カレンダー
2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
桃の摘果を甘露煮に
2015年6月 3日 08:37



塩原温泉、今朝は小雨。
昨夜より雲が出て来て、朝から雨。
ようやく恵みの雨が来たようです。
季節が進んで、そろそろ梅雨入り間近。

さて、先日、いつもお世話になっている農家さんから、
試験的に植えてある桃の木の、
摘果作業が間に合わないので、
欲しかったら摘みに来て
と言われて、
さっそく行ってきました。

枝に小さな実がぎっしりと付いています。
このままにすると、皆小さい実になりますので、
一枝に一つの実を残して、後は摘んでいきます
普通は摘果されたものは、そのまま捨ててしまいますが、
この摘果された桃の実、
実は、種がまだ入っていなくて、甘露煮に利用できるのです

市販されているのだから、自分達にも作れるだろうと、
今年板長が初めてチャレンジです。

一つ以外は全部摘果しなくてはならず、
短時間でもあっという間に沢山の収穫。

一つ割って口に入れてみましたが、
固いし、渋いし・・・本当に大丈夫かな。

まだ極々小さな実でも、
ちゃんと桃らしく、産毛がいっぱい
この産毛をまず取らなくてはなりません。
指の腹でこすると、まるで綿のように沢山。

そして、ざっと、何度か茹でこぼしをすると、
産毛が付いていた薄皮が浮いてきます。
またこの薄皮を地道に取り除く作業を。

ここまで下準備をしてから、やっとシロップで煮ていきます
ある程度煮たら、一度火を止めて、また煮詰めてと。
かなり手間がかかりますが、
シロップを含んだ若桃は、ぷっくらと柔らかくて
最初に固くて渋かった実とは思えないおいしさです。

さて、どういう風に活用していきましょうか。
どうぞお楽しみに。

まだまだ農家で摘果作業は続きます。
いつでもまた摘みに来てとのことですが、
手間がかかるから、どうなることやら・・・

桃の摘果













桃の摘果













桃の摘果













若桃摘んだばかりの実。













DSCN5855切ると中はこんな感じ。
固くて渋〜い。
種はまだできていません。











若桃まず軸を取ります。













産毛とりうぶ毛を取って。













下茹で下茹で。













薄皮を剥く薄皮を剥いて。













薄皮をむく













シロップで煮るさっとシロップで煮て。













煮詰めて