カレンダー
2012年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
塩原渓谷のあちこちにフサザクラ
2012年4月17日 08:55
 
塩原温泉、けさは青空が広がっています。
こんな日は外に出かけたいですね。
今日は塩原温泉ビジターセンターを拠点に、
塩原の渓谷遊歩道の点検が行われます。
当館でもスタッフ1名参加しています。
ウオーキングシーズンを前の大切な作業です
お天気になって良かったです。

先日の塩原ダム湖のEボートツアーの時、
渓谷はまだまだ冬の装いのようでしたが、
そんな中でももう花をつけている木がありました。
マンサクともう1つはフサザクラ

このフサザクラの花は本当に地味な花なので、
普段あまり目につきません。
湖からの眺めだから、気がついたのかなあと思っていました。

ところが、私のその読みは完全に間違っていました。

塩原渓谷に昨秋、トンネルが開通しました。
がま石トンネルといいます。
トンネルの開通に伴って、それまでの国道400号線の一部が
旧道扱いになってしまい、ほとんど車が通らず、
以前にはできなかったゆっくり運転ができるようになりました。

いつもの道をゆっくり運転してみると、
あれ〜、あっちにも、こっちにもフサザクラ
こんなにあったのかしらと思うくらいです。
今まで、いかに周りを見ていなかったかですね。
もっとも車の運転ですから、脇見はできません・・・

ということで、車を停めて、あちこちのフサザクラを撮ってきました。
よくよく近づいて見ないと、花にも見えないような地味さです。
でも近づくと、まさにフサフサと花がついているのがよくわかります。

このフサフサはおしべなのだそうです。
おしべがむき出しになっていて、花びらがないのが特徴です。
フサザクラとなっていますが、サクラの仲間なのかな。
調べたら「フサザクラ科フサザクラ属」となっていました。

この花が楽しめるのはほんの一時期。
すぐに色があせてしまい、葉が出てきてしまします。
だから、そんなに目立たないのかもしれません。

これからの季節、トンネルの手前で左折し、
旧道をゆっくりと上がってくるのをおすすめします。
木々の芽吹き、早春の花などが楽しめます。

今日の遊歩道点検でもきっと出会えるでしょうね。

フサザクラ1

赤い塊のように見えるのが
フサザクラ。

 

 

 

 

 

フサザクラ2

よく見るとあちこち
フサザクラだらけです。

 

 

 

 

 

フサザクラ3

Eボートが遡るダム湖の
上にもフサザクラ。

 

 

 

 



フサザクラ6

 

 

 

 

 




フサザクラ4

近くで見るとこんな感じ。

 

 

 

 

 


フサザクラ近影

アップで。
赤いのはおしべ。
花弁がありません。

 

 

 

 


フサザクラ花の終わり

少し経つとこんなに。
こうなるともう渓谷では
目立たなくなります。