カレンダー
2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
塩原の滝めぐり(8)〜雷霆(らいてい)の滝
2014年8月27日 08:43


塩原温泉、今朝はくもり。
昨日の夜はかなり涼しくなりました。
過ごしやすくなり、ありがたいですね。

さて、塩原の滝めぐり、雄飛の滝まで進んできました。

本来ならば、雄飛の滝の先をさらに進むと
それほど、離れていない場所にある、
咆哮・霹靂(ほうこう・へきれき)の滝に出て
その先も、かつては
姉妹館明賀屋本館がある塩の湯まで歩けたのですが、
現在、雄飛の滝と、咆哮・霹靂の滝の間の遊歩道、
行けるのは、この辺りのランドマークとなっている大桂の木まで。

柱状節理が見事な薙刀岩あたりで、
岩が崩れて、通れなくなってしまっています。

同様の理由で、塩の湯方面につながる遊歩道も閉鎖中です。
本当に残念です。

というわけで、その先の滝を見るには、
スタート地点を変えて、
八方道路の先、矢板市に入ってすぐ、
山の駅たかはらがある、学校平駐車場から歩きます

学校平周辺は、5月から6月にかけてのツツジの名所。
その頃には、駐車場も満杯になります。

学校平から歩いて、一番最初に出てくるのは、
雷霆(らいてい)の滝です。
途中標識がとてもわかりやすく、距離も書いてあるので、
安心して歩くことができる道です。

雷霆の滝は、今まで、話に聞くだけで、
実際に見たことはありませんでした。
先日、まちめぐり案内人の方達の野山トレッキングに参加して、
皆さんと一緒に歩いてみました。

クマザサが茂る、ちょっと暗い森を歩いていくと、
水の音が近づいてきたら、いきなり、この大きな滝の所に出ます。
想像していたよりもずっと大きな滝
しかも真正面から見るのと、側面から見るのとで、
ガラリと雰囲気が変わる、印象に残る滝です。

水量も充分で、もちろん、近づいたら、全身ミストシャワーです。
いきなり、この迫力の名瀑。
でも、この先にもまだまだ・・・


山神様学校平から
歩き始めて間もなく、
山の神様にご挨拶。











標識が充実学校平からの道
(八方ハイキングコース)は
標識がわかりやすいです。











標識上の標識と見比べて下さい。
200m進んだだけで、
別に分岐点でもないのに、
次の標識がちゃんと現れます。
何と親切でしょう!









雷霆(らいてい)の滝雷霆の滝がいきなり目の前に。













雷霆(らいてい)の滝正面から。
大迫力。












雷霆(らいてい)の滝右手から。
表情が全く違います。












雷霆(らいてい)の滝