カレンダー
2011年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
2011年6月26日 08:57

2011年06月26日

那須塩原市の空間放射線量と栃木県の農産物の放射能測定について

塩原温泉、今朝はくもり。
一昨日までの暑さはどこに行ったのでしょう。
今日は肌寒いくらいの天気です。
誠にすごしやすく、体が助かります。

さて、今日は少し難しくて、複雑な問題、
福島第一原発事故と放射線について

福島第一原発事故を受けて、
那須地区、那須塩原市はとても微妙な位置にあります。

ご存知のように、栃木県は福島県の隣県です。
新聞などに毎日掲載されている空間放射線量は、
宇都宮以南はほとんど東京と変わらない数値。

那須や日光などでは
福島県内とは比較すればとても低いけれど、
東京と比べれば高めの数値が掲載されています。

同じ都内でも、高い地域(ホットスポット)があるように、
どこの地域でも高い所、低い所があるようです。

実は那須塩原市では1週間ほど前から、
市内5箇所で、一日に2回、定時に空間放射線量を測り、
市のHP等で公表しています。

那須塩原市放射線量測定結果一覧

また同じように
農産物の測定結果

水道水の測定結果
なども随時公表されています。

事故直後は、なかなかこういう数字が
市や県から公表されないことに、いらだちを感じておりましたが、
(それが理由で「那須を希望の砦に」プロジェクトに参加しています)
ここにきて状況がずいぶんと改善されてきました。

データも細かくなっていますし、
「検出せず」はあくまでも「検出せず」
ただ「基準値を下回った」ではないこともわかり、
(数値が出た場合は低くても数値が公表されています)
少し、安心できるようになりました。

公表された数値等を
高くて不安と見るか、
低くて安全と見るか、
は個人によって、違ってくるでしょう。
当然ですし、それでいいのだと思います。

ただ、那須塩原市が、真剣に取り組み始めてくれたことが、
個人的にとてもうれしかったですし、
塩原温泉が、周辺の地域に比べて、
実際に数値が低いことに、少し安心もしました。
(とはいっても東京の方から見たら少し高いかもしれませんが・・・)

公表することには賛否両論あるかと思いますが、
まず、公表することが大切だと、私は感じています。
信頼できる情報が公開されないうちは、不安は取り除けません。
塩原温泉に来ていただくために少しでも参考になればと願い、
あえて、ブログにて紹介しました。