カレンダー
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
過去の記事
2019年7月
2019年7月20日 09:25



塩原温泉、今朝は小雨。
今日は午後一時雨、
それ以外は明日までずっとくもりマークになっています。

この地域の学校は今日から夏休み
なのに、まだまだ、ぐずついた天気が続く予報。
晴れれば晴れたで暑くなるでしょうけれど、
少し太陽の光も浴びたいものです。

さて、昨日は‟意外と近い”大笹牧場を紹介しました。
本当に驚いたのです。

そのルートは塩原から尾頭トンネルを抜けて
上三依塩原温泉口駅手前で左折して国道121号線へ
そのまま男鹿川に沿って、中三依から川治方面へ
五十里ダム湖にかかる橋を渡ると、
道の駅湯西川と東武鉄道野岩線の鉄橋を右手に見ながら直進。

五十里ダム手前で、川俣や栗山方面に抜ける道に右折します。
トンネルを出ると、目の前に、鬼怒川水系の川治ダムが広がります。

ダムの上の道路を通って、栗山、川俣方面へ。
栗山の集落の途中を左折して、日光栗山線に入ります。

写真は、その途中の、五十里ダム湖と、川治ダム湖です。
本当に眺めが良いルートで、
つい車を停めて写真を撮りたくなります。

この周辺には他にも、湯西川ダムと、川俣ダムなど、
沢山のダムがあるのですが、
この4つのダムまとめて、7/28(日)に見学会が行われます。

最近「インフラツーリズム」という言葉が聞かれますが、
まさに、インフラツーリズムの要ともいえるダム見学は、
日頃見ることができない場所でもあり、人気が高まっています。
ダムカードがもらえるのも理由の一つかもしれません。

時間は9時から16時の間、予約なしで大丈夫です。
塩原からも近いので、ぜひ、お出かけ下さい。
こちらのHPもご参考に。

https://9r8m.jp/dam-kengaku/


67223839_2229391030512489_5953208075396579328_n













DSCN8963












DSCN8965












DSCN8966












DSCN8968












DSCN8969












DSCN8970












DSCN8975
2019年7月19日 09:01



塩原温泉、今朝はくもり。
日中一時雨のマークも出ています。
少し前には、20日前後から晴れる日が多くなりそう
(梅雨明け)みたいな予報もありましたが、
今のところ、24日までくもり&雨マークが続いています。


さて、日光霧降高原キスゲ平の話題を二日続けました。
どちらにも「意外と近かった」と書いたのですが、
さらに近くて驚いたのが大笹牧場です。

7月上旬にキスゲ平にニッコウキスゲを見に行こう!と思い立ち、
上三依〜川治〜栗山経由で行く道があることを思い出し、
ナビに入れて出発しました。

川治までは走り慣れた道。
栗山までは、去年の秋、奥鬼怒に行く時に通った道。
栗山の途中で「霧降高原」と書いてある看板の先を左折して、栗山日光線へ
その先は、
全く走ったことがない初めての道でした。

予想どおりの山道。
とは言っても、道路はちゃんと広いし、
思ったほどのカーブもなく、走りやすく。
日塩もみじラインみたいな道。

ところが、とあるトンネルを抜けたら、
一気に風景が変わるのです

突然、山から草原へ
牛もいる!

「えっ?一体ここは何?」と思ったら、そこが大笹牧場でした
途中に大笹牧場があること、
全くわかっていなくて、
いきなり、大笹牧場の看板が見えて、本当にびっくりしました。

名前はよく知っていましたが、
こんな場所にあったとは。
しかも、その先、行けども行けども牧場なのです。
何て広いんでしょう

後でグーグルマップで調べてみると、
山がそこだけ、広々と牧草地になっています。

せっかくなので、途中下車。

大笹牧場と言えば・・・ソフトクリーム!
ホルスタイン牛もいますが、
こちらは日本では少ない
ブラウンスイス牛を飼育していることで知られています。
以前、こちらのブラウンスイス牛の肉を
食べ比べる研修に参加したこともありました。
もちろん、牛乳も、ソフトクリームもブラウンスイス牛から

