カレンダー
2012年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
ヴィシー市庁舎を訪問
2012年11月17日 08:37
 
塩原温泉、今朝はくもり。
お天気下り坂。
そろそろ紅葉が見納めになりますので、
紅葉を楽しみにしている方はどうぞお急ぎください。

さて、ヴィシー滞在中の日程の中で、
一番の大仕事は、市庁舎訪問でした。
ヴィシー市の副市長と観光局長にお会いしました。

どうして市長じゃないのかなと、ちょっと疑問に思いましたが、
これはフランスの地方自治のシステムによるものらしく、
市長は、国会議員を兼務していることも多く、
町の顔ではあるものの、
実際の実務は、部署ごとにいる副市長が担当するのだそうです。

まず、副市長に、ヴィシーの町の歴史や産業について説明を受け、
その後、観光局長から観光についての話を聞きました。

ヴィシーは、温泉が大好きだったナポレオン三世によって整備した町。
第二次世界大戦の時には、
ナチスドイツに占領されなかったフランス南部の首都が置かれ、
「ヴィシー政権」や「ヴィシー政府」と呼ばれた
その中心地であったそうです。
歴史ある建物の維持は骨が折れるけれど、
町の美観を保つのにとても大事なこと


人口は約3万人。
温泉地として古くから有名ですが、
最近では町を活性化するために、
高齢者のための療養地としてだけでなく、
若い人や、国際会議、スポーツ大会などへの
対応にも力を入れているということです。

観光局長の話も、とても興味深いものでした。
観光行政は市や県などの自治体とは独立し、
政府(国)の直轄の機関として、
観光のことだけをやるのではなく、
それぞれの地域経済と深く結びついているのだそうです。
市よりも、大きな権限と決定権を持っていることもあるのだとか。

昨日のレポートでも紹介しましたが、
健康保険がきく、療養としての温泉利用が主流のフランスで、
これからは、「いやし」や「おもてなし」を主目的におく、
日本的、観光的な利用へのシフトチェンジも必要と言われました。

お互いに良いところを取り入れることができたら、
双方の発展になるということを確認でき、
今後情報交換などをして行く約束を取りつけられ、
とても意義のある懇談でした。

懇談の後、歴史的な建造物である建物内部や
ヴィシーのオペラ座などを案内していただきました。
小さな町だからと、それほど期待していなかったのですが、
フランスの歴史ある建物の優雅さや素晴らしさに感動しました。
さすがに、ナポレオン三世がてこ入れした町だけのことはあります。

この日私は出発前日に、
持って行ったほうがいいと言われ、慌てて用意した和服を着用。
少しは国際交流に貢献できたかな。
(小さな町なので、行く先々でかなり注目を浴びてたような・・・)

ヴィシー市の副市長、観光局長との交流

通訳の方を通じての懇談。

 

 

 

 

 


市の会議場のような場所

市庁舎というか、
市の会議やイベントに使われる
建物内部。

 

 

 

 


きれいな照明

天井照明と天窓が美しいです。

 

 

 

 

 


小ホール

小ホールのようなところ。

 

 

 

 

 


天井照明の陰影が印象的

こちらも天井の照明が印象的。

 

 

 

 

 


ヴィシーのオペラ座の入口

ヴィシーのオペラ座の入口。

 

 

 

 

 


ヴィシーのオペラ座内部

オペラ座内部。