カレンダー
2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
お正月に初めてとちぎ和牛「匠」登場
2016年1月 4日 08:49



塩原温泉、今朝も良い天気です。
昨日は一日、ジャケットなしでも過ごせるほど暖かでした。
今日は少々寒くなっています。

さて、正月三が日が終わりました。。
料理もしつらえも特別なものになるので、
緊張感を持続しながらの三が日です。

朝はお節で、夕食は日替りの献立になります。
今年の三が日、
夕食で、とちぎ和牛「匠」を陶板焼でお出ししました


とちぎ和牛「匠」

栃木県で生産される和牛のうち、
A4、A5ランクの肉だけが、平仮名の「とちぎ和牛」を名乗れます。
そのうち、A5ランクで
霜降りの状態を表すBMS数値でも
最高級の10〜12となる肉を
とちぎ和牛「匠」と言います。

「匠」の肉は、業者さんに頼んでいても、
そうそうは手に入らないのですが、
今回、年末にたまたま、この「匠」が入り、
お正月に出すことにしました。

普段か良いランクの肉を使っていますので、
見た目はそんなに変わらないのです。
でも、お客様が肉を焼き始めてしばらくすると・・・何かが違う!

そうなのです。
焼いた時の肉のにおいが違うのです
全く雑味のない、ふくふくとした香りとでも言いましょうか。
うまく伝えられなくて、歯がゆいのですが、
毎日、嗅いでいるにおいですから、
何かが違うのは間違いないと思います。

とちぎ和牛「匠」おそるべし。
また手に入れてみたいものです。

「匠」