当然、食べてみますよね。
濃厚でおいしくて、コーンの中に、ずっしりぎっしり
思い立って来て良かった〜と、心から思えた一瞬でした。

ざっくりと牧場を見渡せば、
羊も山羊も馬もいます。
遊具や、ドローン体験場所もあります。

塩原から55分くらい。
驚くほど近かった大笹牧場でした。

写真を撮った時には、この後、いきなり霧が出て来ましたが、
2回目に通った時も、やはり濃い霧の中。
「霧降」という地名は伊達じゃないようです。

今度は、天気のいい日に訪れて、ゆっくりと散策してみたいです。


DSCN8993












DSCN8994












DSCN8996












DSCN8997












DSCN9001












DSCN9004












DSCN9010












DSCN9011












DSCN9013












DSCN9016












DSCN9026












大笹牧場
2019年7月18日 09:23



塩原温泉、今朝はくもり。
予報では一日くもり。
そして夜から明日にかけては雨となっています。

昨日は思いがけず(天気予報がはずれて)、日中晴れになりました。
久しぶりに見る青空のまぶしいこと!
何だか目が太陽光線に慣れていないような、そんな感覚を感じました。

セミが一斉に羽化したらしく、
色々なセミの声が聞こえてきました。
そろそろ梅雨明け?と思いましたが、
予報では、まだしばらく、くもり時々雨です。
今日も青空が見えるといいですね。

さて、昨日の霧降高原キスゲ平の続きです。
こちらはニッコウキスゲの群生地として有名で、
シーズンになると、必ずメディアで取り上げられ、
沢山の方が足を運びます。

昨日のブログでお伝えしたように、
先日アオヤギソウとシュロソウ目的で再訪
ニッコウキスゲはピークを過ぎていて、
訪れる方も、一気に減っているようでしたが、
入れ替わるように、色々な山野草が
山野草の宝庫ですね。

山野草好きにとっては、
ニッコウキスゲ一色よりも、
色々な山野草に会えるほうが、楽しいかな。

100円で買える「キスゲ平の花ポケット図鑑」がとても便利。
実はアオヤギソウとシュロソウも、
これを見て、もしかしたら・・・と思ったのです。

前置きが長くなりましたが、
霧降高原キスゲ平のニッコウキスゲ後の、山野草色々。

ヨツバヒヨドリ、クルマユリ、アワブキショウマ、チダケサシ、
ノハナショウブ、シモツケソウ、シモツケ、
クガイソウ、コメツツジ、オオバギボウシ、コバギボウシなど

名前が間違っていたらごめんなさい。

最後の方の写真をご覧になるとわかりますが、
ニッコウキスゲもまだまだ沢山咲いてますよ!

昨日もお伝えしたように、
上三依から栗山経由で行くと1時間10分です。
花好きな方、ぜひ、訪れてみて下さい。

DSCN9460












P7170945












P7170925












P7171025












P7170946












DSCN9462












DSCN9527












DSCN9475












DSCN9503












DSCN9479












DSCN9476












P7170953












P7171002












DSCN9501












DSCN9529












P7170931












P7170932












P7170929












DSCN9544












DSCN9482












DSCN9489












DSCN9524












P7170990












DSCN9499












DSCN9509












DSCN9513



2019年7月17日 09:24



塩原温泉、今朝はくもり。
先程、少し太陽が出て、良い天気になったのですが、
またくもって来てしまいました。
予報では一日くもり。

日照時間が一日3時間未満の日の連続が、
観測史上、最も長くなっているそうです。
3時間未満どころか、ほぼ毎日1時間もないような・・・。
過ごしやすくて良いのですが、
農産物への影響が心配されます。


さて、先日日光霧降高原キスゲ平に、
ニッコウキスゲの群生を見に行った折、
つぼみを付けて、あちこちに立っていた花穂が目につきました。

以前、どこかで見たことある・・・
でも、名前がわからずじまいになっていた花でした。
それも、緑色っぽいのと、赤茶色っぽいのと

写真を撮って色々調べてみたら、
緑色っぽいのはアオヤギソウ
赤茶色っぽいのはシュロソウではないだろうかと、行きつきました。

いずれも、かつてはユリ科シュロソウ属、
現在は
ユリ科から独立してシュロソウ科とされているようです。
つい先日紹介した大沼のバイケイソウも同じ仲間です。
丈から見ると、どちらも「タカネ」がつくかもしれません。

前回ニッコウキスゲを見に行った時には、
1枚目の写真のような状態でした。
図鑑やネットに出ている花の写真とは随分違っています。

果たして、この二種類の花が咲くと、
どんなになるんだろうと、
その日以来、気になって気になって・・・。

昨日は、宇都宮で会議があり、
帰ってくる際に、大きく寄り道、回り道、
霧降高原経由で塩原まで帰ってきました。
先日、この経路が意外と近かったこともあり。

前回同様、キスゲ平は、また濃い霧の中
前回から10日以上経っているというのに、
探し当てた花穂は、まだほとんどがつぼみのままでした。

それでも、1枚目の写真のようなつぼみから、
花茎が広がってきており、
中には、すでに花が開いたものもありました。

予想どおりアオヤギソウシュロソウでした。
ただ、中間の色合いのものもあり、
その境界が今一つ、はっきりしません。

元々、この二つの植物は、
どちらかがどちらかの亜種と言われていて、
どちらが先なのかは、意見が分かれるのだそうです。


それにしても、固いつぼみの状態と、
花を開いた状態では、かなり雰囲気が違い、
同じ植物とは思えないほど
です。
以前、どこかで見かけた時にも、
同定ができなかったのも、仕方ないかもですね。

