カレンダー
2011年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
草津温泉湯畑で瓦アートに感激
2011年12月15日 08:44
 
塩原温泉、今朝も青空が見えるまずまずの天気。
昨夜はふたご座流星群の極大日でした。
見るつもりでいましたけど、あまりの寒さに退散。
冬の天体ショーを見るには覚悟が必要ですね。
塩原でもけっこう見えたようです。

さて、「草津よいとこ、一度はおいで」・・・有名な草津音頭です。
その唄のとおりに初めて訪れたわけですが、
とにかくあの有名な湯畑にはびっくりしました。

実際に湯の花を採取する場所ですから「実」の場。
でもそれをとても上手にパフォーマンスしているスペースにしています。

湯畑に近づいたとたんに、あの硫黄泉のにおい
塩原温泉や那須温泉にも硫黄泉がありますから、
ある程度は慣れ親しんでいるにおい。
でも、ここのはかなり強烈。
ずっといるとめまいがしてきそうでした。

湯畑を回る歩道の足元にはぎっしり瓦アート
これがすごい。
私にとっては湯畑よりもこちらのほうが感動です。
よくもここまでぎっしりと埋め尽くしたものです。
日本独特のアート。
これは外国人の方喜ぶだろうなあ。

湯畑の周囲にはぐるりとお土産屋さんや、レストランやホテル
そして外湯温泉落語湯もみショーが楽しめる建物。
ヨーロッパの広場を思わせます。
こういう感覚、いいですね。
町歩きが楽しくなりそうです。

町歩きはまた明日。

草津温泉湯畑

湯の花で真っ白。
でもお湯は無色透明です。
(草津の湯が無色透明なのを初めて知りました。
ずっとにごり湯だと思っていました)

湯畑反対側から

反対側から。

湯畑の周りが広場

湯畑に面してお店が立ち並んでいます。

外湯

外湯の白旗の湯。

広場の瓦もよう

何より感動した瓦アートの歩道。

すごいです

すごい!の一言。

夜の草津温泉湯畑

夜にはライトアップ。

一杯ひっかける場所

一杯引っ掛けられるような場所も充実。