カレンダー
2011年2月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          
津軽金山焼の一輪挿し
2011年2月12日 14:45
 
塩原温泉、雪です。
予報どおり、昨日の昼ごろから降り、
現在積雪は10センチくらいでしょうか。
さくさくとした、細かなかき氷のような雪です。
雪景色がきれいです。

2/12朝の雪景色

 

 

 

 

 

 


さて話題は変わって、
今年のテーブルウエアフェスティバルで買った
津軽金山焼の一輪挿しです。

青森の金山焼の一輪挿し

 

 

 

 

 

 


津軽金山焼は毎年出店して、
大きなブースで働いている方たちが
日頃聞く機会のない、津軽弁(青森弁?)でしゃべっているので、
前から気になっていました。

津軽弁は日本の方言の中でも、
もっとも聞き取りにくいと言われていますが、
生で聞いてみると、イントネーションなど、
同じ東北の会津や秋田、岩手などの方言と似ています。
東北のことばの抑揚は、何とも優しい気がします

金山焼自体は備前焼にも似た焼き締めの陶器。
備前焼よりも素朴で、土の存在を感じさせます。
大きな登り窯で11昼夜に渡って焼き上げるのだとか。

聞けばりんごの栽培が盛んな地域で、
たった一輪挿し二個しか買いませんでしたが、
袋の中をみたら、オマケのりんごが一つ入っていました。
北国の人の心遣いをいただいたようで、
ぽっと心に火が灯りました。