ぱっと見て華やかな花ではありませんが、
バイケイソウ同様に、不思議な魅力がある花です。
咲きそろったら、見事だと思います。
咲きそろうまで、あとどれほどの日数がかかるでしょうか。
また、見に行きたくなりそうです(笑)。

ちなみに、キスゲ平から塩原まで、
大笹牧場〜栗山〜川治ダム〜上三依塩原というルートで
ノンストップで帰ったら、
1時間10分ほどでした(最後のマップ)。
明日紹介しますが、
ニッコウキスゲもまだ咲いています
花好きな方にオススメします。


P7170936












DSCN9534












DSCN9535












DSCN9553 - コピー












P7170971












P7170976












P7170979












P7170981












P7170995












P7170999












P7171023












P7170956












DSCN9522






















P7170993






















P7170959






















DSCN9555













キスゲ平まで
2019年7月16日 08:41



塩原温泉、今朝はくもり。
予報では一日雨となっています。
ずっとぐずぐずした天気が続いています。
太陽の光が本当に恋しいですね。


さて、大沼を訪れた後は、ヨシ沼へ。
こちらへはサワギキョウの花の様子を見に行ったのですが、
サワギキョウはまだつぼみの姿もなく
まだまだ開花は先になりそうです。

他の花が何種類か咲いていました。
ネジキ、コメツツジ、バイカツツジ、
ガマズミ、リョウブ、ノリウツギ・・・

そしてモウセンゴケがいっぱい。

モウセンゴケは、霧雨の中、
沢山の水滴を付けているだけでなく、
よく見ると、食虫植物らしく、小さな虫があちこちに
花穂が立ってきましたので、
あと少しで可愛らしい花も見られるかな。


P7120891












P7120883












P7120889












P7120890












P7120877












P7120880












DSCN9338












DSCN9334












DSCN9324












DSCN9325












DSCN9326












DSCN9318
2019年7月15日 08:51



塩原温泉、今朝はくもり。
時折細かな雨も降っています。
今日の予報では、朝の内雨が残りますが、
その後はくもりとなっています。


毎日、ぐずついた天気が続いています。
気温も低め。

できれば天気の良い時に行きたいものですが、
花は待ってくれないので、
霧雨の中、塩原大沼へバイケイソウの花を見に行ってきました

ちょうど満開でした。
バイケイソウはコバイケイソウよりも、
一つ一つの花が大きく、色も白から緑色の花。
清楚な感じがとてもきれいです

塩原大沼で群生しているのを知ってからは、
毎年、見に行っています。

塩原大沼は現在木道の工事中
真ん中にかかる橋から沼の中のデッキまでの木道は通れません
バイケイソウは、その手前にありますので、
工事に関係なく、見ることができます。

実はこの時、
ある、かなり珍しい生き物に遭遇したのですが、
うまく写真に撮れず残念。
次回のチャンスがあれば。


DSCN9299












DSCN9298












DSCN9301












DSCN9302












DSCN9312












DSCN9313












DSCN9306












DSCN9295












DSCN9314












DSCN9308












DSCN9310









2019年7月14日 08:39



塩原温泉、今朝は雨。
残念ながら今日は一日雨予報。
雨は明日の朝まで残るようで、
明日の日中は一日くもり予報になっています。
気温も今日は低め。
1枚羽織るものは必要です。

さて、6/16のブログで、
市内の農家、中野さんが手掛ける
道の駅アグリパル塩原隣田んぼアートを紹介しました。
こちらの会場は中野さんにとっては
第2会場

お待たせしました。

ようやく、この程第1会場も公開へ
テーマはまさかの「君の名は」でした。
先日テレビで初放映したのが記憶に新しいですね。

下には「令和元年」の文字も。

アニメ作品を手掛けたのは、これが初めてかもしれません。
年々レベルアップしていくようです。

住所は
那須塩原市西遅沢279
グーグルマップで
「田んぼアート那須塩原」で検索して下さい!



