カレンダー
2012年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
塩原ヨシ沼の巨木
2012年7月30日 09:15
 
塩原温泉、今朝も快晴です。
昨日は暑くなり、午後、突然の雷雨に驚きました。
稲光とほぼ同時に雷鳴。
建物の中にいても怖いですね。
ましてや、屋外にいた方は、大変な思いをしたかと思います。
今日も朝からセミが鳴く天気。
また突然の雷雨はあると思います。
充分気をつけてください。

さて、昨日ご紹介した、日本一小さなトンボ、
ハッチョウトンボが見られるヨシ沼。
その入口には、うっそうとした森があります。
いわゆる原生林と呼べるような雰囲気が、とても好きです。

先日はその中でも、一番?大きな木に
目が奪われてしまいました。

一体どこまで枝を広げているのかというほどの
大きな大きな、ぶな?の木。
見上げたその大きさもさることながら、
根っこが崩れた巨石にしっかりとからみついています。
一体、何年前からそこに、そうしているのかと

周辺にはしだの仲間もいっぱい。
一部の枝が枯れているのか、
幹にしのぶ(しだ)が沢山張り付いています。
これもしのぶマニアには垂涎でしょう。

先日、有志で山奥まで、
多分日本一じゃないかという
土平のヒメコマツの巨木を調査に行ったそうですが、
スッカン沢のカツラの木や、
こんな巨木に、山のあちこちで出会えるのも、
塩原の山の魅力だと思います


ヨシ沼を訪れたら、
沼周辺はもちろんですが、
こういう沼手前の森の部分も、しっかりと見てくださいね。

ブナの大木

人と比べると
大きさがよくわかります。
全体の樹形はこの写真に
おさまりません。

 

 

 

 

 

 

 

 


シノブ幹にしのぶが
沢山ついています。
自然の「つりしのぶ」ですね。

 

 

 

 


塩原のヒメコマツ(ゴヨウマツ)の巨木

こちらは先日
有志の方が調査に行った
ヒメコマツ(ゴヨウツツジ)。
樹齢1000年以上だそうです。