カレンダー
2011年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
塩原渓谷キャニオニング上級コース!
2011年10月10日 08:15
 
塩原温泉、けさはくもり。
日中晴れ間もある予報でまずまずの行楽日よりでしょう。
那須の紅葉が身頃となっており、
那須方面昨日もかなりの渋滞でした。
余裕をもってお出かけください。

さて、今夏大人気だった塩原渓谷キャニオニング
先日、その上級編のモニターツアーが行われました。

私も初級コースは体験し、その比類ない楽しさを満喫。
今回の上級コースは残念ながら見学にしてもらいました。
その見学リポートです。
おそらく、読むだけでワクワクしてきますよ!

今回の参加者は塩原の関係者が3人、
宇都宮から今夏塩原渓谷キャニオニング体験者が3人、
それに塩原観光協会のインストラクターが2人、
鬼怒川でキャニオニングをやっている方が2人、
そして日本でのキャニオニングの草分け地、
水上町からインストラクターが2人、合計12名でした。

装備も初級コースと違い、かなり本格的な重装備。
これだけで、気分が引き締まります。

まず、竜化の滝のすぐ下の風挙の滝へ。

風挙の滝で

 

 

 

 

 




この滝を下るというのです!
え〜と思いましたが、実はロープを使って。
ロープにつかまりながら落ちるのです。

風挙の滝キャニオニング迫力

 

 

 

 

 

 

 


 

迫力!全身滝の中

 

 

 

 

 

 

 

 


流れも激しいし、滝の中に全身どっぷり
やっている人はそれほど怖くなかったそうですけど、
見ているほうはハラハラです。

しかし、ここはまだ体ならし。
沢を歩いて少し下り・・・
ここは国道からも見える抛雪の滝の滝の上。
このすぐ下は20メートルの絶壁ですよ!
ここをまた下るというのですから。

途中歩いて

 

 

 

 

 



道路から眺めていたその様子。
観光客の方たちも「すご〜い」とびっくりです。

抛雪の滝で20メートルの滝を落下

 

 

 

 

 

 

 

 


いくらロープでといってもかなりの度胸が必要かも

道路をはさんだ箒川の風景
水がとてもきれいです。
ここまで道路の下を歩いて、次は布滝下流でダイビングです。

清流

 

 

 

 



 

こんな所で

こんな所で、

 

 

 


 



滝つぼへダイブ

ダイブ!

 

 

 

 

 


この地点は道路からは行けませんので、
私たち見学者は、少し上流の布滝から見ていました。

布滝も水量が多くて迫力がある滝です。
ここの岩がまた全て「柱状節理」といわれる貴重な岩。
柱のような岩が重なっています。

ここまで来る観光客は少ないのですが
(地元の人もあまり知りません)
なかなかないすばらしい景観だと思います。
水しぶきに虹がかかって、とてもきれいでした。
(虹、ちゃんと見えるかな?)

布滝下

 

 

 

 

 

 


布滝

 

 

 

 

 

 


布滝にかかる虹

 

 

 

 

 

 


布滝から上流を見るとこんな感じ。
こちらもなかなかいいでしょう?

布滝付近

 

 

 

 

 

 


キャニオニングの参加の方たちは、
ダイビングの後、対岸を歩いて、この記念撮影。
いやあ、お疲れ様でした!
今年は今回のモニターツアーのみ催行。
来年本格的に一般向けのツアーが予定されています
我こそ!というつわものはぜひ!

布滝の対岸で

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



最後におまけの写真。
布滝の上の私。
ここから本当にダイブしたら、多分助からないだろうとのこと。
この日は岩も乾いていましたからできたけど、
濡れていると足元も滑りますので、
よい子の皆さんはマネしないでね。
どういう場所から写真を撮っていたか、お見せしたくて。

布滝の上で