カレンダー
2011年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
塩原温泉街名残りのもみじ
2011年11月29日 08:57
 
塩原温泉、今朝はくもり。
少し青空も覗いています。

今日は小布施の栗スイーツをと思っていたのですが、
塩原温泉の紅葉も最後のラストスパート
温泉街に何本かのモミジを残すばかりとなりました。

しかしながら、最後のモミジがまた格別の味わい。
もう紅葉終わっちゃったかなあと思ってくる方には特に。

私は勝手にそういうもみじを「名残りのもみじ」と命名していますが、
そんなもみじを撮影しましたので、急ぎご紹介します。
いずれのもみじも彩つむぎから歩いていける距離です。

名残のもみじ

塩湧橋たもとのもみじです。
すぐ下は箒川。
水の青さによく映えるモミジです。
ここは決して風が当たらないというわけではないのですが、
まだきれいです。

名残のもみじ

もう1本は畑下地区の温泉神社脇
ここもいつも最後の最後まできれいなもみじ。
こちらも風が当たりそうで当たらないのかな。

道路を挟んだ向かい側には畑下地区の温泉宿が。
尾崎紅葉の『金色夜叉』の舞台になったところでもあり、
また版画家川瀬巴水は
この温泉神社の脇に座って畑下温泉の風景を残しています。

確かに車で通過し、その窓から
「うわ〜きれい!」という時期は過ぎてしまいました。
でも、温泉街を歩けば、まだいくつかのモミジに出会えます。
塩原温泉も小布施には負けますけど、
歩いて魅力がある町です。
是非、暖かくして町を歩いてみてください。