カレンダー
2012年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
那須希望の砦緊急集会
2012年3月 5日 09:39
 
塩原温泉、今朝は雨。
夜に雪だったものが雨に変わっています。
今日は「啓蟄」ですが、冷たい雨ですね。

昨日は二つめの投稿でお知らせしたように、
那須地域で放射能対策を考える住民プロジェクト、
「那須希望の砦」による緊急集会が行われました。

ご存知のように、那須地域は福島県と隣接しています。
塩原温泉は山の裏側だったことから、
奇跡的にひどい汚染は免れました。
この那須地域でも最も空間放射線量が低い場所です。

玄関前の地上50センチの空間線量を毎朝計測していますが、
0.12〜0.18μSv/h。
首都圏とほぼ同じくらいだと思います。
地上1メートルですともっと低いのですが、
市などで計測している高さ(小さいお子さんの顔の高さ)に統一しています。

しかしながら、線量が高い地域があることも事実。
放射能汚染に県境も何もないと思うのですが、
国の除染対策において、
一旦は年間1mSv/h以上の地域は、
個人宅の除染も国が援助しますと言っておきながら、
このほど、その数値を5mSv/hに引き上げ、
栃木県内は全て個人の土地などの除染に援助しないことに。

この1年間、放射能対策はもちろんのこと、
観光業しかり、流通しかり、復興支援しかり、
常に国の目は福島をはじめとする東北に向き、
すぐ隣の県なのに、栃木県はないがしろにされることばかりでした


放射能対策は直接子供たちの健康に関わってきます。
栃木県が置いてきぼりにされることに、
これ以上、私たちは黙っていられません。

そういう思いで開かれた緊急集会でした。
急遽決まり、準備日数が少なかったにもかかわらず、
目標の倍以上の方が集まってくれました。
テレビ、新聞各社、多くのマスメディアが来てくれました。
ネット中継してくれた報道機関もありました。

那須希望の砦代表で、
各地で放射能対策や除染についての講演もしている、
代表藤村靖之先生や那須町長と、会場との質疑応答では
思った以上に皆さんが怒りや不安を感じ、
地域の思いがうねりのように、ひしひしと伝わってきました。

会場で決議されましたが、
今後、国に対して、数値撤回を求めて、
官民一体となって、また栃木県北部の広域連合として
署名活動を展開することになりました。

昨日はNHKやとちぎテレビのニュースで、
また新聞各紙において取り上げられています。
新聞各紙の担当者の方、皆さん、顔なじみの方たち。
私がスタッフとしていることに、一様に驚かれています。
観光業の立場で放射能問題に関係しているの?と。

観光業の立場だからこそ、
この地域の実態を知ろうとし、対策を考え、守ろうとしています。
空間線量、食材を測り、お伝えしています。

私の放射能問題に対する思いの原動力は
現在松本市長をされている菅谷昭氏の著作です。
菅谷氏は医者として、確か3年ほど現地に入り、
チェルノブイリ事故で被害を受けた子供たちの
手術などに携わった方です。

菅谷氏は早くから、日本でも同じことが起き得ると警告していました。
その警告に、私たちがきちんと向き合ってこなかったから、
今回の福島原発事故が起きたのではないでしょうか。

地域を守るため、特に地域の子供たちを守るため、
まず、一人の人間として、
この問題と向き合っていかなければと思っています。
今後署名活動にご協力いただければ幸いです。


那須希望の砦緊急集会

会場が人で埋め尽くされました。

 

 

 

 

 


藤村先生の話

藤村靖之先生の講演。

 

 

 

 

 


那須高久町長の話

高久那須町長の話。

 

 

 


 

 

質疑応答

会場との質疑応答。

 

 

 

 

 


鋭い質問や意見が次々と

場内からは次から次へ
質問や意見が。