カレンダー
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
しおばら千二百年物語とは・・・
2017年3月18日 08:52



塩原温泉、今朝は晴れ。
この三連休はまずまずの天気に恵まれそうです。


さて、このほど、
塩原温泉に二つの新しいカフェが誕生しました。
一つは「しおばら千二百年物語」
そして、もう一つは「SUZU cafe」

今日と明日にかけて、
二つの新しいカフェをご紹介したいと思います。

一つ目の「しおばら千二百年物語」
塩原温泉街の入口、福渡地区夕の原に。
元の「BLESS」がリニューアルオープンです。

「BLESS」といえば、白いかまぼこ型の屋根が印象的で、
ある意味、ランドマーク的な建物でしたが、
現在進行中のトンネル工事と道路整備工事にともない、
移転、改築を余儀なくされてしまいました。

今度の新しい建物は黒い外観と、白いロゴマークが目をひきます
とってもおしゃれ。
中も素敵です。

手前がお土産品やオリジナルのお菓子、
そして、地元のお酒。

オリジナル商品の着眼点と展開に注目!
少し前から、塩原温泉は「七色の温泉」というキーワードで
プロモーションを展開しておりますが、
その「七色の温泉」にちなんだ「ななゆ(七湯)」シリーズ

ミルク、きな粉、安納芋、抹茶、胡麻、コーヒー・・・
あれ、6色しかない?
あと一つは無色だからお菓子にはならず、
7色から無色を引いた6種類の展開となっています。

そして、千二百年の歴史を誇る塩原ですから、
地元の地名や、言い伝えを元にした商品も
目の付け所がいいですね!

奥はカフェになっています。
こちらでも七湯シリーズにちなんだラテをはじめ、
工夫に富んだラインナップ。
このほど、ワンプレートランチも始まり、本格始動です。

ここのカフェ、実は4月中旬に塩原渓谷を彩る、
栃木県の花、ヤシオツツジを見る絶好の場所。
4月が早く来ないかな。楽しみです。

ちなみにお雛様も飾っていますので、
スタンプラリー、楽しんで下さいね。

塩原千二百年物語外観。













塩原千二百年物語 妙に気にいってます。
このロゴマーク。











塩原千二百年物語 店内。
入ってすぐ左手にお雛様。











塩原千二百年物語













塩原千二百年物語 BLESS時代からお酒が充実。













塩原千二百年物語













塩原千二百年物語ななゆシリーズの餡ジャム。













塩原千二百年物語「材木岩」スティックケーキ。













塩原千二百年物語「逆杉」バウムクーヘン。













塩原千二百年物語「木の葉石」リーフパイ。













塩原千二百年物語「七つ岩」アーモンドクッキー。












塩原千二百年物語漬物や













塩原千二百年物語川魚も。













塩原千二百年物語奥のカフェ。
ヤシオツツジの頃が楽しみ。












塩原千二百年物語ななゆシリーズの
餡ジャムを使ったラテ。
これは珈琲ラテ。
何と4層になって
塩原湖成層の地層みたい!
優しい甘さが嬉しいです。







塩原千二百年物語那須地鶏などのワンプレートランチ。