カレンダー
2011年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
東電賠償請求説明会
2011年10月16日 08:39
 
塩原温泉、今朝はくもり。
昨日の雨は上がり、今日はお天気回復するとのこと。
雨に現れて、山の紅葉が一段ときれいに見えています。

さて、先日那須塩原市内の宿泊業者を対象に、
東電の賠償請求についての説明会がありました。

ご存知のように、東京電力福島第一原発事故をふまえ、
福島県、栃木県、茨城県、群馬県の
観光業者においては風評被害が認められ、
賠償請求ができることになっています


すでに福島県では仮払いや請求申請などが行われ、
160ページにもわたる分厚い説明書などに批判が集まっています。

福島第一原発事故の風評(だけ?)被害をこうむった
実際の当事者になり、この半年間、本当に悔しい思いをしてきました。

週刊誌などのメディアに「日光・那須・那須塩原」という地名が
ホットスポットとして取り上げられるたびにキャンセル。
栃木県産牛肉の出荷停止のニュースでまたキャンセル。

直接売り上げに結びつくことだけではありません。

自分の時間を割いて、周囲の放射線量を測ったり、
最近では食材の測定もしたり、
この半年間、どれだけ原発事故のことに振り回されてきたか・・・

事故後7ヶ月がたち、
実際の汚染は当初報道されていたよりも
ずっと広範囲であることがわかり、
むしろ塩原温泉は地形と当日の天気のために、
放射線量が比較的低いこともわかりました。

そして、いかに東電や国が色々なことを隠してきたかも。

あまりの被害の甚大さに対応しきれないのはわかります。
でも十把一からげの損害賠償請求方法には、はななだ疑問だし、
東電側の被害者との向き合い方に、しばしば怒りも覚えます。

当日の説明会で東電の方3名、
よくテレビで見るように頭を下げて謝ってはくれました。
でも賠償金の額も含めて、
とにかく被害者に寄りそう姿勢を見せて欲しい・・・
ひたすらそれを願っています。

東電賠償請求説明会

 

 

 

 

 

 


東電賠償請求説明