カレンダー
2011年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
とちぎ和牛の陶板焼き復活!
2011年9月20日 08:59
 
塩原温泉、今朝は雨。
ダブルで来ていた台風。
16号は東にそれましたが、15号が列島直撃。
関東地方も影響を免れないようです。
明日が本降りの雨になりそうです。

さて、このほど、長らく出荷停止になっていた
栃木県産牛肉の出荷停止が解除となり、
ようやく、仕入れが再開できるようになりました。

汚染された稲わらを食べ
基準値超えになった牛肉が見つかった事を受け、
栃木県では検査体制を徹底
まず、二つのカテゴリーに分けています。

汚染された可能性のある稲わらをまったく与えていない
酪農農家の牛に関しては「全戸検査」
各農家ごとに1頭の牛を検査し、
その牛の測定値が20ベクレル以下なら、2頭めから出荷。
20ベクレル以上はさらに精密な検査。

また汚染された可能性のある稲わらを食べさせた農家については、
全ての牛を検査する「全頭検査」

最終的には国の暫定基準値未満なら、出荷は可能ですが、
無事出荷されることになる牛は全て、
固体識別番号の書かれたパスポート
「牛肉の放射性物質検査結果通知書」が付けられます。
数値も記載されていますから、
数値が高ければ仕入れるつもりはありません。

今のところ、2箇所の農家の牛を仕入れましたが、
いずれも「検出せず」
気になる検出限界は次のとおりです。

ヨウ素131 : 7ベクレル/キロ
セシウム134 : 7ベクレル/キロ
セシウム137 : 12ベクレル/キロ
セシウム136 : 8ベクレル/キロ

とにもかくにも、お客様に喜ばれていた
「とちぎ和牛の陶板焼き」を再び提供できることになり、
私も板長も安堵いたしました。

栃木県が世界に誇るとちぎ和牛を
安心してお楽しみください。

とちぎ和牛の陶板焼き