DSCN9213












DSCN9215

2019年7月13日 10:18



塩原温泉、今朝はくもり。
予報では一日くもりで、
夜から明日にかけて雨となっていますが、
先程まで晴れていて、
今もくもっているとはいえ、空は明るいです。
明日の天気も良い方に外れるといいですね。

さて、今日から三連休
そして、ハンターマウンテンゆり博も、
本日より始まります
予定どおりです。

すでにリフト下の百合は咲き始めているようですが、
どうしても最初のうちは花が少なめです。

そんな時期にも来て下さる方への感謝を込めて、
今日から19日までの来場者の方へは
オープニングキャンペーン
として、
レストランで使えるソフトドリンク券と、
再来園の時に使える入園割引券がプレゼントされます。

私の過去の経験からの予測ですが、
実は百合が咲き始める前には、
もしかしたら、ニッコウキスゲが咲いているかもしれません。
そんな楽しみも。

これからの夏シーズン、
ぜひ、ハンターマウンテンゆり博にお出かけ下さい

※写真は昨年のものです。

ハンターマウンテンゆり博2018












ハンターマウンテンゆり博2018












ハンターマウンテンゆり博2018












ハンターマウンテンゆり博2018









2019年7月12日 09:24



塩原温泉、今朝はくもり。
今日もくもりで、日中少しだけ雨マーク。
ずっとこんな天気が続きます。
明日は少し晴れマークも出ています。
気温もかなり低く、昨日など、春先ぐらいの装いでした。
1枚羽織るものは絶対に必要だと思います。


さて、場所は違いますが、
もう一つ、水生植物をご紹介したいと思います。

先日、那珂川町の馬頭広重美術館に、
浮世絵の企画展を見に行った時、
道路沿いに、いきなり、こんな風景が広がっていて、
思わず、車を停めて見入ってしまいました。

1966年に王子蓮という品種と大賀蓮をかけ合わせて
作られた「舞妃蓮」という品種の蓮だそうです。

大変印象深い色をしています。
通常思い浮かべる蓮の色のピンクでもなく、白でもない、
何とも言えない優しい色の、限りなく白に近いクリーム色
ほんのりと縁がピンク色に染まっています。

地元紙にも紹介されたらしく、
何人かの方が見学していました。

那珂川町の道の駅ばとうの少し先になります。
那珂川警察署の入り口。
向かい側にセブンイレブンがありますので、
お買い物がてら、車を停めて見学すると良いと思います。

花好きの方なら、同じ那珂川町の、
茨城県との県境にある、
鷲子山上
(とりのこさんしょう)神社で、アジサイが満開だそうです。
ぜひ、そちらも一緒に。


DSCN9116












DSCN9131












DSCN9133












DSCN9117












DSCN9148












DSCN9146












DSCN9145












DSCN9128












DSCN9119












DSCN9121
2019年7月11日 09:24



塩原温泉、今朝はくもり。
今日も肌寒く、夜からは雨マークです。
しばらくぐずついた天気が続きます。


さて、昨日の上三依水生植物園の続きです。
この季節、そして、これからの季節、
何と言っても楽しみなのはスイレンです。

植物園の大体三分の一は池。
その池ぎっしりと、スイレンの葉が広がり、
白、レモン色、うすいピンク色、濃いピンク色・・・
色とりどりのスイレンの花が咲き競っています。

今回は雨上がりだったので、
艶やかな葉の上には水滴がいっぱい
これもまた、独特の光景でした。

よく見ると、池には、コウホネ、ヒツジグサ、アカザなど、
他の水生植物の葉も色々浮かんでいます。
これからの季節、さらに賑やかになっていくことでしょう。

DSCN8815












DSCN8833












DSCN8834












DSCN8819












DSCN8842












DSCN8843












DSCN8818












DSCN8844












DSCN8836
2019年7月10日 08:53



塩原温泉、今朝はくもり。
昨日今日と大変気温が低く、肌寒い朝になっています。
半袖ではとてもいられません。
長袖2枚重ねています。


さて先日、塩原から車で20分。
上三依水生植物園の花を見てきました。

前回見てきたのはクリンソウが咲き始めた頃。
今回はそのクリンソウはもう終わりかけ。
でも、ちょうどスイレンが咲き始め、
他にも、色々な梅雨の季節の山野草が沢山咲いていました


