朝はくもり。
青空はどこに行ってしまったのでしょう。
台風5号の影響も受けているようです。
影響が大きくならないことを祈るばかりです。


さて、那須フラワーワールドに立ち寄れたのは、
こちらのとうもろこしを仕入れに行ったから。

那須辻岡農園さんの、白いとうもろこし
品種は「雪の妖精」と言います。

辻岡農園さんは、主品目は葱ですが、
夏にはとうもろこし。
フラワーワールド近くの、眺めのいい畑に、
背の高さ以上のとうもろこしがぎっしり


トウモロコシは、一つの株に1本のみの収穫。
そして、ピークには1日に1000本ほども収穫するそうです。
畑の広さがうかがえます。

魅力は、何と言ってもこの白さ!
茹でても、きれいな白い色に茹で上がります。
8月の献立の旬菜に使っています。
一般の方も那須のスーパー「ダイユー」さんで購入できますが、
人気があるので、早めに行った方が良いそうです。



辻岡農園の白いとうもろこし













辻岡農園の白いトウモロコシ














辻岡農園の白いトウモロコシ













辻岡農園の白いトウモロコシ
2017年8月 6日 08:42



塩原温泉、今朝はくもり。
先程まで青空が見えていたのですけれど。
今日明日とくもりで一時雨。
多少なりとも台風5号の影響を受けているようです。
とはいえ、真夏のくもりの天気は暑くないので助かります。
有効にお出かけして下さい。


さて、先日、野菜の仕入れ途中で、
那須フラワーワールドに立ち寄ってみました。
あまり、この時期には行ったことがなく、
どんな花が咲いているのか、全くノーチェック。
暑い時期なので、それほど期待もせずに。

真ん中メインの斜面は
ケイトウを植え付けばかり
で、
まだ咲きそろっていませんでしたが、
ダリア、クレオメ、ヘメロカリスが満開
バラもまだ見られる・・・そんな時期でした。

いつもながら、スタッフの皆さんが、花の手入れに余念なく。
おかげで、いつも美しい花風景を見ることができます。
感謝感謝です。



フラワーワールド













フラワーワールド













フラワーワールド













フラワーワールド













フラワーワールド













フラワーワールド













フラワーワールド













フラワーワールド













フラワーワールド













フラワーワールド
2017年8月 5日 08:42



塩原温泉、今朝は晴れ。
今日は久しぶりに朝からきれいな青空。
予報ではくもりと雨マークなので、
一時的なものかもしれませんが、
それでも、この青空は嬉しいです。
気温も上がるかもしれません。


さて、竜化の滝に行くまでの道すがら、
色々な夏の山野草に出会いました。
岩肌などに、さらに近づくことができれば、
他にも見つけることができたかもしれません。

そんな山野草たちを。

DSCN5846少々ピンボケですが、
レンゲショウマ











DSCN5866少し離れていましたが、
モミジガサだと思います。











DSCN5855の花。













竜化の滝へクサギの大木。













竜化の滝へ













竜化の滝へいかにもイワタバコがありそう・・・
と探してみたら、やっぱり。











竜化の滝へ













DSCN5897













竜化の滝へカラマツソウがあちこちに。
岩肌に咲いているので、
野山に咲いているのとは
ちょっと違う雰囲気。
ひょっとしたら違う種類?








竜化の滝へ













DSCN5902ショウマの花も。













竜化の滝へ竜化の滝脇にシモツケソウが。













竜化の滝へカラマツソウと絡んでます・・・













竜化の滝へタマアジサイ













竜化の滝へ
ヤマアジサイ













竜化の滝へキツリフネ













DSCN5933イラクサ
今回初めて雌雄同体と気が付きました。
穂先が芽花、葉脇が雄花。
トゲに刺されると痛いけど、
お浸しにすると美味しいのです。
2017年8月 4日 08:45



塩原温泉、今朝はくもり。
少し青空も見えています。
蝉も朝から鳴いていますので、
今日は暑くなると思われます。

そんな日にオススメなのが、塩原の滝。


先日、すり減ったタイヤ交換の間に、
竜化(りゅうか)の滝まで散歩してきました。

竜化の滝は塩原温泉街から近いので、
観光客の方が一番訪れている滝ではないでしょうか
彩つむぎからだと車で3分くらい。
塩原温泉街の外れにあります。

駐車場に車を停めて、
一度少し上がって下がって、また上がって・・・。
途中の見事な柱状節理を見るために、
このようなコースになっています。

再び上がってからは、
左手に、与謝野晶子の歌碑
右手に、抛雪(ほうせつ)の滝の落ち口を眺めて、
竜化の吊橋や一本橋を渡り、

竜化の滝から流れる沢をたどって行きます

沢が見えた瞬間から、空気がひんやりしているのがわかります
大きな岩と、緑陰と水の流れを楽しみながら少し歩くと、
滝の音。

竜化の手前にある、風挙(ふうきょ)の滝です。
水量も多く、いかにも滝らしい滝。
水しぶきを頬に感じながら、少し急な階段を登り進んで行くと
竜化の滝の観瀑台が見えてきます。
駐車場から歩いて10〜15分といったところでしょうか

