カレンダー
2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
オシドリもサルもトラツグミもやってくる彩つむぎ
2016年2月29日 08:51



塩原温泉、うるう年うるう日の朝はくもり。
夜から朝にかけて小雨が降りました。
今日の午後にも少し雨マーク。
そして、寒いと思ったら、夜には雪マークもちらほら。
久々の雪景色が見られるでしょうか。

さて、最近、オシドリの問合せを受けるようになりました。
何度かブログでオシドリのことを取り上げているからでしょうか。
少しずつ、彩つむぎ目の前の箒川にオシドリが来ることが、
知られてきているようです。

今年は数が少ないようにも感じますが、
それでも数十羽はいるかと思います。

先日はそんなオシドリ達が、彩つむぎの敷地の中に
ドングリの実を食べにきたようです
かなり間近に集まってきたオシドリ達に、
スタッフもお客様も大興奮です。

でもこのドングリ、
その少し前まで、サルも来て食べていたんです・・・

また先日、スタッフが「大きな鳥が窓にぶつかった!」
私のところに慌てて来ました。

見るとトラツグミのようです。
確かに、夜になると、時折トラツグミの声がしますので、
いることはわかっていましたけれど、
実際に姿を見たのは初めて。

最初脳しんとうで気を失っているのかもしれないと思いました。
以前にもそういう鳥たちが、
意識が戻ってまた飛んで行く場面を見ていましたので。
まだ温かい状態で箱に入れて、様子を見ましたが、
今回は意識が戻ることはなく・・・即死状態のようでした

いきなりの出会いが悲しい出会いに

このまま土に埋めるのはしのびなく、
知り合いの方に聞いて、
県立博物館に連絡したところ、
学術標本にしていただけるということで、
取りに来て下さいました。

まあ、色々な生き物たちがやってきます。
自然が豊かな塩原ならでは。
そうそう、ニホンカモシカが来ることもありますよ!



オシドリ













オシドリ













オシドリ













DSCN0187













サル













サル













トラツグミ