カレンダー
2013年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
とちぎ観光シンポジウム
2013年2月 6日 22:50
 
塩原温泉、今朝は予報どおり雪です。
雪の中東京に向かう新幹線から投稿です。
午前中は自分の恒例行事である国際テーブルウエアフェスティバル。
午後は東京スカイツリー、とちまるショップ内で観光PRです。
東京も雪という予報の中、着物で行かねばならず、ちょっと難儀しています。

さて、昨日、栃木県経済同友会主催
「とちぎ観光シンポジウム」に参加してきました。

「とちぎの観光産業を、とちぎの感動産業へ」

最初に石川県和倉温泉の加賀屋会長の小田氏の講演
その後、経済同友会の取組、
最後に小田氏と、県内観光リーダーの3人とのシンポジウムです。

加賀屋の小田会長のお話は、
もう常に軽い往復ビンタをくらっているようで、
身を引き締める思いで聴いていました。

全てにおいて、足元にも及ばないような洞察と
将来を見据えたビジョン、そして情熱と。
やはりカリスマだなあと、つくづく感じてきました。

シンポジウムのメンバーは
那須のどうぶつ王国の鈴木さん、
鬼怒川でインバウンドを引っ張っている波木さん、
そして足利フラワーパークの早川さん


皆さん、会議などでご一緒させていただいて、
よく存じ上げている方たちばかりなのですが、
この日、また新たな側面を見せていただいたり、
それぞれの観光にかける熱意
ひしひしと伝わってきました。

厳しい苦言提言も多く、
とにかく、色々な課題をつきつけられたようで、
刺激を沢山、いただいてきました。

とちぎの観光を盛り上げていくお手伝い、
これからもできればいいなと思います。
そして、自分に何ができるのか。
できることは、何でもやってみることも大切。

大変、有意義なシンポジウムでした。

加賀屋の小田会長加賀屋の小田会長の講演。

 

 

 

 

 

 

鈴木さん後半のシンポジウム。
那須どうぶつ王国の鈴木さん。

 

 

 

 


 

波木さん鬼怒川グランドホテルの波木さん。

 

 

 

 

 

 

早川さん足利フラワーパークの早川さん。

 

 

 

 

 

 

主催者代表あいさつ主催者の同友会からの挨拶。

 

 

 

 

 

 

誕生日のサプライズ二日後に小田会長の誕生日。
サプライズでお祝いです。