いつ行っても本当に花の種類が多いので、
毎回、とても楽しみです。

ちょうど雨の後で、敷地内を流れる川の水量が多く、
緑と水の流れがとてもきれいでした。

紹介しきれないのですが、抜粋していくつかの花を。
スイレンはまた明日に。
次回はキレンゲショウマが咲きそろう頃に行けると良いのですが。


DSCN8776キバナクリンソウ

まだ見られました。











DSCN8764今まであまり見た記憶がない
ワタナベソウ











DSCN8771これもあまり見た記憶がない
アオバナギンバイソウ











DSCN8795タマスダレ












DSCN8803シモツケ












DSCN8809ギンリョウソウ
雨上がりは透明度が高い。











DSCN8858メアカキンバイ












DSCN8871ハクサンオミナエシ












DSCN8874意外と花の季節が長い
コマクサ











DSCN8879ちょっと変わった
ホタルブクロ











DSCN8896アカバヤグルマソウ
昨年は赤くなった葉だけ。
やっと花が見られました。
花は白じゃなくてピンク。









DSCN8903ガクアジサイ(ヤマアジサイ)きれいでした。












DSCN8921











2019年7月 9日 09:24



塩原温泉、今朝はくもり。
昨日、少し青空が見られましたが、
今日はまた一日くもりマーク。
明日は晴れる時間もあるようです。

さて、女将の会で行った日帰り研修。
一番の目的地はこちら、
鹿沼市の古峯神社です。
古峯ヶ原(こぶがはら)とも呼ばれているようです。

数年前まで、全く知らなかった場所ですが、
お泊りになったお客様の、翌日の行先として、
名前を聞くようになり、何故、塩原からこちらへ?と調べてみると、
天狗のご朱印帳で有名なんですね。
火伏の神社でもあり、消防団関係者は大体訪れるようです。

天狗の絵が描かれているご朱印帳。
それも、一種類ではなく、色々なパターンがあり、
最近のご朱印帳ブームで、さらに人気が出ているようです。
一体、どんな所?と今回の研修地になりました。

アクセスは鹿沼方面から、
宇都宮方面から、
今市方面から、
足尾方面からと、色々な行き方が
今回は宇都宮方面から行きましたが、
かなり手前に、それはそれは大きな鳥居が。
前に行った出雲大社を思わせる大きさで、びっくりです。
普通の神社じゃない感がぷんぷん。

さらに進むと山に入ってきて、
大芦川を見ながら、登っていきます。
途中の感じは、大田原市黒羽の雲厳寺にも似ていました。

予想どおり、大きな神社です。
そして、あちこちに天狗がいます。
境内にも、建物の中にも。

噂の天狗のご朱印帳は、何と27パターン
10人くらいの方が交代で書かれるようです。

直筆のご朱印帳は
その日に在中している方によって限定されますが、
印刷されたものなら、27パターンの中から好きなものを選べます。

私達の仲間では3人が直筆のご朱印帳を希望。
それぞれ、趣きがあって、
これは確かに人気が出るなあと思いました。

ご朱印帳を書いていただく間に庭園へ
庭園がまた素晴らしいです
お茶室がある庵もあり、
時折大きなお茶会も開かれるようです。

鹿沼は「鹿沼土」の産地で、さつきの花が有名
まだ、さつきの花が少し残っていました。
ピークの時に来たら、さぞ、見事ではないかと。

ちょうどハナショウブが少し咲き始めていましたが、
現在、咲きそろって、見頃となっているようです。


DSCN9585












DSCN9587












DSCN9588












DSCN9592












DSCN9595












DSCN9593












DSCN9634












DSCN9605












DSCN9609












DSCN9611












DSCN9613












DSCN9614












DSCN9617












DSCN9623












DSCN9624












DSCN9626












DSCN9627












DSCN9628












DSCN9631
2019年7月 8日 08:50



塩原温泉、今朝はくもり。
ずっとくもりや雨の日が続いています。
気温も低め。太陽が恋しい毎日です。


少し前に、塩原温泉女将の会の日帰り研修にて、
宇都宮市の若山農場さんと、
鹿沼市の古峯神社に行ってきました。

いずれも、県内の人気観光スポットで、
塩原に泊まってから行かれる方も多い場所です。
2日に分けてのレポートを。

最初に訪れた若竹の杜・若山農場さんは、
美しい竹林が最近注目を浴びています

美しい竹林と言えば、
まず京都の嵯峨野を思い浮かべる方が多いと思いますが、
嵯峨野の竹林に負けていない、この美しさ。
テレビや映画の撮影が多いこともうなずけます。

お話を聞くと、えっ、あの映画も?、あのドラマも?と驚かれるでしょう。
最近では映画『キングダム』など。

こちらは、竹自体や筍を生産販売するほか、
筍堀りや、竹林散策ができます。
竹林散策は日没後も。
竹灯籠に灯りがともり、
ライトアップされると、また風情が増します。


栽培されている竹は、真竹孟宗竹の他、
黄色の色が美しい金明孟宗竹
根元の節が交互に膨れる亀甲竹
また、独自に品種改良したものなど8種類ほど

どの竹林も、丁寧に手入れ、整備されていて、
歩くだけでも癒される空間ですが、
さらに、こちらで、ブランコに揺られたり、
竹の器でお抹茶をいただいたり、
予約すればBBQができたりと、
色々な楽しみ方ができるようになっています。

