カレンダー
2011年2月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          
馬頭広重美術館青木コレクション
2011年2月22日 08:45
 
塩原温泉、今朝も晴れ。
根雪になっていたような、
庭の植え込みの雪も全て溶け、
福寿草がようやく芽を出しました。

さて、先日紹介した那珂川町の話をもう少し。
温泉トラフグ八溝ししまる那珂川町
旧馬頭町旧小川町が合併してできた新しい町です。

清流那珂川に沿った里山の町で、
観光施設も充実しています。
塩原温泉から、大抵の方は
那須方面または日光方面に出かけますが、
那珂川町も塩原から1時間弱
穴場的にとてもおすすめの場所です。
さらに足を延ばせば、烏山、益子へとつながっています。

旧馬頭町で見逃せないのが「馬頭広重美術館」
この地域出身の実業家、青木藤作氏が大正から昭和にかけて
収集した安藤広重などの浮世絵のコレクションを
氏の没後50年に遺族が馬頭町に寄贈した作品を収蔵しています。

馬頭町でもその貴重なコレクションにふさわしい建物をと、
著名建築家の隈研吾氏に設計を依頼
木と那須の芦野石、そして、和紙を多様した、
すばらしい美術館を作りました。
(芦野石の床と壁面は圧巻です!)

現在、その青木氏のコレクションを
2回に分けて展示中。
(1/15〜2/27・・・明治の版画・日本画)
(3/4〜4/17・・・青木藤作と徳富蘇峰)

私も今回初めて中に入ってみましたが、
明治時代のきれいなすごろくや
今まであまり知らなかった浮世絵師の作品など、
目を見張る作品ばかりで、
来て良かった〜と思いました。

後半は明賀屋とも縁の深い徳富蘇峰がテーマ。
明賀屋本館の「太古館」の名は、徳富蘇峰がつけました。
青木氏は徳富蘇峰を敬愛していたそうです。
こちらも、また機会を作って見に行きたいです。

馬頭広重美術館

 

 

 

 

 


 

芦野石と和紙

 

 

 

 

 

 


那珂川町馬頭広重美術館
栃木県那須郡那珂川町馬頭116-9
☎0287-92-1199
月曜休館