カレンダー
2012年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
怒涛の弾丸ルーブル美術館鑑賞
2012年12月 4日 08:58
 
塩原温泉、今朝は雨。
雪ではないから暖かいのですね。
ハンターマウンテンのあたりはどうでしょう。
山の上だから雪かな。
雪のコンディション良くオープンしたばかり。
ちょっと気になります。

さて、長らく続けてきたフランス視察報告。
訪れた場所はこれで最後になります。

最後の最後、
パリのシャルルドゴール空港に行く前に、
これも、きっと手配した旅行会社が、
今回の視察のハードスケジュールが気の毒だと思ったのでしょうね。
少しだけ、観光。
かの、ルーブル美術館に。

しかし、本当にほんの少しだけ。
滞在時間は40分程度。
その内、チケットを買ったり、トイレなどの時間もありますので、
作品を鑑賞したのは、おそらく20分程度ではなかったかと

案内してくれたガイドさんも、
こんな短い時間のガイドは初めてだと、少々ご立腹のような・・・

以前訪れた時には、一日丸々ルーブル美術館にいたような。
それでも時間が足りず、せめて二日はほしいと思った記憶があります。
超有名な作品だけでなく、
世界の美術史の流れを、肌で感じることができる
世界有数の美術館
であることは間違いありません。

それでも、まあまあ、そこそこには、鑑賞できるものですね。
ミロのヴィーナスサモトラケのニケミケランジェロの奴隷
そして、ダヴィンチのモナリザや、
ドラクロワの民衆を導く自由の女神など、
いわゆる、美術の教科書に載っているような、
超有名な作品だけを数点、
ショートカットに次ぐショートカットにて鑑賞

雰囲気だけは充分味わうことができました。

ガラスのピラミッドの下は、ショッピングモール。
お買物するだけでも楽しそうでした。
(指をくわえて、横目でさようなら〜)
ミュージアムショップもゆっくり見たかったです。
最後に考える時間もなく、
これとこれとこれ!みたいな、直感による買物少しだけ。

これにて、フランス視察の全スケジュール終了
飛び乗るようにバスに乗り込み、
一路、空港に向かったのでした・・・

ところで、写真色々。
美術館内って、写真撮影禁止では?と思いますよね。
フラッシュをたかなければ、大丈夫なようで、
あっちでもこっちでも、記念撮影のように、
皆さん写真を撮ってました。
昔から、そうだったのかな。
ちょっと記憶が定かではありません。
ともあれ、皆さんにも、ちょっとだけ雰囲気を味わっていただけますね。

ピラミッド下ガラスのピラミッドの真下。

 

 

 

 

 


ミロのヴィーナス

ミロのヴィーナス。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

サモトラケのニケ

サモトラケのニケ。
階段の踊り場に。
階段を昇りながら
あおぎ見る演出はにくいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モナリザ

モナリザだけ?は
ガラスのケースの中。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナポレオンの戴冠

他の作品は50センチまで
近づいて見ることができます。
絵の具の乗せ具合や、
筆づかいが見られるのは
うれしいです。

 

 

 

 

迫力の大画面間近で見ると迫力の大画面。
ドラクロワの
民衆を導く自由の女神。

 

 

 

 

 

全体の雰囲気を味わいたいです

一つ一つの作品だけでなく、
全体の雰囲気も
ゆっくりと味わいたいです。

 

 

 

 

 

椅子に座ってゆっくり鑑賞・・・?

椅子に座ってゆっくりと鑑賞
したいところですが、
椅子はほとんど疲れた人の
休憩場所に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

建物自体もすばらしいです建物自体もすばらしいです。
フランスの建物の階段は、
螺旋階段も多く、
どこもラインが美しいですね。