私達はお抹茶をいただきました。
何と手作りの竹の器に、手作りの栗のお菓子

実は何種類かの栗も栽培していて、
個人的に、毎年、栗を買いに来ている場所でもあります。
若山社長とも何度かお会いしていますが、
本当に、アイデアと情熱をお持ちの方で、がんばっています。

また、竹林を流れる小川は、
江戸時代に二宮尊徳が手掛けた「宝木用水」の名残りで、
当時のままに残されているのは、ここだけだそうです。

東北自動車道宇都宮インターを降りてすぐ
少し足を延ばせば、やはり人気の大谷地区。
宇都宮市内の餃子めぐりとセットで行かれると良いと思います。

若竹の杜・若山農場
住所:宇都宮市宝木本町2018
電話:028-665-1417



DSCN9565












DSCN9568












DSCN9569












DSCN9563












DSCN9567












DSCN9570












DSCN9574












DSCN9576












DSCN9582












DSCN9583












DSCN9581












DSCN9580







2019年7月 7日 08:41



塩原温泉、今朝はくもり。
予報では午前中雨、のち、くもりとなっています。
太陽が恋しい毎日です。
(暑くないのはいいけれど・・・)

さて、今日は七夕です。
彩つむぎでも毎年、七夕飾りを飾ります。
以前は手先の器用なスタッフが、
ほとんど一人で作ってくれていましたが、
そのスタッフが引退して以来、皆で作っています。

もちろん私も。
折紙や地道な手作業は嫌いではないので。
今年はキラキラにちょっとこだわってみたり。

そして、彩つむぎがある、
塩原の塩釜地区でも、ここ数年来、
地域全体で七夕飾りを民家の庭先に


風が吹くと、飾りが揺れる様子、
季節を感じていいですね
今日は星を見ることは無理そうですが、
皆さんの願い事がかないますように


DSCN8738






















DSCN8739






















DSCN8397












DSCN8742












DSCN8741












DSCN8736












DSCN8487












DSCN8485
2019年7月 6日 08:50



塩原温泉、今朝はくもり。
今日は日中くもり予報ですが、
残念ながら夜から明日一日は雨予報となっています。

明日は那須地域で、自転車の最大イベント
「那須高原ロングライド」が開催されます。
本降りの雨にならないと良いのですが。。。


先日、沼原にニッコウキスゲの様子を見に行きましたが、
年々、数が減っているようで、
少々フラストレーションを感じる結果に。

尾瀬や、那須連山の流石山あたりに
見に行きたいなあとも思うものの、
少々ハードルが高いで、
光霧降高原のキスゲ平園地へと
行ってみることにしました。

日光霧降高原のキスゲ平園地は、
元々はスキー場だった場所で、
かつてはリフトに乗って、
ニッコウキスゲを見ることができましたが、
リフトは2010年をもって廃止
その後、1445段の階段が作られました。

その1445段の階段を登っていくわけですが、
さすがに1445段、一気にはかなり大変。
所々、脇道、というか、迂回路があり
階段よりは、楽に歩けるような工夫がされています。

以前、リフトが廃止される2010年に一度行ったきり。
その時も、今回も濃い霧
さすがに「霧降」の地名は伊達ではありません。

到着する直前までは大丈夫だったのに、
登り始める頃に、霧が出て来て、
その後霧雨状態になり、
頂上に着く頃には、普通に雨の中になってしまいました。

一面真っ白でしたが、
それでも、ニッコウキスゲが沢山咲いていることがわかります。
数万本とも言われています。
かなりの数です。

霧の中のニッコウキスゲも幻想的で素敵ですね

他に、カラマツソウヤグルマギク
オオナルコユリヨツバヒヨドリなどもあちこちに。
少し遅れて、シモツケアオヤギソウシュロソウ
クルマユリなどが咲いてくるようです。

1445段の階段、登が趣味の自分としては
それほど大変ではないかと思っていたのですが、
天候が良くなかったために、急ぎ足になってしまい、
後から、膝がガクガク
翌日はふくらはぎが筋肉痛になりました。

