カレンダー
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
追悼〜昨日の雪崩事故について
2017年3月28日 09:32



塩原温泉、今朝は青空になっています。

全国的なニュースになりました。
ご存知のように、昨日那須のスキー場で雪崩事故。
地元の大田原高校の生徒さんと先生が犠牲になりました。

実はこの3年間、
大田原高校と関わりを持たせていただいていて、
顧問の先生も存じ上げており、
山岳部の生徒さん達とも話したことがあります。

朝10時に雪崩、登山訓練の高校生が・・・と知り、
大田原高校に電話してもつながらず、
不安は高まるばかり。

昼に大田原高校以外の学校は無事が確認されたというニュース。
確実に大田原高校の生徒さん達が巻き込まれたことがわかり、
その後は・・・。
最後まで望みを捨てずに、推移を見守りましたが、
最悪の事態になってしまいました。

大田原高校の山岳部は栃木県では伝統もあり、
(U字工事の益子さんも所属していました)
また県内の大会では常勝校。
インターハイでも活躍し、大田原高校の自慢の部たちでした。

その背景には、いつでも那須連山をフィールドとして
練習ができるという恵まれた環境にあったことも。
それがかえって仇になってしまったのかもしれません。

現場となった那須ファミリースキー場は
コースがなだらかで、お子様連れの方に人気があるスキー場。
そこから上の、茶臼岳や朝日岳や三本槍岳や、
そういう山ならともかく、
勝手知ったる那須の、比較的なだらかな場所で、
あれほどの雪崩による遭難事故が起きたことに、
地元でも衝撃が走っています。

塩原に縁がある方のお子さんも犠牲になりました。
家族の方の心痛を思うと言葉がありません。
また、常に生徒の安全に心を配っていた
学校の先生方の無念はいかばかりでしょう。
何にも増して、希望に満ちた将来が待っていたはずの
生徒さん達が気の毒でなりません。
引率で亡くなった教師の方もまだ20代でした。

そして、参加していた他の高校の生徒さん達、先生、
全員が怪我を負ったと聞いています。

これだけの沢山の人の命を一度に奪い、
怪我をさせてしまう雪崩の恐ろしさを感じました。

そういえば、我が家の子供が大学を卒業する時、
確か3月25日頃の卒業式の直前に、
その大学の山岳部の主将と一年生が、
やはり山での遭難事故で亡くなったことを思い出しました。
春山もまた、厳冬期とは違う恐ろしさがあることを、
忘れてはいけないでしょう。

地元の一人として、
大田原高校関係者の一人とした、
そして、山を愛する者の一人として、
今回の事故は、あまりにも衝撃的でした。

心よりお亡くなりになった先生と生徒さんの
ご冥福をお祈りいたします。

5204996c