カレンダー
2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
鹿沼の屋台彫刻
2016年3月12日 08:53



塩原温泉、今朝はくもり。
昨日は雪がちらつき、気温が低くなっています。
今日明日も、少しだけ雪マークが。
この週末塩原温泉にお越しなる方は
暖かい服装の準備をしたほうが良さそうです。

昨日は震災から5年。
昨日は鎮魂につながるイベントに参加してきましたが、
その話題はまた改めて。

今日は鹿沼の話をもう一日続けます。
鹿沼市で有名なのが、秋のぶっつけ祭り
代々受け継がれてきた、すばらしい彫刻屋台が町を練り歩きます。
この秋、ユネスコの無形文化遺産に登録が予定されています。

お祭り自体を一度見に行きたいと思っていますが、
お祭りは土日になるので、なかなか行けません。

街中で彫刻屋台を常設展示している場所があったので、
中に入り、彫刻屋台を見てみました。

「動く陽明門」と言われる江戸時代からの古い極彩色の屋台など、
3つの彫刻屋台が展示されています。
もちろん、見たのは初めてですが、実に見事。

そもそもの始まりは徳川家康の墓所として、
日光東照宮を建設するときに、
駿河の国から大工さんが沢山連れて来られたことにあります。
その大工さん達が移り住んだ町
今も彫刻や組木細工に長けた方が沢山います。

でもそういう知識よりも、やっぱり実物。
固定して展示してあるのを見ても迫力なのですから、
祭りの時にはさぞやと思います。

秋の鹿沼ぶっつけ祭りの公式HP

http://www.buttsuke.com/

鹿沼の屋台彫刻













鹿沼の屋台彫刻













鹿沼の屋台彫刻













鹿沼の屋台彫刻