カレンダー
2012年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
大きな赤松の木、中はどうなっているの?
2012年8月19日 08:14
 
塩原温泉、今朝は晴れ。
今日からしばらく、予報には雨マークがありません。
ジリジリと照りつく日が続くそうです。
くれぐれも熱中症には気をつけてください。

さて、昨日の仙人岩つり橋への遊歩道
実は途中の赤松の木の枝が折れたということで、見に行きました。
(自社の管理地内なので・・・)

この那須地域にはたくさんの赤松が自生しています。
東北自動車道西那須野塩原ICそばの千本松牧場付近
同じく那須ICそばの那須街道など、
それは見事な赤松林が広がっています。

この赤松を原料に、経木などの地場産品も

立っている赤松の木を見る機会はよくあるのですが、
実は木の中がどうなっているのか・・・
知らないのですよね〜。

見せてもらってきました。
木の年輪にそって、バリバリと音がしそうに剥がれ、
大きな枝ごと折れていました。
雷でも落ちたのかと思ったら、中が空洞になっていました。
遅かれ早かれ、折れる運命だったようです。

折れて、むき出しになった枝に顔を近づけると、
とてもいい匂いがしてきました。
松独特の匂いなのでしょう。
フィトンチッドの正体は木々が持つ揮発性の成分。
これもフィトンチッドのなせるわざ?
何かの匂いに似ていると思ったら、自分のバイオリンの匂いです。
バイオリンの塗られているニスの原料は、
松やにが入っているのかな。

自然のものって、色も匂いも肌触りも、全てが優しい・・・
そんなことを感じた一瞬でした。

この、折れた赤松は、伐採、切断して、
箱の森プレイパークに引き取られました。
炭焼き体験などで使うそうです。
倒れても、なお、人間の生活に有益に使われるのですね。

赤松折れた赤松の木。
落雷?と思ったら・・・


 

 

 

 

 

 

 





折れた木

中が腐ったのか、空洞だったから。

 

 

 

 



すごい迫力このむき出しの樹皮?から
いい匂いが。
フィトンチッドかな。