水の流れが三段に分れて、
竜が登っていくようだということで、竜化の滝
実はよく見ると四段になっているようにも感じますが、
落差、姿、水の勢いと共に、文句なしの名瀑です
雨の後などで水量が多くなると、
観瀑台にも水しぶきがかなり飛んできますので、
スマホやカメラが濡れないように、気を付けて下さい。

夏に涼を求めるには最適な場所です。
どうぞ、塩原温泉の行き帰りに、お立ち寄りください。


竜化の滝へ駐車場から一度上がって、
この柱状節理を見ます。











竜化の滝へ一度下がって再び上がると、
眼下に布滝が。











竜化の滝へ与謝野晶子の歌碑。
龍化瀑二十五丈を若葉する
 毛欅(ぶな)のかこめりうへ(上)は岩山










竜化の滝へ抛雪の滝の落ち口。













竜化の滝へ抛雪の滝の落ち口の上にかかる橋を渡り、













竜化の滝へ竜化の吊橋を渡り、













竜化の滝へ













竜化の滝へ巨岩を眺めて進むと、













竜化の滝へ風挙の滝。













竜化の滝へ













竜化の滝へさらに沢沿いに進んで行くと、













竜化の滝へ竜化の滝にたどり着きます。
見事な三段(四段)の滝。






















竜化の滝へ






2017年8月 3日 08:29



塩原温泉、今朝はくもり。
涼しい朝になっています。

さて、今日は塩原の新しい試みについて。


この8月1日より、一か月間、
塩原の4カ所で、時間をずらして、
しゃぼん玉を飛ばしてみることになりました


これはもみじ谷大吊橋が「恋人の聖地」であることから、
恋人の聖地事業の一貫として行われます。

まずは、もみじ谷大吊橋を渡るカップルに、
手吹きのしゃぼん玉をプレゼント

二人でしゃぼん玉を吹くことで、
距離を縮めて、素敵な思い出を作ってほしいなと。

そして、それを盛り上がるように、
もみじ谷大吊橋をはじめとする4カ所で。

塩原は温泉と滝と吊橋のまち
実は吊橋というのは、しゃぼん玉を飛ばすには絶好の場所なのです。
広々とした空間が広がり、適度な風が。

しゃぼん玉で風の通り道を感じていただき、
さらには、「涼」を感じていただきたい・・・

夏休みの特別「涼」企画でもあります。

時間と場所は以下のとおり。

12時〜紅の吊橋(塩原もの語り館)
13時〜もみじ谷大吊橋
14時〜湯っ歩の里
15時〜七つ岩吊橋


15時からの七つ岩吊橋では、私かスタッフが担当します。
しゃぼん玉で風と「涼」を感じて下さい。
ちょっとだけ、童心に帰れるかもしれませんよ!
そして、写真や動画をぜひSNS投稿して下さい。
その際には「
#塩原しゃぼん玉」のハッシュタグをお忘れなく!



塩原しゃぼん玉
























IMG_3833
2017年8月 2日 08:13



塩原温泉、今朝はくもり。
かなり涼しいです。

最後になりますが、
ゆりパークの色々なお楽しみを紹介します。
花を見るだけじゃない、ゆりパーク

まず最初のお楽しみは、苗の購入
おそらく、全国を探しても、
これだけ、豊富な品種の百合の苗を買える場所はないのでは?


八重咲きの百合、ダブルカラーの百合、矮性の百合などなど、
滅多に見ることができない様々な品種が。
彩つむぎに植えてある百合も、全てこちらで買ったものです。

苗を色々見ると、レストランへ。
実は百合にちなんだ、ここならではのメニューもあるんです。
そして、食後のデザートは「ゆりソフト」で決まり。
どんなお味かは、食べてからのお楽しみに。

その先には、リフトに乗り込む時に撮られる記念写真
購入するかしないかは自由ですけれど、
とても素敵な枠に飾られていますので、
やっぱり記念に一枚は欲しくなると思います。

さらにはエントランスの売店が。
お土産品、充実してます
こちらで売られているぬいぐるみなどは、
実は知り合いの方の会社が納品していまして、
アルパカのぬいぐるみを頂いたのは、彩つむぎにも飾ってあります。

