カレンダー
2013年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
ワールドカフェ・ファシリテーター養成講座
2013年7月30日 08:53



塩原温泉、今朝は晴れ。
きれいな青空ですが、朝はやはり寒いくらいで、
半袖の腕に鳥肌が立ちます。
夕方からは雨のマークがついていますので、
早め早めの行動がいいかもしれません。

さて、先週になりますが、栃木県が主催した
「ワールドカフェ・ファシリテーター養成講座」なる研修に参加してきました。

「ワールドカフェ」って何?
まだあまり一般的な言葉ではないですよね。
私も昨年初めて知りました。

よく会議や研修などで行われる様々なワークショップの手法の一つです。

カフェのようなリラックスした環境を設定し、
テーブルクロスなどを敷いたテーブルに4~5名。
そのテーブルを一つの「ワールド」と見立てて、
統一のテーマに沿って、各ワールドで意見交換
そしてテーブルからテーブルへ、
あたかも世界を旅行するかのように、移動して、
一人でも多くの方と意見交換・・・
簡単にいうと、そんなところでしょうか。

今まで数回、ワールドカフェには参加したことがあったのですが、
その方法などはよくわかっていませんでしたし、
どうしてこの場面でこういう展開になるのかなとか、
具体的な疑問も持っていましたので、研修を受けてみました。

ファシリテーターとはその企画運営とアレンジをして、
その場のスムーズな進行を促す人。
段取り八分とよく言いますけれど、
まったくその通りで、場の設定と質問の設定が何よりも大切なようです。

最近では行政機関などでも盛んに行われているようです。
知らない人どうしが集まる場面では
例えば「ロ」の字形に座っての会議よりも、
周りの人と打ち解けることができ、
活発な意見が出やすいのは確かです


今後、何かの形で生かせればと思います。


ワールド・カフェ講師はワールドカフェの
第一人者、大川恒先生。













発表中テーブルをぐるぐる一巡して、
最初のテーブルに戻って、まとめて発表。













思いついたまま書いていくテーマについて思いつくことを、
どんどん模造紙に書きながら、まとめていきます。













座学の研修中こちらは座学。














一人一人のワークショップ