カレンダー
2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ハンターマウンテン山頂(明神岳)遊歩道
2015年10月13日 09:28



塩原温泉、今朝は晴れ。
しばらく好天に恵まれそうです。
日中晴れて朝晩冷え込む日が何日か続いただけで、
紅葉が進んできたことを実感します。

現在、ハンターマウンテン紅葉ゴンドラ
大変、美しい景色を見ることができます
今まで、少し遅い時期しか行ったことがなく、
早めに行くと、こんなにきれいなのかと、
そのすばらしさを再発見。

遅い時期には、
眼下の塩原全体の紅葉を俯瞰できますが、
現在はゴンドラの左右の紅葉がピーク

そして、ゴンドラの山頂駅からは、
一周50分の山頂遊歩道が
あります。
今まで一周歩いたことがなく、
この時期しか歩けませんので、
トレッキングシューズを履いて、歩いてみました。

ゴンドラからの景色も良いけど、
こちら(反対側)の景色も素晴らしいですね。
高原山、鶏頂山、関東平野一望です。
紅葉もピーク


そして、驚いたのが、遊歩道の古木と苔
遊歩道は、こういう言い方が適当か、
二部構成になっています。

ゴンドラ山頂駅から向かって右手に行くと、「お気軽コース」
「日光連山展望台」の少し手前まで、
滑り止めまである木道が整備されていて、
多分、ヒールの靴でも歩いていけると思います。

ここまでは前に何度か、夏の時期に歩いています。

山頂駅の左手から「日光連山展望台」の間は、「しっかりコース」
木道はなく、火山岩の大きな石に、
古木の根が縦横に張り、
落ち葉が朽ちて積もった、
柔らかだけど、アップダウンがある道。

その古木の根が見事
原始、森は苔から始まったと言われています。

植物が根を張ることができないような岩に、
最初に苔が生え、
苔をベッドにして、植物たちが実生していく・・・

岩と苔と木の根・・・
そんな原始の森を思い浮かべることができるような、
素敵で不思議な足元の風景の連続
です。

木の根の下をさらに注意深く見ると、
ほとんどが空洞になっています。
風化して、下の土がなくなったのか、
それとも酸素を求めて、木が自らそうしたのか。

空洞はきっと生き物たちにとっても
心地よい場所になっているはずです。
苔の種類も多く、見入ってしまいます。

でも、足元ばかりではなく、
頭上の木々や風景も見なくては。
標高が高いので、すでに散っている木も多いですが、
落葉樹はきれいに色づいています。

この山は「明神岳」といいます。
東峰と西峰の二つの山頂があり、
それぞれの標高は1643m1640m
途中の「関東平野展望台」からの景色も素晴らしいです。

さらに歩きたい方は、
「日光連山展望台」の少し下から始まる登山道へ。
鶏頂山、釈迦が岳への縦走もできます
ただし結構時間がかかるようですので、
登山計画はきっちりと。

次回はこの登山道縦走をしてみたいと、
強く思った小一時間の空中散歩でした。

どうぞ、ハンターマウンテン紅葉ゴンドラ、
お早めにお出かけ下さい。
今週のイチオシスポットです。

登山道入り口日光連山展望台。
男体山、女峰山、日光白根山を
望むことができます。
この少し下から、
縦走登山道。









遊歩道「しっかりコース」の足元。
ずっとこんな感じ。
根っこがすごいです。











遊歩道今にも傾きそうな岩にも。
根っこの下には大きな空洞。












遊歩道苔も美しいです。













山頂西峰山頂。
明神岳神社の祠が。












遊歩道東峰山頂。
関東平野展望台が。
ここからの眺めがすばらしい。











遊歩道













遊歩道













遊歩道













遊歩道頭上の紅葉も楽しんで。













遊歩道













遊歩道













遊歩道ゴンドラと、
その先の風景も見事。
左側は高原野菜のハウス群。
右手は日留賀岳周辺の山々。