カレンダー
2011年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
NIKKEIプラス1取材裏話あれこれ
2011年11月 6日 08:06
 
塩原温泉、今朝はくもり。
先ほどまで雨が降っていました。
予報でも今日は降ったり止んだりの天気が続きそうです。
明日からはまた晴れマークが並んでいます。

さて、昨日のブログでも紹介したように、
NIKKEIプラス1にて塩原温泉が紹介され、
当館のことにも少し触れていただきました。

記事を書いて下さったのは、温泉ライターの山崎まゆみさん
私も2日間、取材に同行させていただきました。
女二人の珍道中という感じでしたので
ちょっぴりその取材裏話を。

山崎さんは、YOKOSO!JAPAN大使として、
温泉ライターとして、テレビやラジオ、著作など、
幅広い活躍をしていらっしゃいますが、
温泉ライターを目指した当初、
まず、性の目で見た混浴温泉という切り口の
記事などを書いていらっしゃいました。

おそらく、日本中の混浴温泉を回られているのでは。
女性が入りやすい混浴温泉とは?
などの切り口は、同じ女性としてはとてもうれしいものです。

今回、驚いたのは、塩原もの語り館のすぐ目の前の「もみじの湯」
記事の中に写真も掲載されていましたけど、
私はいまだ入ったことがない温泉。
女性が入るにはかなり勇気がいる温泉です。

たまたま撮影の時に誰もいない時間が。
チャンスとばかりに「じゃあ入っていきます」。
確かに、誰もいない時間は、そうそうあるものではありません。
ところが、タオルもない、手ぬぐいもない。
では「私、車までタオル取りに行ってきます」と言ったら、
「ああ、ハンカチがありました!大丈夫です」と。

えっ、ハンカチ1枚?
ハンカチ1枚で露天風呂に入ってしまうんですか?
さすがにあちこちの温泉に入り慣れていて、
ハンカチ1枚でも平気だそうです。
恐れ入りました。

そして、もう一つ。
塩原高原大根の産地を目指して、
山道をどんどん、車で進んでいったときのこと。
前方から小さな生き物が2匹、車に向かってきます。
そのままだと轢いてしまうので、車を停めると、
何と、まだ小さな小さな子猫

車の下に入り込んだり、まとわりついて離れないのです。
どう考えても野良猫ではなく、捨てられたばかりの猫
でも、どうにもできず、立ち去ろうとしても、
私たちよりも足が速くて、すぐに追いかけてきて・・・
仕方なく、民家がある所まで連れていこうと車に乗せたら、
もう、ひざに乗るわ、肩にのるわで、これもまた大変なことに。

ようやく、民家が集まる場所に移動させ、
取材でいただいたとて焼の生クリームをなめさせている間に
ほうぼうの体で逃げるように車までダッシュ
私たちが捨てたわけでもないのですが、
その後二人とも、トラウマのようにだんまり。
こんな可愛い子猫を平気で捨てる人に対して、怒りがふつふつ。
山崎さんなんて、その夜の夢にまでこの子猫達が出てきたとのことです。

そんなこんなで、ハプニングもありましたが、
楽しい2日間を過ごさせていただきました。
夜はフェイスブックで声をかけて、
地元の旅館の方などとの交流会も。
日本全国を旅している山崎さんから
各地の町おこしの話や温泉の話など、沢山の貴重な話が聞けました。
ありがとうございました。

温泉ライター山崎まゆみさん

 

 

 

 

 

 


フェイスブック交流会