カレンダー
2013年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
国道400号線ゴミの多いこと!
2013年4月24日 09:18
 
塩原温泉、今朝は雨です。
今日は一日雨マーク。
明日には回復して、明日から少しずつ暖かくなるようです。

さて、昨日はお伝えしたように、
観光協会主催のクリーンキャンペーンでした。
恥ずかしながら、往来の激しい国道400号線の、
渓あいの傾斜地などのゴミも拾うということで、
怖くて今まで参加したことがなかったのですが、
日頃大好きな旧道の写真を撮るたびに、
そのゴミの多さにため息をついておりましたので、
今年は頑張って参加してきました。

本当に無理したら危ないような場所ばかり
でも、無理したくなるほどに、ゴミだらけです。
誰が見ても美しい塩原渓谷に、
どういう人なら、こうやってゴミを捨てることができるのか。
腹が立って仕方ありませんでした。

他の人が見ていなければ、やってもいいのでしょうか。
ご自身の良心というものはないのでしょうか。

おそらく車から投げ捨てただろう、
タバコの吸殻やコーヒーの紙コップから、
車のタイヤ、産業廃棄物のような鉄線やボード、
物干し台に、コードのついた電話機、マットレスまで、
色々なものが捨てられていました。

大量のゴミを拾ってきましたけれど、
ほとんどは、拾いたくても、危なくて拾えない場所に
渓谷の下のほうに。

永久にそのままになってしまうのかな。
心が本当に寒くなりました。
参加してくださった80名以上のボランティアの方
お疲れさまでした。
NHKが取材してくれたことと、
渓谷がそれでも美しかったことが、救いでした。
(渓谷の美しさはまた改めてお届けします!)

こちらで、NHKニュースが見られます。
http://www3.nhk.or.jp/lnews/utsunomiya/1093943641.html?t=1366760761328



クリーン活動

緑のゴミ袋を持って、
国道400号線を歩いて
いきます。

 

 

 

 

 

ガードレールを越えて

どうしてもガードレールを越えて
谷間の傾斜地に降りざるを
得ない状況です。

 

 

 

 

 

こんなゴミや

こんなゴミや

 

 

 

 


 


こんなゴミも

こんなものまで。
水を含んで、とても重たく、
マットと一緒に
谷底に落ちるかと思いました。

 

 

 

 


車の窓からポイ?

何の気なしに投げ捨てただろう
飲み物。
手が届かず回収できませんでした。

 

 

 

 


降りられる場所は谷底まで降りて

降りられる場所は
こんな谷底まで降りて。