カレンダー
2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
塩原産の夕顔栽培を復活させるプロジェクト
2015年7月19日 09:02



塩原温泉、今朝は晴れ。
風もあって爽やかな朝です。

さて、農業と観光の連携ということで、
塩原温泉うんまいもんプロジェクトが進めている、
もう一つのプロジェクトがあります。

地元塩原での夕顔栽培の復活と
夕顔を使った料理の普及
です。

かんぴょうは、多くの方がご存知のように、
栃木県を代表する農産物です。
国内で作られている、95%が栃木県産。
原材料となる夕顔の実の主な栽培地は、
栃木県南部、下野市、壬生町、小山市などです。

その産地に見学に行ったのが4年前。
初めて見るかんぴょうの天日干しや、
初めて食べる夕顔の実で作った料理に驚きました


夕顔の実を使った料理が思いのほか美味で、
旅館の料理の食材として使えないかと、
翌年には、栃木県の協力で、
県南より、夕顔の実を運んでもらい、
塩原温泉の何軒かの旅館で、料理にしてお出ししました


その翌年には、大きな夕顔の実の運搬が大変なので、
地元で、夕顔の実が栽培できないかと初挑戦
調べていくうちに、かつては塩原関谷辺りでも
自家栽培用に、あちらこちらの農家で作られていたとのこと、
「初挑戦」というよりは「栽培復活」を試みたのでした。

栽培に協力してくれたのが、やはりアグリパル塩原
こちらも農業と観光の連携ですね。

今年は作付け面積、植え付けの苗の数が
昨年の10倍になりました。
現在アグリパル塩原裏手の畑で、
ぐんぐんとつるを大きく伸ばし、実がなり始めています。

食材として使えるようになるのも、あと少しです。
野菜の季節があいまいになる昨今、
夏の暑い時だけ、
栃木県の塩原温泉でしか食べることができない、
貴重な食材、貴重な料理として、
塩原産夕顔料理、この夏も提供していきます!

夕顔栽培植え付けたばかりの頃。













夕顔栽培













夕顔先週末の様子。
花が沢山ついています。












夕顔













DSCN9230夕顔の花は一日花。
しぼんだ雌花のつけ根がふくらんで実に。












夕顔大きくなってきました。













夕顔アグリパル塩原の裏手の畑。
ぜひ、見学してみて下さい。
夕方の花はきれいですよ。