カレンダー
2012年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
田舎町のワイナリーでワインの試飲♪
2012年11月19日 09:07
 
 
塩原温泉、今朝はくもり。
今朝はこの秋一番の冷え込みだったそうですが、
それほどの寒さは感じません。
紅葉は今、渓谷を下がり、
もみじ谷大つり橋付近が一番きれいでしょうか。
昨日もトンネルを通らずに旧道を上がってきたら、
まだまだきれいなモミジが何本も。
そろそろ見納めになります。

さて、フランス視察、まだまだ続きます。
このブログは私の記録でもあり、
また報告でもありますので、
どうぞ、最後までお付き合いください。

サンネクテールからまたまたかなりバスに乗ります。
次の目的地は田舎町のワイナリー
いわゆるフランスのサヴォワ地方のワイナリーです。

途中再びどこまでも広がる農地に
大きな大きな虹がかかり、それは見事でした。
今まで見たどの虹よりも大きな虹でした。

ワイナリーでは試飲があるというので
皆楽しみにしていましたが、
せいぜい数本かと思っていたら、
次から次へ、どんどんボトルを開けてくれます
ちょっとびっくり。
ブドウの品種や土壌や病気などの説明を受けながら、
たぶん12種類のワインを飲ませていただきました。
もっとお酒が強かったらなあとつくづく。

パリ在住の通訳の方によれば、
有名なカーブやシャトーのワインに匹敵するような、
良い出来のワインが、ウソのように安いとのこと
私達が試飲している脇を
地元の方がひっきりなしに、ケースでワインを買っていきます。
お店のワイン丸ごと買って帰りたいくらいでした。

ワイナリーへ

手さばきも的確に
どんどんとワインを開けてくれます。

 

 

 

 


試飲中

試飲中。

 

 

 

 

 


ボトルがどんどん現れて

ブドウの品種ごとの味の違いについて
説明をしてくれ、
どんどんボトルの数が増えていきます。

 

 

 

 

 


 


試飲したワインずらり

ずらり並んで12本。
お酒にもっと強ければなあと
心から思いました(涙)・・・。

 

 

 


 

ちょっと変わったボトルも

ちょっと変わったボトルのワイン。
ワインに合うパテなども
売られていました。
お店丸ごと買って帰りたいくらいでした。

 

 


 


ぶどうを攪拌する桶

収穫したブドウを攪拌する場所。

 

 

 

 

 


ワイナリー内部

ワイナリー内部。

 

 

 

 

 


丘が美しい田舎の街

こんな素敵な田舎町にありました。

 

 

 

 

 


夜景きれい

夜景もきれいでした。
フランスの町の夜景は
パリも含めて、
灯りの色が皆オレンジで、
落ちついた美しさが感じられました。クリスマスシーズンは
さらに美しく。

 


 


地平線にかかる大きな虹

行く途中で出会いました。
今までに見た
どの虹よりも大きな虹。


 

 

 

 

しかも二重で!

しかも二重で、
足元までしっかり。
感動しました。