下から3分の1も歩けば、
充分に沢山の花を見ることができます
ので、
くれぐれも無理しないで下さい。

日光霧降高原、キスゲ平園地までは、
上三依から川治温泉に向かい、
川治温泉の少し手前を右折して、
栗山経由で行くと、1時間15分くらい。

意外と近いです
途中、五十里ダム、川治ダム、大笹牧場など、
見どころもあり、楽しいドライブでした

もう一度、天気の良い日にリベンジしたいものです。


DSCN9078












DSCN9061












DSCN9062












DSCN9067












DSCN9068












DSCN9069












DSCN9070












DSCN9077












DSCN9072












DSCN9075












DSCN9071












DSCN9041












DSCN9098








2019年7月 5日 08:51



塩原温泉、今朝はくもり。
霧が出ていて、気温が低めです。
なかなかすっきりしない天気が続きます。


さて、今日は、今年2回目。
市内板室温泉と那須連山の間に位置する沼原湿原を。

ニッコウキスゲコバイケイソウが咲き始めています。

この日も今日のように、
時折小雨が降る日で、
霧に覆われていましたので、

鮮明な画像ではありませんが、
これはこれで、幻想的で素敵です。

以前ほど花は多くありません
かつては湿原一面にニッコウキスゲが咲いていました。

ニッコウキスゲは鹿の食害と言われていますが、
コバイケイソウについては毒草ですから、
あながち、鹿の影響だけではないかもしれません

とはいえ、ニッコウキスゲとコバイケイソウ。
那須連山でそれぞれ別々に見ることはあっても、
二つの花が一緒に咲いているのを見られるのは、
多分、この沼原湿原だけではないかと思います


他に、トキソウ、ニガナ、シモツケソウ、
コバノフユイチゴ、ヤマオダマキ
なども。
野生ランの一種も見つけました。
オオバノトンボソウではないかと思うのですが、
今一つ自信がありません。

沼原は塩原から車で一時間弱。
板室温泉と那須の一軒茶屋をつなぐ道から
山へと10分くらい車を走らせた場所です。
ここから那須連山の白笹山や南月山、
三斗小屋温泉、姥ヶ平方面への登山口でもあります。

そんな道の途中で
やはり野生ランのショウキラン発見。
嬉しかったです。


DSCN8551












DSCN8568












DSCN8583












DSCN8613












DSCN8573












DSCN8597












DSCN8543












DSCN8569












DSCN8671












DSCN8556












DSCN8558












DSCN8516












DSCN8541












DSCN8604












DSCN8642












DSCN8663












DSCN8667
2019年7月 4日 09:21



塩原温泉、今朝は雨。
こちらも本降りですが、
九州地域でひどい雨になっていて心配です。


さて、この季節、道路の法面を覆っていたり、
杉の木の幹にぎっしりと絡んでいたりする、
ガクアジサイに似た白い花が目につきます。

写真は天皇の間記念公園の向かい側の道路の脇、
見事に一面、この花に覆われています
他の場所では木に絡みついていたり

イワガラミという花です。
その繁殖力のすごさに驚きます。

よく似た花にツルアジサイがありますが、
花の愕の形が異なり
イワガラミは花の愕が一枚。
ツルアジサイは、花びらのような形をしています。

最後の2枚の写真がツルアジサイ。
比較してみるとよくわかります。
遠目で見ると区別がつきませんが、
この地域は、イワガラミのほうが多いようです。


IMG_0259












IMG_0262












IMG_0263












IMG_0264












DSCN8497












DSCN8500












DSCN8684












DSCN8680














DSCN8510












DSCN8507
2019年7月 3日 09:03



塩原温泉、今朝はくもり。
先程少し空が明るくなったのですが、
今日は一日くもり予報。
雨、降らないといいですね。


さて、今年撮りためた花の写真から、
山に咲くウツギの写真を色々

その時々には、あまり意識して撮影していなかったのですが、
改めて写真を見直してみたら、
実に様々なウツギの花を撮影していたことに気づき、
ここで、まとめておきたいと思います。

「ウツギ」と名前がつく花は一筋縄ではいかず、
アジサイ科のもの、スイカズラ科のもの、ユキノシタ科のものとあります。
(一種一科のミツバウツギ科も)

わかるものについては表記したいと思います。
決して専門家ではありませんので、
同定が間違っていたら、お許し下さい。


DSCN8422塩原街道などに
4月末から咲くウツギ
卯の花とも呼ばれます。
アジサイ科。









DSCN9138ウツギ
塩那スカイライン。












DSCN7319バイカウツギ
庭にも植えてありますが、
これは山に咲いていたもの。
アジサイ科。
八方道路。








DSCN9133ミツバウツギ
葉が三枚。
これは単独で、
ミツバウツギ科になります。
塩那スカイライン。








DSCN9136













DSCN9218自信がないのですが、
マルバウツギかも。
アジサイ科。
塩那スカイライン。
(※後からサワフタギと判明)









DSCN9935サラサウツギ
アジサイ科。
彩つむぎの庭。











DSCN6092ニシキウツギハコネウツギ
ユキノシタ科。
塩那スカイライン。










DSCN6101同じかと思っていましたが、
葉の形などから別種かも。
塩那スカイライン。










DSCN8717これも同じかどうか・・・。
那須。











DSCN9656タニウツギ
スイカズラ科。
那須。










DSCN9657













DSCN8699ベニウツギ?
スイカズラ科。
那須。










DSCN8700













DSCN6099ベニウツギ?
ケウツギ?

