カレンダー
2011年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
塩原温泉に郡上おどりがやってくる♪
2011年9月10日 10:46
 
塩原温泉、今朝は晴れています。
からっとしてさわやかな秋晴れです。

昨日から始まった塩原温泉まつり
今日は塩原八幡宮の例大祭の日
そして、今年初めて(今年だけ?)の企画として、
国の重要無形民俗文化財である、郡上おどりが披露されます。

なぜ塩原温泉で郡上おどり?

その縁は幕末に遡ります。
戊辰戦争のさなか、塩原温泉は
会津藩の新政府軍への最前線基地として、
180名の兵士が駐留していました。

その中に、現在の郡上八幡市がある美濃国郡上藩より、
脱藩して「凌霜隊」と名乗っていた39名が含まれていました。
郡上藩では戊辰戦争の際には苦肉の策として、
新政府軍と旧幕府軍と、その双方に兵を送ったのでした。

凌霜隊が塩原温泉にいたのは慶応4年(1866)の5月から8月
いよいよ新政府軍が迫ってくると、
会津藩は塩原を焼き払って撤退することを決定
しかしながら、それを忍びないと思った凌霜隊の隊長が、
せめて妙雲寺だけはと、
寺の近くに畳を積んで火をつけて、嘘の報告をし、
また寺の本堂の格天井にあった菊の御紋に、
最初からなかったことにと、×印をつけたと言うような
様々な逸話が残っています。

そんなこんなで、150年ほどの前のご縁で今回の催しが決定。
江戸時代から続いていると言われている
郡上おどりを間近で見られる、またとない機会です。

どうぞぜひ浴衣で踊りの輪に加わって下さいということです。
YouTubeの動画で見てみました。
型がいくつかあり、どれもそれほど難しくない踊りの連続です。
土曜日で忙しい時間ですが、
時間ができれば私も見にいきたいと思っています。

時間は19時より21時まで、塩原もの語り館にて