カレンダー
2012年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
エクス・レ・バンの温泉について:リューマチ系疾患に
2012年11月23日 08:45
 
塩原温泉、今朝はくもり。
昨日は晴れて暖かく成りましたが、
今日は一日中、どんよりとした雲に覆われそうです。
紅葉は、温泉街に何本かのモミジ
そして、塩原街道旧道側はまだきれいです
塩原街道を上がってくるときに、
トンネルを通らずに、旧道に回るとよろしいかと思います。
ただ、トンネルとの合流地点ではくれぐれもご注意ください。

さて、フランス視察報告。
エクス・レ・バンのもう一つ大きな温泉施設、
Thermes de Chevalleyは、高級住宅が立ち並ぶ、
小高い山の手にありました。
昨日・一昨日と紹介した、他の2つの温泉施設とは
シャトルワゴンで結ばれているようで、
3ヶ所ともに、同じビニールバッグを持った人達でいっぱいでした。

こちらのThermes de Chevalleyは
主にリューマチなどの関節系疾患の治療がなされているようです。
広いホールの半分を占めるプールでは
フローティングバーを使っての、
水中運動プログラムが行われていました。

日本でもリューマチなどの関節系疾患は
温泉の効果がよく現れるのはご存知のとおりですが、
こちらの治療は、蒸気や泥を利用しています。
温泉のスチームが出てくる機械に
手を入れる、座って足を入れる、
泥を温泉で練って、患部に湿布のように塗る、などなど


地元の医者の紹介状をもってエクス・レ・バンを訪れ、
エクス・レ・バンの温泉療法医の指示に従い、
こちらでの治療プログラムが組まれていくようです。
その処方箋も見せてもらいました。
18日間、びっしりと療養プログラムが。

実際に治療を受けている方に聞いてみたら、
近くの町から泊まりで、やはり18日間の滞在だとか。
日本の温泉のように、一泊二泊ではないのですね。
いわゆるフランス式の湯治という言葉がぴったり

塩原温泉でも塩原流ヘルスツーリズムが、
推し進められていますので、
今後何らかの形で、フランス式湯治も
採りいれることができればと思いました。

Chevalleyの温泉施設

町中の高台にそびえる
大きな温泉施設です。

 

 

 

 

 

受付

総合受付。

 

 

 

 

 


水中エクササイズ

レクリエーションとしてのプール。
何やら、皆で水中プログラムの
エクササイズ。

 

 

 

 


治療施設のほうの受付

治療スペースの受付。

 

 

 

 

 


手や足を温泉スチームで

手や足に温泉のスチームを
あてて、関節の治療。

 

 

 

 

 

気持ちいいです

ちょうどいい温度で
気持ちよかったです。

 

 

 

 

 

こちらは足のみ

こちらは足のみ。

 

 

 

 

 


背中にスチーム

背中にスチームをあてる装置。
これも気持ちよさそうです。

 

 

 

 

 

泥を使った治療

温泉で練った泥。
患部に塗って治療します。

 

 

 

 

 

こちらでも水中プログラム

処方箋に基づいての
プログラムが。












18日間の治療プログラム

こちらの独特のプログラム表。

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

温泉療法カルテ