スイカズラ科。
塩那スカイライン。









DSCN6095













DSCN9220













DSCN9004キバナウツギ
スイカズラ科。
八方道路。










他にコゴメウツギやヒメウツギなどもありますが、
写真撮ってなかったです・・・。
過去写真があるか、探してみようと思います。

2019年7月 2日 09:05



塩原温泉、今朝はくもり。
昨日は一日くもり予報だったのですが、少し雨が降りました。
今日もまた一日くもり予報ですが、
さて、今日はどうでしょうか。


太陽が恋しい毎日です。
この春、撮影した写真の中から、

太陽の光に透ける新緑の緑の写真を集めてみました。

どうして、新緑の緑って、こんなにきれいなんでしょう。
葉っぱ越しに空を見上げれば、
葉っぱのステンドグラス
きらきらとまばゆく輝いていました

こんな緑に癒されに、塩原に来てみませんか?

DSCN9198












DSCN9199












DSCN9200












DSCN9178












DSCN9362












DSCN9363












DSCN9364












DSCN9366












DSCN9367
2019年7月 1日 09:03



塩原温泉、今朝はくもり。
今日は一日くもりマーク。
久しぶりに雨が降らない一日になるかもしれません。
早いもので今日から7月。今年も折り返しです。


さて、スッカン沢の美しい水の色と滝を楽しんだら、
駐車場に戻り、もう少し先へ進みます。

矢板市との市境に入ってすぐの場所に、
最近とみに知名度が上がった「おしらじの滝」があります。

5年くらい前までは、ほとんど知られていませんでした。
地元の人や滝好きの人ぐらいしか行かない、
というか行けないような場所。

入口周辺が笹に覆われていて、
知っている人でないと、迷いそうな場所だったからです。
知る人ぞ知る「幻の滝」と言われていました
神秘的な滝でしたから、
どちらかといえば、あまり知られたくない滝でもありました。

それが、ネットなどで話題になり、
一気に知られるようになりました

笹が刈られて、石の階段ができ、
入口に看板も設置されて、
どなたでも迷わずに行ける滝に。

連休中や週末など、路上駐車も含めて、
20台以上の車が停まっていることもあります。
大型観光バスは無理だと思いますが、
マイクロバスが停まっていたり。

車を停めて、滝口までは10分ほどです。
簡単に行けるようになりましたが、
以前の神秘性は完全に失われています

写真は2回に分けて撮影しています。
沢山の人が訪れる「観光スポット」になってしまいましたが、
それでも、この滝は「幻の滝」

というのも、滝の水が流れていないことが多いのです。
私は年に5回ぐらいは、足を運びますが、
水が流れているのは、3回に一度くらいでしょうか。
天気を見て、狙って行ってもです。

後半の、水が流れていない写真は、
今シーズン、初めて水が流れていると聞いて、
その翌日に行った時。

前々日に大雨が降り、前日には確かに水が流れていたそうです。
でもその日の午後には水が止まったのだとか

前半の写真は、そんなことも聞いていたので、
次に大雨が降った翌日に見に行った時のものです。
狙いどおり、水が流れている写真が撮れました。

皆さん、水が流れていないとがっかりするようですが、
この滝の魅力は、水のあるなしよりも、滝つぼの色です。

水のあるなし、天気、太陽光、時間、季節・・・
色々な要素が絡まって、一度として同じ色がありません
それが、何度も足を運びたくなる、大きな理由です。

過去にも何度かブログにアップしていますので、
比較していただけると、おわかりになるかと思います。

水のあるなしは、山の駅たかはらに聞けば
教えてもらえるかもしれませんが、
あってもなくても、一期一会です。

そして、以前よりアクセスしやすくなったとはいえ、
泥でぐしゃぐしゃになるような道でもありますので、
汚れても良く、しっかりとした靴で、お出かけ下さい。
私はいつも長靴で行きます。

山の駅たかはらでは、
こまめに滝の状況を見に行って、ブログに載せています。
https://blog.goo.ne.jp/yamanoeki1515
今年は5回ほど滝が現れたようですが、
29日からは流れていないらしいです。

水が流れているおしらじの滝に会えるかどうか、

どうぞ、グッドラック!


DSCN7278






















DSCN7280












DSCN7282












DSCN7284












DSCN7292












DSCN6064












DSCN6066