カレンダー
2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
那珂川町馬頭広重美術館次の企画展は「役者見立東海道五十三駅展」
2015年6月25日 08:48



塩原温泉、今朝は晴れています。
予報では雨マークが・・・
ぐづついた天気になりそうです。

さて先日、大好きな那珂川町へ急いで行ってきました。
やはり大好きな馬頭広重美術館の企画展を見るために。

見てきた企画展は『江戸のお化け妖怪展』でした。
以前見た『猫じゃ猫じゃ展』同様に、
お化けと妖怪というテーマにしぼった展示。

早く行かなくちゃと思いながら、訪れる機会を逸してしまい、
最終日の3日前というギリギリさ。
おどろおどろしさと滑稽さにあふれていて
とても楽しい(でもけっこう怖い)企画展でした。

こちらの美術館は、浮世絵の美術館です。
元々は那珂川町の前身である馬頭町ゆかりの方が、
お持ちになっていた広重のコレクションを、
遺族の方が寄贈したのを機会に作られました。

最近はただ収蔵している浮世絵を見せるだけでなく、
色々なテーマにしぼった展示がとても好評です。
建築家の隈健吾さんによる、
地元の芦野石を効果的に使ったスタイリッシュな建物
も、
それだけで見る価値があります。

那珂川町は塩原から車で1時間弱
のどかな田園地帯を清流那珂川が流れる町で、
とても見どころ、おいしい食べ物が多く、
私のお気に入りです。

次回の企画展は『役者見立東海道五十三駅展』
幕末の時代に活躍した、
三代目歌川豊国没後150年を記念して、
その代表作の一つである、
東海道五十三次の宿場を背景に、
当代の人気役者を配した人気シリーズです。

会期は前期が6月27日(日)〜7月26日(日)
後期が7月31日(日)〜8月30日(日)
となっています。
今週末から始まりますので、どうぞお出かけ下さい。
月曜休館。
今回は早めに見てこようと思います。

江戸のお化け妖怪展先日見てきたのはこちら。
終了ギリギリで。























役者見立東海道五十三駅展次回はこちら。
























馬頭広重美術館













馬頭広重美術館隈健吾氏による設計。
芦野石を多用しています。












馬頭広重美術館













馬頭広重美術館













馬頭広重美術館併設しているカフェ。
16時まで。












馬頭広重美術館裏庭の金明孟宗竹も
お見逃しなく。












馬頭広重美術館