カレンダー
2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
塩原の滝めぐり(7)〜雄飛の滝
2014年8月26日 08:46



塩原温泉、今朝は雨。
今日は一日雨模様の予報。
日中晴れて、一時ゲリラ的な集中豪雨になるか、
一日しとしと雨になるか・・・
後者のありがたみを痛感する、今年の夏です。

さて、塩原の滝めぐり、
昨日紹介した仁三郎の滝が見える橋を渡り、
さらに少し進むと、観瀑台が見えてきます。
わざわざ、観瀑台があるというのは名瀑の証拠

竜化の滝、回顧の滝と並んで、塩原を代表する滝、
雄飛の滝の上にある観瀑台です。

観瀑台からは、滝の落ち口がよく見えます。
スッカン沢の川の流れと、
それも名もない滝なのか、ただの水の流れなのか、
岩肌を伝い落ちる水とが、その落ち口に向かっていきます。

落差10メートルほどでしょうか。
観瀑台からは、滝の全容を見ることはできませんが、
迫力ある滝であることは、すぐにわかります。

さらに、その先には、
切り立った崖を幾筋もの水が落ちていて、
塩原というよりは、屋久島のような風景が

この雄飛の滝の全容を見るためには
さらに遊歩道を進み、
今は通行止めになっている、
咆哮霹靂の滝へ向かう道から分かれ、
川に向かって下りていく、ちょっと急峻な道を行きます

ここの下りは滑りやすいので注意が必要。
でも下りきったら・・・
雄飛の滝の全容と、
その周辺の岩肌を伝う、幾筋もの水の流れとを
目の当たりに見ることができます。

水の青いこと・・・
これはスッカン沢独特の色

上流から温泉などの成分も流れ込んでいると言われています。

滝に近づくと、天然のミストシャワーを全身に浴びることができ、
涼しいことこの上ないです。

塩原の滝めぐり、まだまだ続きます。

雄飛の滝観瀑台のすぐ下から見る
雄飛の滝。





















滝しぶきと青紅葉滝の落ち口。













迫力の水量













迫力の水量













雄飛の滝周辺雄飛の滝の先。













雄飛の滝周辺













雄飛の滝周辺













ヤグルマソウ













雄飛の滝に下りる遊歩道を先に進み、
急峻な崖を下りていくと・・・












雄飛の滝に下りる













雄飛の滝雄飛の滝の全容が見えてきます。
滝つぼに近づくことも。














雄飛の滝