カレンダー
2011年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
研修旅行報告2 五浦観光ホテル別館大観荘と六角堂
2011年3月15日 09:21
 
塩原温泉、今朝は晴れています。
雲が少しあり、お天気下り坂。
夜には少し雪が降る可能性もあります。
被災地の東北地方も雪の予報。
灯油がない、電気もこない状況で、心配です。

今日は、中断していた、
女将の会の研修旅行の続きを。
今回の旅行は3月8、9日。
大震災が起きたのは3月11日

今回訪れてきた場所は全て、現在悲惨な状態です。
水戸の偕楽園も被害を受けて、閉園してしまいました。

一番ショックだったのは、見てきたばかりの
五浦海岸の六角堂が津波でまったく跡形なく流されたことです。
昨日の新聞に掲載されていました。

宿泊した五浦観光ホテルにのすぐ眼下にありました。

五浦観光ホテルは五浦海岸の断崖の高台にあり、
本館別館大観荘に分かれていて、
私たちが泊まったのは、別館大観荘の
かつて横山大観の別荘だった建物を移築した部屋

いくつもの部屋に分かれている大きな建物で、
部屋の絵も大観ですし、
室内に大観の遺品も飾られて、感動しました。

もちろん、眺望も申し分なく、
朝6時、大観が好んで描いた松の木の間から昇る朝日は
塩原では決して見ることのできない光景でした。

横山大観の別荘だった部屋

 

 

 

 

 

 


横山大観の遺品

 

 

 

 

 

 


大観が好んだ松の間から日の出

 

 

 

 

 

 


う〜ん・・・無言

 

 

 

 

 

 


廊下の一画からの眺めがこちらです。

五浦海岸六角堂を望む眺め

 

 

 

 

 

 


今回の津波で跡形もなく流された
岡倉天心が愛した六角堂が右下に見えます。
六角堂の上には天心の別荘も。
こちらの建物は大丈夫だったでしょうか。

岡倉天心の別荘

 

 

 

 

 

 


この地は岡倉天心が呼びかけ、
横山大観、下村観山、木村武山、橋本雅邦などの
当時若かった日本画家達が集った日本美術院の場所です。
この素晴らしい景色は、画家たちは、
絵筆を取らずにはいられなかったことでしょう。

五浦観光ホテル別館大観荘

 

 

 

 

 

 


ホテルの前での記念撮影です。
現地と連絡が取れにくく、
現在どうなっているのか、全くわかりません。
被害が小さかったことを祈るばかりです。