カレンダー
2012年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
川治温泉とかわじい
2012年6月 9日 09:16
 
塩原温泉、今朝は雨です。
昨日九州から東海までが梅雨入りとのこと。
関東もそろそろかと思います。

さて、鬼怒川温泉でのインバンウドセミナーの帰り道、
2箇所立ち寄ってきた場所があります。

塩原〜鬼怒川のルートはいくつかあるうち、
尾頭トンネルを抜けて、五十里湖を経由するルートで行くと、
途中にある川治温泉湯西川温泉です。

両方ともとても近いです。
東武鉄道野岩線・湯西川温泉駅だと、30分ちょうどくらい。
川治温泉は45分くらいでしょうか。

川治温泉はやはり山間の温泉地で、
塩原温泉よりもこじんまりとした温泉街情緒あふれる町です。

あまりに近くて、日頃は通過するばかり。
今回は川治温泉にある、アウトドアプログラム運営会社、
「ネイチャープラネット」さんにいる知り合いをたずねて、
ふらっと立ち寄ってみました。

「ネイチャープラネット」さんは、
板室温泉のダム湖などのアウトドアプログラムを請け負っており、
塩原ネイチャープロジェクトZACKの面々とも顔見知りです。

川治温泉のとてもいい場所にあります。
すぐお隣が「かわじいふるさとの駅」
観光客の方がぶらっと入れる休憩所で、
足湯やきれいなトイレもある広場の一画。
こういう広場はいいですね。

えっ?「かわじい」って何?

「かわじい」
は川治温泉のゆるキャラです。
川治だから「かわ爺」ということで、仙人のようなおじいさん。
広場にもいましたよ。

川治温泉も年間を通して、
工夫を凝らしたイベントなどが多いところです。
塩原温泉共々、お出かけくださいね。


かわじいふるさとの駅左がかわじいふるさとの駅。
右がネイチャープラネット。

 

 

 

 

 

かわじいふるさとの駅の中

かわじいふるさとの駅の中。
古いだるまストーブやミシン、
そして、何と氷の冷蔵庫も!
なんともいえない雰囲気でほっとします。
建物自体もふるい家屋を利用。

 

 

 

 

 


かわじい

これが「かわじい」です。

 

 

 

 

 


かわじいの湯

かわじいの後ろに足湯。

 

 

 

 

 


川治温泉薬師の湯

そして川と立ち寄り湯の
「薬師の湯」も。
塩原温泉の福渡地区と
ちょっと似た感じです。