カレンダー
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
1月10日はかんぴょうの日
2017年1月10日 09:29



塩原温泉、今朝は晴れ。
昨夜遅くから、突然強く吹き始めた風も、
今は幾分弱まってまいりました。

さて、成人式の三連休も過ぎて、
今日は1月10日です。

実は1月10日は「かんぴょうの日」なのだそうです

私も先月初めて知りました。
えっ、どうして冬の一月?
干瓢の材料となる、夕顔の実の収穫と生産は夏なのに・・・
と思いましたが、理由を聞いて納得。

今日1月10日。
「1」と「10」を漢字で書くと「一」と「十」
「一」と「十」の字を重ねたら・・・
あ〜ら不思議、「干瓢」の「干」という字になるではないですか!


88歳を「米寿」、90歳の「卒寿」、
99歳の「白寿」などと同じですね。
栃木県が独自に(勝手に?)考えたのだそうです。

生産時期と違うのが、
良いのか悪いのか、
よくわかりませんが、
とにかく、今日1月10日は「干瓢の日」です!

干瓢の国内生産の実に95%が栃木県産
ほぼ独占していると言って良いほどに、
干瓢といえば栃木県であることは間違いありません。

かつては、県内全域の農家で、自家用に夕顔を栽培し、
夕顔の実を味噌汁などに入れて食べてきた背景があったことから、
地元塩原関谷地区でも、
アグリパル塩原を中心に、
3年前から夕顔の栽培に取り組んでいます


そんな夕顔の実から作った
アグリパル塩原の漬物、
「ふくべ〜漬け」が好評のようです。
「味噌漬け」と「たまり醤油漬け」の二種類があり、
「味噌漬け」はすでに完売。
あと少し「たまり醤油漬け」が販売されています。

「かんぴょうの日」にちなんで、
お手に取ってみてはいかがでしょうか。
袋に印刷された、鬼の面のような絵は、
夕顔の実で作る「ふくべ細工」の民芸品
今も宇都宮などで、作られています。


アグリパル塩原の直売所