カレンダー
2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  
栃木の郷土料理「しもつかれ」作り
2014年2月 4日 08:05



塩原温泉、今朝はくもり。
どんより空。
昨日はかなり暖かく4月初めのようでしたが、
今日はぐっと気温が下がっています。

2月に入り、今日が立春で初午。
栃木県民は、この時期になるとそわそわしてきます。
初午の日にそなえる「しもつかれ」が気になってきます。

「しもつかれ」。
これほど、地元民の好き嫌いが分かれる郷土料理もないのでは?

その由来などはwikipediaにお任せしましょう。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%97%E3%82%82%E3%81%A4%E3%81%8B%E3%82%8C

農林水産省の「日本の郷土料理」のページにも載っています。
http://www.maff.go.jp/j/syokuiku/kodomo_navi/cuisine/cuisine2_1.html

栃木県の郷土料理の代名詞のようにも言われます。
お正月に使った塩鮭の頭、
節分に使った大豆など、
季節行事の残り物を使い、
鬼おろしという竹のおろしでおろした大根、ニンジンを煮込み、
最後に酒粕を加える、昔の人の知恵がつまった料理です。

大鍋で仕込んでおります。
2月から3月の夕食にお出ししています。
好き嫌いはあるかもしれませんが、
この時期の栃木の郷土料理として、召し上がっていただければ。


しもつかれ作り(塩鮭の頭)鮭の頭を一度焼いて、
臭みをとってから
茹でて柔らかくします。











しもつかれ作り(ほぐした鮭の頭)ほぐれた鮭の頭。













しもつかれ作り(大豆)大豆を加え、













しもつかれ作り(おろした大根と人参)鬼おろしで
荒くおろした大根と人参を加え、












しもつかれ作り(油揚げ)油揚げを加え、
(加えない場合や、湯波を加えることも)












しもつかれ作り(うずら豆)うずら豆、もしくはいんげん豆を加え、
(いんげん豆を加えるのは塩原独特のようです)










しもつかれ作り(酒粕)酒粕で味をととのえ、













しもつかれ作り(最後の煮込み)できあがり状態。













しもつかれ