カレンダー
2011年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
風評被害どこまで・・・
2011年3月27日 07:27
 
塩原温泉、今朝は晴れ。
朝からぽかぽか陽気で、ありがたいです。

東北新幹線や東北自動車道の復旧など、
嬉しいニュースがある中、
原子力発電所をめぐる状況は一向に良くならず、
というよりも、さらに悪化するばかり。

とうとう、飲料水や農産物への影響が出てきています。
福島県の隣となる栃木県も影響を避けることはできず・・・

今のところ、規制値を上回ったものは、
ほうれん草、かき菜、春菊だけですが、
葉物を中心に、野菜全体に大きな打撃を受けています。

3日前の産直所の様子です。

アグリパル塩原

アグリパル塩原
葉物は売れ残り、
その他の野菜は品薄。

 

 

 


 

ねぎだけはたくさん

地中部分が多いことと、
基準値を下回ったということで、
ねぎだけは沢山ありました。

 

 

 

 


そすいの郷葉物あります

西那須野そすいの郷
やはりこちらも葉物ばかり。

 

 

 

 

 

根菜類は空っぽ

根菜のコーナーですが、
開店まもなくの時間でも、
何もありません。

 

 

 

 


日々刻々と状況が変わりますので、
今日はまた違う光景かもしれません。

葉物が一番危険性が高いということで、
出荷を自主規制して入る方、
並べても売れないから出荷しない方、
農家の方も対応に苦慮しているようですし、
実際に並んでいるのは(売れ残りの?)葉物ばかりでした。

「出荷停止したもの以外は食べても大丈夫」
と再三言われても、
目の前に並んでいる野菜を
全て検査しているわけではありませんから、
「疑わしきは出荷せず、買わず」
となってしまうのは仕方ないのでは?

こんな調子では食材調達にも支障が出ます。
少しでも早く原子力発電所の事故が終息に向かってほしいです。