カレンダー
2013年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
益子町研修旅行その1・陶芸メッセ
2013年3月18日 09:38
 
塩原温泉、今朝はくもりです。
久々の曇天。
雨になるようです。
ここのところ乾燥が続いていましたので、恵みの雨でしょう。
ほこりも少しおさまるかと思います。

さて、先日、塩原温泉女将の会で宿泊研修
今年は栃木県の益子町へと行ってきました。

以前より器の買い付けや、
ギャラリーの見学など、何度も益子に行っていますが、
益子に行ったことがないという女将さんもいてびっくり。
同じ県内の有名な町ですけど、
用事がないと行かないものかもしれませんね。

今回、町中を散策したり、陶器店やギャラリーを見たり、
藍染め工房や、酒蔵の見学など、盛り沢山の内容でしたので、
何度かに分けてリポートします。
塩原からは約2時間弱ですので、充分、足をのばせる場所です。
東京方面からの行き帰りの立ち寄り観光地として
とってもオススメの場所です。

さて、最初は陶芸メッセへ。

益子焼についての説明や、
益子焼の主だった陶芸家の作品などが楽しめます。

敷地内には旧濱田庄司邸登り窯が。
益子焼を世に知らしめた濱田が
暮らしていた古民家を移築したものです。
彼がろくろを回していた場所などが見られますが、
昔ながらのかやぶき屋根の建物自体、
江戸時代に建てられたものといい、
建物を見るだけで貴重なのではないかと思います。

日当たりがよくて、とても気持ちいい場所です。
大きな桜の木もありましたから、これからの季節、いいでしょうね。
http://www.mashiko-museum.jp/contents/contents.htm

実際に濱田庄司邸があった場所は、ここから少し離れていて、
現在、「濱田庄司記念益子参考館」になっています。
やはり自邸や工房を利用して、
濱田庄司や、親交のあったバーナード・リーチなどの
作品を多数展示していました。
http://www.mashiko-sankokan.net/

「いました」と過去形なのは、
実は東日本大震災でかなりの被を受け、
現在一部休館中なのです。
皆様からの寄付を募り、このほど建物と作品の補修が終わり、
今度の土曜日3月23日(土)にリニューアルオープンです。
http://www.shimotsuke.co.jp/town/region/central/mashiko/news/20130304/993227

益子は栃木県でも暖かい地域ですので、
そろそろ桜も咲きそうです。
春休みのお出かけにいかがでしょうか。

濱田庄司記念館

江戸時代の古民家。
旧濱田庄司邸。


 

 


 




濱田庄司記念館

かやぶき屋根に縁側。
いい感じです。

 

 

 

 


 

濱田庄司がろくろを回していたスペース

このスペースで
ろくろをひいていたそうです。

 

 

 

 


 

古い民家

古い織機などもあり、
民俗資料館の趣きも。

 

 

 

 


 

美しいかやぶき屋根

見事です。
かやぶき屋根。

 

 

 

 


 

濱田庄司記念館の登り窯

登り窯も。

 

 

 

 

 

 

陶芸メッセ

陶芸メッセ展示室。

 

 

 

 


 


益子焼の主だった釉薬

益子焼の主だった釉薬が
わかるコーナー。