カレンダー
2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
『雷様剣士ダイジ』の撮影
2016年3月29日 07:58



塩原温泉、今朝は晴れ。
気持ち良い青空です。

さて、日光市市政10周年記念の市民参加劇、
『戦場ヶ原神戦伝』を見てきた時に、
あらっと思うことがありました。

猿丸という神の登場です。

お芝居の中でも、
調べた言い伝えの中でも、
最後に男体山の神を助け、
赤城山の神が姿を変えた大百足の目を射抜く

弓の名手として、描かれています。

猿丸という名前、
とちぎテレビで人気のローカルヒーロー番組
『雷様剣士ダイジ』でも出てきます。

こちらは、三猿から作られたキャラクターで、
どちらかと言えば悪役なのですが、
元々は、日光を救った英雄神なんですね。

実は、ちょうど、少し前に、
『雷様剣士ダイジ』の撮影が彩つむぎでありました。

雷様剣士ダイジの仮の姿である
日光東照宮の眠り猫から作られたキャラクター猫介(ねすけ)と、
悪役の鬼ひょごったが話をするシーン。

どういう脈絡なのか、
彩つむぎの門の前での撮影でした。
放送は5月4日(月)19:45〜からの回だそうです。

この日は他にも塩原の何箇所かで撮影。
どんなお話になっているのか、楽しみですね。
雨の中の撮影、お疲れ様でした!
傘を持つ猫介はトトロみたいでした(笑)


雷様剣士ダイジ撮影













雷様剣士ダイジ撮影