カレンダー
2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
那珂川町のホンモロコと益子町の板粕
2015年3月 4日 08:38



塩原温泉、今朝は雨になっています。
夜もずっと雨。
季節が少しずつ進んでいるのを実感しています。

さて、3月の献立から、もう一つ(二つ)紹介します。
こちらは前菜に登場です。

ホンモロコのスモーク板粕のチーズ焼

ホンモロコは元々は琵琶湖の固有種の魚です。
それが20年ほど前から激減してしまい、
京都の料亭などでは、最高級魚として扱われています。

そのホンモロコが、近年関東でも養殖されてきています
栃木県では数年前に、
那珂川町の馬頭水産高校で、試験的に養殖が始まり、
ここ1〜2年で、供給がかなり安定してきています。

彩つむぎでは4年前から献立に。
昆布巻や、山椒煮などで提供してきましたが、
3月にはスモークで
これがなかなか美味(珍味?)と言えるでしょう。

一度、蒸してスモークしたものを、最後に軽くあぶって。
細かな骨が多いのですが、丸ごと食べてカルシウム補給。
お酒の肴には最高です。

そして、もう一品。
こちらもお酒にバッチリ。
板粕です。

日頃からお付合いがある、
益子町の外池酒造店の燦爛の酒粕です。
ぎゅ〜っと押して、薄い板のようになっている状態で仕入れ、
チーズ、もしくは味噌などを乗せて焼きます。

パンのトーストのような、
ふっくらとしたクラッカーのような食感

それでいて、酒粕の香りが口の中に広がります。
お酒や酒粕のお好きな方には、たまらないのではないでしょうか。
こちらも珍味ですね。

いずれも、前菜の一品として。
どうぞ、3月の料理もご期待下さい。


ホンモロコと板粕