カレンダー
2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
これはもうアドベンチャー?島崎酒造の洞窟酒蔵
2015年2月 2日 09:01



塩原温泉、今朝はくもり。
少し雪が吹きかけています。
気温は低く、さすがに2月の寒さです。

さて、昨日、日光市片山酒造さんの
初搾りの様子をお伝えしましたが、
もう一箇所酒蔵をご紹介します。
秋に見学してきて、そのままになっておりました。
こちらも塩原から1時間ちょっとくらいの場所です。


那須烏山市の島崎酒造さん。
那須烏山市は
龍門の滝から始まり、烏山線、観光やな、烏山和紙、
山あげ祭りにいかんべ祭り・・・
見どころ沢山ある町ですが、
島崎酒造さんも、一見の価値があります。

お店とは別の場所、洞窟が酒蔵。

「東力士」の銘柄で知られる島崎酒造さんは、
洞窟でお酒を熟成させ、保管している・・・
ずっと気になっていました。

とにかくびっくりです
「天岩戸」のように、封印されたような入口の扉があくと、
長い洞窟通路が伸びていて、否が応でもにもテンションが上がります。

この洞窟は第二次世界大戦末期に、
戦車を製造するために掘られた地下工場
ところが実際には戦車は作られることなく、終戦を迎えて、
その後はずっと放置されたいたような状況だったそうです。

広い(3.5mの幅)の3本の坑道と5本の横坑。
総長600mにもなるという洞窟で、それだけで圧倒されます。
その中で熟成酒「熟露枯(うろこ)」をはじめ、
様々なお酒をこちらで長期保存・熟成をしています。

「熟露枯」の熟成場所では、
顧客の方から預かっているボトルがずらり
熟成させる年数によって、お値段が変わってきますが、
中には、U字工事さんのボトルもありました。

結婚、出産などの記念にオーダーなさる方が多いそうです。
私も何かの機会にお願いしようかなと思います。

見学途中で、
「足元気を付けてください。コウモリの糞があります」と言われ、
えっ、本当に?と思った瞬間、
頭上をバサバサバサッと何かが飛んで・・・
まさかのコウモリ!


そうなのです。
洞窟といえば、確かにコウモリ。
本当にいるんですね。
それも目が慣れてきたら、あっちにもこっちにも。
目が点になるほどに驚きました。

実はコウモリが飛んでいるのを見たのは、
子供の頃、夕暮れの小学校の校庭以来。
洞窟にぶら下がっているのは、生まれて初めて!
キーッキーッという鳴き声も聞こえて。
もう酒蔵見学というよりも、洞窟探検ですね。
大興奮の見学の最後には、「洞窟バー?」で試飲もできます。

HPに洞窟酒蔵解放の日が掲載されています。
開放日には現地に行けば見られますが、
それ以外の時は予約の電話を入れて下さい。

島崎酒造さんのHPはこちら。

http://www.azumarikishi.co.jp/

洞窟酒蔵洞窟酒蔵入口。























熟成ちゅう洞窟酒蔵内部。













熟成保管中













熟成承ります













U字工事さんもU字工事さんのボトルが!













洞窟バー試飲コーナー。
最高の雰囲気です。












コウモリの糞コウモリの糞が・・・
と思った瞬間にバサバサバサっと。












何とコウモリが上にコウモリがいっぱい!(゚д゚)!













島崎酒造こちらはお店です。













島崎酒造酒蔵と別の場所にある店舗。
こちらでも試飲ができます。












島崎酒造













島崎酒造













島崎酒造













島崎酒造













島崎酒造お店に併設された酒蔵。