お菓子も種類が多くて、選ぶのに迷います。
今年の新顔で、百合の絵がプリントされたお煎餅。
よくゆるキャラのは見ますが、きれいな百合の花が素敵です。
地酒まで置いてありますので、辛党にも嬉しいですね。

最後にあれ〜っと思ったのが、
足利市にあるALARTさんの、アルミの花器色々
こちらの商品とは、ギフトショーで出会い、
彩つむぎでも色々使っています
なかなか一般のお店ではお目にかかれない商品で、
スタイリッシュなデザインが、とってもオシャレなんです。
インテリア好き、花好きな方には、オススメですよ。

毎年、様々な工夫で、訪れたお客様を喜ばせてくれる
ハンターマウンテンゆりパーク。
ぜひ、一度はお出かけ下さい。

私も、また天気の良い日に、リベンジ撮影に行きます!


ゆりパークその他の楽しみ














ゆりパークその他の楽しみ













ゆりパークその他の楽しみ













ゆりパークその他の楽しみ













ゆりパークその他の楽しみ













ゆりパークその他の楽しみ













ゆりパークその他の楽しみ













ゆりパークその他の楽しみ













ゆりパークその他の楽しみ













ゆりパークその他の楽しみ













ゆりパークその他の楽しみ
2017年8月 1日 08:56



塩原温泉、今朝はくもり。
青空は昨日のほんの少しの間だけ。
またくもり空に戻ってしまいました。
涼しくて助かります。


さて、濃い霧の中ではあったものの、
ひと通り、ハンターマウンテンゆりパークの百合を見てきました。

ですが、私のもう一つの興味は山野草
実はハンターマウンテンは山野草の宝庫
いつでも見に行けると良いのですが、
冬以外はいつでも行けるものではありません。
こういう時がチャンス。

ここには、塩原の他の場所では見かけない
ヤナギランやニッコウキスゲが自生しています。
おそらくゲレンデとして開発したためだと思います。

ヤナギランを見るの、本当に楽しみなのです。
ピンク色の花がとてもきれいで姿もよく。

また、見分けが大変難しいのですが、
フジバカマの原種である
ヒヨドリソウやヨツバヒヨドリも沢山

他に、ノリウツギ、クロヅル、ショウマの仲間、
オトギリソウ、ヤマアジサイなどなど

明らかに植えたものでしょうけれど、
ハナミズキがまだ咲いているのにもびっくり。

ゆりパークを訪れたら、
こういう山野草たちにも是非目をむけて欲しいと思います

ヤナギランの場所など何箇所かに、
かねてより、提案していた、
花の名前の表示がされていたのも、嬉しかったです。


ハンターマウンテンゆりパークのヤナギランヤナギラン。













ハンターマウンテンゆりパークのヤナギラン













ハンターマウンテンゆりパークのヤナギラン













ハンターマウンテンゆりパークのヨツバヒヨドリ?葉のつき方で見分ける
ヒヨドリソウとヨツバヒヨドリ。
多分左がヒヨドリソウ、
右がヨツバヒヨドリ。









ハンターマウンテンゆりパークのヨツバヒヨドリ?それぞれ花はこんな感じ。
晴れていれば、アサギマダラという蝶がいるかも。











ハンターマウンテンゆりパークのヨツバヒヨドリこれは明らかにヨツバヒヨドリ。
4枚の葉が輪生するのが特徴。
これが4枚とは限らないので複雑。










ハンターマウンテンゆりパークのヨツバヒヨドリ似ているけれど、
葉のつき方が完全な輪生でないです・・・











ハンターマウンテンゆりパークのヒヨドリソウ?こちらは2枚の葉が対生しているので、
ヒヨドリソウかなと。
虫はシロスジベッコウハナアブ。










ハンターマウンテンゆりパークのヨツバヒヨドリ4枚どころか、何枚も輪生?しています。













ハンターマウンテンゆりパークのショウマの仲間こちらも同定が難しい
ショウマの仲間。











ハンターマウンテンゆりパークのオトギリソウオトギリソウ。













ハンターマウンテンゆりパークのヤマブドウ何とヤマブドウの実発見。













ハンターマウンテンゆりパークのノリウツギノリウツギもあちこちに。













ハンターマウンテンゆりパークのクロヅルクロヅル。













ハンターマウンテンゆりパークのヤグルマソウ花はほぼ終わっていた
ヤグルマソウ。
もう紅葉してました。










ハンターマウンテンゆりパークのヤマアジサイ植えたものかも。
ヤマアジサイ。












ハンターマウンテンゆりパークのハナミズキ