カレンダー
2013年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
観光協会主催のおもてなしセミナー
2013年2月24日 08:37
 
塩原温泉、今朝は雪になっています。
明け方から降り始め、現在3〜5センチの積雪です。
空を見ると、これは日中も降り続きそうな気配。
細かくて滑りやすい雪ですので、運転くれぐれも注意です。

さて、先日、那須塩原市観光協会連絡協議会
県の観光物産協会の共催による
おもてなしセミナーが開催されました。

那須塩原市は旧1市2町が合併した町です。
黒磯観光協会、
西那須野観光協会、
そして塩原温泉観光協会
と、
3つの観光協会があり、
現在、それを一つにまとめるかどうか、
とてもナイーブで難しい問題なのですが、
イベントなどは、以前のように、
3つの観光協会の名前を併記するのではなく、
連絡協議会という冠をつけることが多くなってきました。

このセミナーも、そんな一環として。
今回はJTBで人材育成教育などを担当している
片桐陽子先生をお迎えし、
おもてなしのこと、色々学ばせていただきました。

一番印象に残ったのは、
おもてなしは宿だけのものではない、ということ。
これは、最近、私自身がとても感じていることでした。

宿でのおもてなし・・・これは、もはや当たり前。
宿を出てからの地域全体でのおもてなし
こちらが、というよりは、こちらのほうが、
観光旅行する旅人にとっては、より印象に残るのではと、
ここ数年、ずっと思っていました。

もちろん、塩原温泉でも、そういうことを大切にしています。
でも、まだまだ充分ではないですよね。
色々学び、色々考えさせられたセミナーでした。

おもてなし講座会場は黒磯文化会館の
小ホールでした。

 

 

 

 

 


講師の工藤先生講師の片桐陽子先生。
物腰、話し方、
やはり美しいですね。