カレンダー
2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
やっぱり塩原の地層はすごい・・・
2016年2月24日 09:12



塩原温泉、今朝はくもり。
風もあって少々寒く感じます。
今週は気温が低めとのことです。

さて、先日六本木ヒルズの森美術館で開催中の
「村上隆の五百羅漢図展」を見に行ってきた時のことを書きました。

この話には伏線があるのです。
人のご縁というものを感じました。

少し前に、女性お1人で2泊して下さった方がいました。
NYに長く住んでいる日本人の方ですが、
日本に来ているので、2泊したいと、お電話にて予約がありました。

海外在住の方が、またどうしてお1人で2泊も?
聞くと木の葉化石園に行きたいとおっしゃるので、
その理由をお聞きしたら、
塩原の地層の写真を撮影したいのだと

何でも、写真家の方なのだそうです。
私も木の葉化石園が大好きだし、
地層が見られる所を何箇所が知っているので、
半日お付合いして、一緒に地層の写真を撮ってきました

やっぱり、塩原の地層は貴重ですね。
何層にもかさなった土のラインの美しいこと。
所々うねったり、重なったりしている箇所もあり、
地球のパワーを感じることができます


無事に期待どおりの写真が撮れたようで、
その写真家の方は、とても喜んでお帰りになりました。

帰る時にお聞きすると、
現在作品が宇都宮の栃木県立美術館に飾られているとのこと
ちょうどその二日後に宇都宮に行く用事があったので、
帰り道に県立美術館に立ち寄り、作品を見てきました。

その作品は、村上隆さんをモデルに撮った一連のシリーズでした。
撮影に同行した時のお話の中でも、村上隆さんの話題が出ましたが、
かなり親しい間柄だったのですね。
その前からずっと「五百羅漢図展」を見に行きたいと思っていたので、
自分としては、このご縁をとても嬉しく思いました。

その写真家の方、杉浦邦恵さんとおっしゃいます。
栃木県立美術館だけでなく、現在(〜2/29)、
東京のタカ・イシイギャラリーでも作品展が展開されています。
http://www.takaishiigallery.com/jp/archives/13928/

ただ撮っただけの写真ではなく、
他の素材とコラージュしたりしての作品。
とても個性的で、陰影があり、シャープで、きりりとした作品が素敵です。

写真は杉浦さんと一緒に撮影してきた塩原の地層。
「モノクロームで撮るといいわよ」というアドバイスがあり、
モノクロのものも一緒に。
ちょっとかっこよく撮れているかな?


要害の滝






















要害の滝













要害の滝













DSCN9418













DSCN9419













DSCN9426













DSCN9425