カレンダー
2011年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
この花何?毎年こんなに咲いてたかな?
2011年6月 5日 09:24
 
塩原温泉、今朝は晴れ。
梅雨の晴れ間の気持ちいい天気。
日中お天気もつといいですね。

この季節には白い花が多いのですが、
ここ何日か、とても気になっている花(木)があります。

塩原街道のあちこちで目にするのですが、
毎年、こんな所にこんなに目立つように咲いていたかしらと思うのです。
もし、咲いていたら、とっくに何の花か調べているはず。

エゴノキにも似ているし、ウツギにも似ているし、でも違う・・・
調べたらハクウンボクだとわかりました。
白雲木
まさにそんな感じ。
ちょうど、子供が描く雲の形のように、
大きな木の枝先に沢山の白い花がついています。
やはりエゴノキの仲間のようです。

去年はエゴノキがとても目立ちましたが、
今年のエゴノキはそれほど花は多くなく、
逆に、例年あまり気づかなかった
ハクウンボクがどうだとばかりに咲いている・・・
これだから自然って面白いですね。

自然の植物は本当にその年の天候の影響を受けます。
昨年、杉や松やヒノキなどの葉の変色が見られました。
専門の方に、昨夏の暑さが原因だと伺いました。
今年、松などは花がすごく多いです。
植物の種の保存本能がなせる技でしょう。

最近、ネットなどで自然の植物の変化(特に変色)を
放射能汚染かもしれないなどという議論をよく見かけます。
中には竹の葉の変色でさえ放射能の影響かという人もいました。
竹はこの時期に葉が枯れるものなのに。

確かにそういう影響が全くないとはいえません。
もしそういうことがあるとすれば、
そのデータを集めることはとても大切です。
でも自然にはもともとの自然の摂理というものもあります。
特に昨年の異常な夏の暑さは、
少なからず、全ての植物に影響を与えていると思います。
皆で冷静に観察していくことが必要ではないでしょうか。


ハクウンボク